ヒロクリニック

ミネルバクリニックとヒロクリニック、NIPT検査をするならどちらがおすすめ?

こんにちは!編集長のもみじです!

もみじ l 妊娠出産メディア編集長 l 切迫早産で3ヶ月自宅安静、3歳児の母 l マタニティケアラー資格取得 l SNSフォロワー1,000人超え

皆さんは生まれる前の赤ちゃんに異常がないか調べることができるサービスがあることをご存知でしょうか。NIPTと呼ばれる出生前診断は母親の血液検査をするだけで、ダウン症をはじめとするさまざまな異常を調べることができます。

事前に調べることで、万が一陽性となった場合であっても、きもちの整理や家族の支援を得る準備期間ができますので安心ですよね。今回はNIPTに対応した数あるクリニックから、ミネルバクリニックとヒロクリニックについて比較していきます。

検査プランを比較

ミネルバクリニック

ミネルバクリニックの公式HPを見ると「プランが多くて、複雑過ぎる」とお感じの方も多いと思いますので、おすすめのプランを3つご紹介します。

スーパーNIPT(第3世代)

こちらはもっともベーシックなプランとなっており、3種の染色体検査、遺伝カウンセリング、性染色体検査として性別検査、性染色体の数の異常を調べることができます。

性染色体の数の異常は母胎が高齢になるにつれて、異常が起きやすいといわれています。一般的に高齢妊娠といわれる35歳以上の方は検討してもよいかもしれません。また、第3世代と呼ばれる検査手法は圧倒的に精度が高い、特許の扱いとなっています。ミネルバクリニック唯一のプランで他のクリニックでは受けることができないようです。

マルチNIPTkaryo7(カリオセブン)

第2世代の検査方法を採用したこのプランでは、これまで赤ちゃんの異常の一部しか検査することができなかった検査項目を幅広くカバーしたプランです。その数、染色体異常の99.1%をカバーしてくれますので、3種のトミソリー検査と比べて、ありとあらゆる可能性を調べることができるのはメリットといえますね。

コンプリートNIPTデノボプラス

こちらはこれまで説明した第2世代、第3世代の検索手法を組み合わせて染色体の異常を調べるプランです。業界最高水準の検査方法で高い精度、幅広い異常を調べたいかたにおすすめです。

日本で唯一、第3世代NIPTが受検できる

ヒロクリニック

ヒロクリニックもミネルバクリニック同様に、かなり多くのプラン、オプションが用意されていますので、おすすめのプランを3つ紹介します。

ミニマムプラン

認定施設で実施する検査項目と全く同じで3種の染色体異常を検査することができます。

おすすめプラン

1から22番までの染色体異常、性染色体の異常、性別判定、13の染色体の部分欠失、重篤疾患の有無を検査することができます。

フルセットプラン

おすすめプランで実施する染色体の部分欠失、重篤疾患の対象を広げ、すべての染色体に対し検査をします。これまで流産、死産経験が有るかたでありとあらゆる可能性を調べておきたいとお考えのかたにおすすめです。

検査費用を比較

ミネルバクリニック

先程説明したプランと照らし合わせて検査費用を説明します。

①スーパーNIPT(第3世代):176,000円、②マルチNIPTkaryo7(カリオセブン):264,000円、③コンプリートNIPTデノボプラス:352,000円となっています。

③は①と②が合体したプランですがそれぞれの単価の合計ではなく、まとめて検査することで大幅にディスカウントされますのでおすすめですね。

ヒロクリニック

先程説明したプランと照らし合わせて検査費用を説明します。

①ミニマムプラン:90,000円(双子の場合は 115,000円)②おすすめプラン:200,000円(双子の場合は225,000円)、③フルセットプラン:240,000円(双子の場合は265,000円)となっております。

ヒロクリニックのおすすめポイントといえば、ダウン症のみの検査を行う場合、4.5万円で実施できる点です。NIPTは受けたいけれども金銭面での余裕がない方におすすめです。

あとはオプションとして、超音波検査が1万円、互助会への加入が3千円、遺伝カウンセリングが4千円、結果郵送が3千円、特急便(*)が3万となっています。
*採血してから3以内に結果通知を行うオプションです。

フォロー体制を比較

ミネルバクリニック

ミネルバクリニックのフォロー体制として最も大きな特徴は、24時間院長に相談できるという点です。陽性になってしまったご家族は今後の経済面、社会との付き合い方など、不安を感じることが多いのですが、24時間いつでも電話で相談できるのは大きな強みです。

ご夫婦や両親であれば相談することで精神的に楽になるかもしれませんが、院長はこれまで数多くの患者と接してきた経験と豊富な医療知識から多くの助言をしてくれます。特に妊娠中絶を希望する場合に今後の精神疾患が患わないよう、本人に正しい知識と考えるための材料を提供してくれます。

このことから、ミネルバクリニックを利用した口コミには院長といつでも相談できたことが利点であると、満足度の高いクチコミが多く寄せられているようですね。他にも陽性時に実施する羊水検査費用を最大15万まで補助してくれます(事前に互助会への入会が必須(2,000円))し、羊水検査を行う医療機関も探してくれるので安心です。

