マタニティライフ

妊娠10ヶ月(36週~39週)ってどんな状況?過ごし方と注意点とは?

こんにちは、一児のママ、編集長のもみじです!

長かったマタニティライフも終わりに近づいています。ついに正産期に突入し、お腹の赤ちゃんと対面できる出産予定日が近づいてきました。臨月になると、お腹の赤ちゃんがどんな様子なのか、また無事に産めるだろうかと不安になっているママもいるでしょう。これまで赤ちゃんの為に準備をしてきたママだから心配しなくても大丈夫!臨月の赤ちゃんの様子やママがおさえておきたいポイントをまとめています。

妊娠36週

最後の追い込みで、この数週間のうちに一気に体重は増え、シワがなくなり見た目もふんわりとしてきます。体重も2500グラム以上とすっかり赤ちゃんらしくなりましたよ。骨も充分なほどに固くなりますが、頭蓋骨だけは産道を通れるよう柔らかくなっています。出産の時に頭の形がいびつな赤ちゃんがいますが、産後に戻りますので安心してくださいね。

赤ちゃんの位置が少しずつ下がってきます。今まで胃が圧迫されて食欲が落ちていた人は、ようやく食欲が戻り暴飲暴食に走る人も。もちろん出産に向けて力をつけなければなりませんが、食べすぎて産道に脂肪がつくと産む時が大変になります。しっかり食べても良いので、バランスの良い食事を心がけ、カロリーコントロールしていきましょう。あと少しの辛抱ですよ!

まさかこれって陣痛?と思うような痛みを感じるかもしれません。この時期に起こる鈍い痛みは、前駆陣痛といって本陣痛の練習のようなものですので、時間を測ってみたり呼吸法で痛みを逃す等の練習をしてみてはいかがでしょうか。鈍い痛みの間隔がバラバラなうちは本陣痛ではありません。少しずつこの痛みが子宮口や産道を柔らかくしてくれるので、赤ちゃんが通りやすくなりますよ。

妊娠37週

妊娠10ヶ月に入ってから2週目ですが、呼吸機能、体温調節が出来るようになり、この時から正期産に入りました。まだ予定日より少しだけ早いですが、いつ産まれてきてももう大丈夫です。赤ちゃんの力で外の世界で生きていくことが出来ますよ。お腹の中で守ってきた赤ちゃんがしっかり成長しているのはなんとも感慨深い気持ちになりますよね。

心の準備をして赤ちゃんを待ちましょう。何か不安に思っていることはありませんか?落ち着かない時は、遠慮せず医師や助産師に確認しておくと安心です。バースプランが決まっている人は、そちらも合わせて確認しておくのがおすすめです。お産の兆候が見られると焦ってやりたかった事が抜けてしまう場合もあるので、今のうちから心の準備を整えて出産の流れをイメージしておきましょう。

妊娠38週

赤ちゃんの体重は約2700グラムとなりました。赤ちゃんは頭を下にして、膝を抱えたような姿勢になっています。ママのお腹の中で、一番楽な姿勢で出てこれるよう自然とそのような形に落ち着くようです。また、赤ちゃんは視力の発達がすすんでおり、お腹の中でも光刺激に反応すると言われています。

妊婦健診が1週間毎になっているとおもいますが、エコーや内診でしっかり赤ちゃんの様子を確認してもらってくださいね。そろそろ子宮頸管が短くなってきていると言われた人もいるかもしれませんが、いつ産まれてもおかしくないのでストレッチをしたり、軽いウォーキングなども取り入れてみると安産にも繋がりやすくなります。

ここで入院準備の最終チェックをしておきましょう。持ち物の確認はもちろんのこと、ご家族にお願いしなければいけないことや、普段ママだけがやっている事等をあらかじめ伝えておくと周りも安心しますよ。出産当日にバタバタしないよう、今のうちにもう一度確認しておくことが重要です。忘れがちなのが印鑑。入院中は意外に印鑑を押す書類が多いので小さなポーチに筆記用具とまとめておくのがおすすめです。

妊娠39週

39週にもなると、お腹の赤ちゃんは体長50センチ越えで、体重は約3000グラムとなります。初産の人は経験がないので特に不安かもしれませんが、産んでしまうとこんなものかときっと思うはずです。実際、産んでしまうと痛みもすっかり忘れて次の子も早く産みたいなと思ってしまうから不思議なものです。赤ちゃんに会える日が待ち遠しいですね。

臨月の妊婦さんの過ごし方として、意外にもトイレ掃除があげられます。これは、昔に臨月の適度な運動として取り入れられてきたと考えられていますが、臨月にトイレ掃除をしておくと可愛い赤ちゃんが産まれるという言い伝えまであります。どんな顔でも我が子は可愛いですが、安産で赤ちゃんを迎えられるように軽いストレッチも兼ねてトイレ掃除をしてみてはいかがでしょうか。

陣痛がきたら、時間の間隔をはかりながら産院へ連絡して指示を仰ぎましょう。出血はしていないか、破水はしていないか等、細かな確認が非常に重要です。陣痛より先に破水してしまった場合は、入浴を控えすぐ病院に行くことになります。破水すると、羊水が少なくなるだけでなく外の世界と繋がって感染症にかかりやすくなるため感染予防の薬を飲み、24時間以内に出産するのが望ましいとされています。

妊娠10ヶ月(36週~39週)の過ごし方と気を付けたいポイント

いかがでしたか?いよいよ出産するときが迫ってきましたが、案ずるより産むが易しということわざがあるように、誰でも産んでみると思っていたより難しくなかったと思うことでしょう。最後まで気を抜いてはいけませんが、あまり考えすぎなくても体が勝手に赤ちゃんを産む状態に持っていってくれますよ。出産には予期せぬトラブルも付き物ですが、あなたを見守ってくれる医師や助産師を信じて、流れに身を任せて赤ちゃんを産むことだけに集中してくださいね。お産は楽しんだものがちです。心から応援しています!