ヒロクリニック

ヒロクリニックでは陽性時に実施する羊水検査費用を最大20万円まで補助してくれます。ただし、互助会への事前入会が必要で陽性の有無に関わらず、3千円が必ず発生するようです。また、費用は発生しますが陽性時に医師との面談も可能です。

来院回数を比較

ミネルバクリニック

ミネルバクリニックは来院予約をWEBから行い、採血のために来院が必要ですが、その後の結果通知は来院不要です。よって、最低1度の来院で済むようです。

特に最近はコロナ渦による外出控えや、そもそも来院が困難な場合に備え、オンラインNIPTと呼ばれるサービスもあります。こちらは地域の提携医療施設で採血を行い、ご自身のスマートフォンやタブレット端末から、WEB形式で面談を行うものです。

オンラインNIPTだからとって、利用できないプランもありませんし、対応できない都道府県もありません。クレジットカード決済、銀行振込も対応していますので、面倒なストレス要因もなさそうです。

ヒロクリニック

ヒロクリニックも採血で一度来院すればその後はWEBで結果通知を受けることができます。当然、ご心配な場合や遺伝カウンセリングを希望する場合は、別途来院予約をすれば面談することも可能です。

また、ヒロクリニックでは国内主要拠点を構えていますが、提携医療施設で採血もできます。(ただし、4.5万円の単体検査は提携施設では実施できません。)このあたりは、ミネルバクリニックと比較してもおおよそ同じサービスレベルといえますね。

院長を比較

ミネルバクリニック

院長である仲田洋美さんは2014年にミネルバクリニックを開業した長年のご経験をもった医者です。もともとはがん薬物療法専門医と呼ばれるがんに詳しい方ですが、臨床遺伝専門医と呼ばれるNIPTの遺伝カウンセリングに関連した難関資格を取得したことからNIPTに積極的に携わるようになりました。

公式HPを見るとご自身でコラムを執筆したり、エッセイや執筆活動にも積極的なようNIPTについても強い熱意をもったお医者さんのようです。特に遺伝専門医を持っていることでミネルバクリニックが強みとする遺伝カウンセリングを通し、患者の想いを汲んだ適切な助言をされることが多くの利用者の満足度を高める要因担っているようです。

ヒロクリニック

ヒロクリニックの場合、国内に数多くの分院がありますのでミネルバクリニックのような名物院長というものは存在しないようです。

理事長の岡 浩子さんも、もともとヒロクリニックが美容整形を主とする事業形態でしたのでそちらのご専門のようでNIPTに特化した経歴というものはなさそうですね。

総合的に見てどちらがおすすめ?

これまで検査プランや費用などミネルバクリニックとヒロクリニックを比較しましたが、とにかく安く受けたいとお考えの場合を除き、ミネルバクリニックのほうがよさそうです。

たしかにヒロクリニックは最安4.5万円で診断でき、金額面での利点はありますが、フォロー体制やクリニックのスタッフ、プランのバリエーションなど、どれを取ってもミネルバクリニックのほうが一枚上手で痒いところに手が届く、きめ細やかなサービスを展開している印象ですね。

NIPT検査とは

低リスク、高精度な唯一の検査

そもそもNIPT検査というものがどのような方法で赤ちゃんの異常を調べることができるのか説明します。まず、NIPTの単語の定義ですが、『非侵襲的出生前遺伝学的検査(Non-Invasive Prenatal genetic Testing)』の頭文字を取ったものになります。ただ、これではなんのことやら、イメージがつかないですよね。

NIPTとは簡単に説明すると、母親の血液から遺伝子情報を調べ、その遺伝子に含まれる赤ちゃんの情報から異常の有無を調べるものです。NIPTにはいくつかのメリットがありますが、最も大きなメリットは低リスクという点です。大学病院や公的に認められた医療施設では、こうしたダウン症の有無を調べる場合に羊水検査を行います。

羊水検査は、子宮に医療器具を挿入し羊水を採取します。検査精度は高い一方で母親のお腹の中に刺激を与えることになりますので、高齢出産などの場合に流産、死産のリスクがつきまといます。NIPTであれば注射器一本で血液をとるだけですからこうしたリスクがほとんどなく、出産を控える母親の精神面でも安心を得ることができますね。

ここで「NIPTは安全なだけで精度が低いのでは?」と疑問を抱く方もいらっしゃるかと思いますが、実はNIPTの検査は精度が99%といわれており、とっても正確に検査をすることができます。大事な赤ちゃんのことですから、他の検査手法と比べて低リスクで、かつ精度も高いのであれば、事前に調べてみてもいいかな、と思ってしまいますよね。

まとめ

今回はミネルバクリニックとヒロクリニックでNIPT検査をする場合にどちらがおすすめか、解説しました。興味を持った方はぜひミネルバクリニックの公式HPより来院予約をしてみてください。

\先輩ママおすすめNIPT人気クリニック/