新型出生前診断

NIPT(新型出生前診断)無認可おすすめランキング7選!【30代妊婦さん向け】

こんにちは!編集長のもみじです!

もみじ l 妊娠出産メディア編集長 l 切迫早産で3ヶ月自宅安静、3歳児の母 l マタニティケアラー資格取得 l SNSフォロワー1,000人超え

厚生労働省が2020年におこなった調査によると無認可施設でNIPT検査をおこなった方の約8割は39歳以下であることが明らかになっています。

無認可施設はユニークなオプションが多く検査項目の幅が広いメリットがある反面、陽性後のフォローがない場合があるなど混乱も多く起きているのも事実。検査する上でのリスクは変わりありませんが医療施設を選別する目を養う必要があります。

総合的に見ておすすめなのは?

院長が遺伝専門医のミネルバクリニック

  • ミネルバクリニックでしか調べられない検査が3つ!スーパーNIPT・カリオセブン・デノボは他院では検査できない!
  • 遺伝専門医のため陽性時の対応が段違い!
  • 検査を受けやすい体制が整っており、陽性時のフォローが手厚い!

遺伝専門医のもとで安心を手に入れよう

1位ミネルバクリニック

ミネルバクリニックでしか受けられない検査

第3世代スーパーNIPT、カリオセブン、デノボの3つの検査は日本全国ミネルバクリニックでしか受けられません。大学病院をはじめとした大きな病院でも受けられない、唯一無二の検査です。

第3世代スーパーNIPT

これまでのNIPT検査と比べ格段に精度が向上した検査です。

DNAのメチル化という修飾の場所の違いにより、胎児由来のDNA断片を濃く集める世界特許を使っています。 さらに読み取り深度も第1世代の50回→500回以上にあげることで検査精度をさらに向上させています。

大学病院をはじめとする認可施設は第1世代NIPTを採用している場合が多いと考えられています。そして検査精度は採用している検査会社により違うのです。これまでは偽陽性や偽陰性という心配がありましたが、第3世代NIPTは基本検査の偽陰性ゼロという高い精度を誇っています。(2023年1月時点)

マルチNIPT Karyo7(カリオセブン)

出生時に観察される染色体異常の99.1%を検出することができる検査です。

従来の検査では染色体が「多い」「少ない」という一本単位でしか検査できませんでしたが、当検査ではそれぞれの染色体について「ちゃんとある」「ない」「二重に増えている」といったことがわかります。

この検査では羊水検査や絨毛検査などの確定検査く比べても遜色のない高い染色体異常出率を誇っているのも特徴です。

マルチNIPT de novo(デノボ)

父親本人には原因がなく、精子の突然変異によって赤ちゃんが病気になる新生突然変異を調べる検査です。

トリソミー検査は母親のための検査、デノボは父親のためのNIPT検査とも言い換えることができます。

遺伝子の異常は父親の年齢と正の相関をあらわします。加齢とともにリスクが上昇しますが、若くてもゼロではありません。当検査には44疾患25遺伝子分含まれており、合算すると600分の1の割合となります。これはダウン症候群に匹敵する頻度となります。

しかもこれらの疾患は生命予後が良くない、または生命予後は悪くなくともQOLが非常に制限される疾患です。

オンラインNIPT

ミネルバクリニックの魅力のひとつともいえるオンラインNIPT。4~5人に1人の方はオンラインNIPTを選択されているようです。

利用想定シーン

オンラインであればつわりで体調が優れない時期に外出することも不要ですし、コロナや他人の風邪が感染するリスクや、パートナーやご家族と日程調整する手間も省けますね。30代の妊婦さんですと、上にお子さんがいらっしゃったり、場合によっては介護を控えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ミネルバクリニックのオンラインNIPTは遺伝カウンセリングや検査結果の通知など、オンラインで実施することができます。ご自宅近くの医療機関で採血する以外はご自宅で完結しますので様々な事情を抱えている方にも嬉しい体制です。

陽性時のサポート

24時間サポート

NIPT検査が陽性だった場合の『24時間サポート』体制がある点は他のクリニックにはない強みです。院長の電話番号を教えてもらえるため、都合がつく限りいつでも遺伝専門医の院長が対応してくれます。

日本全国、ここまでサポートが手厚いクリニックはミネルバクリニックぐらいではないでしょうか?

遺伝カウンセリングが別料金となっている医療施設の場合、不安なことがあっても相談を控えてしまうもの。何かあったときに心の拠り所があるというのは何より大きな強みと言えそうです。

羊水検査費用負担

次に検査結果が陽性の場合に確定検査として行う羊水検査費用を最大15万円まで補助してくれます。

NIPT検査・羊水検査は保険外適用なので基本的には全額自己負担となります。しかしNIPT検査の費用に加え羊水検査の費用がかかるというのは金銭的に大きな負担となるもの。

そして陽性の診断結果が出た場合、ご家族は大きな不安に苛まれることになります…

そんな中で費用を負担してくれるというのは精神的な面で負担軽減と言えそうです。

ミネルバクリニックの魅力はここでは語りつくせません!仲田院長へのインタビュー記事も確認してくださいね!

遺伝専門医のもとで安心を手に入れよう

2位平石クリニック

早期NIPTで妊娠6週から検査可能

胎児のDNAを調べるNIPT検査では多くのクリニックが妊娠10週を超えなければいけず、受検できる週数が定められています。しかし平石クリニックの早期NIPTでは妊娠6週からNIPT検査を受けることができます。

仮にダウン症の疑いがある場合にご家族は大きな不安に陥りますので早期NIPTを受けることで心の準備を早い段階から始めることができますね。

1回分の料金で2度受検可能

特にNIPTでは偽陽性が少なからず生じ確率が100%ではありません。二度受検ができる点も安心を得られるポイントといえます。二回受検することで限りなく、100%に近い結果が得られますので安心感を得たい方にはおすすめのポイントといえます。

顧客満足度の高さ

平石クリニックは2022年1~7月の顧客満足度96%と、多くの妊婦さんからの信頼を得ているクリニック!

どんなに事前評判が高いクリニックでも、いざ受診するとなんか違う…と違和感を感じてしまうもの。しかし同院では第三者機関による『新型出生前診断サービスに対する顧客満足度調査』で毎年顧客満足度が向上し続けています。

秘密は平石クリニックならではの制度にあり

この満足度の高さの秘密は平石クリニックならの特徴にあります。先で述べた早期NIPTをはじめ、一回の料金で二回受けられることはメリットと言えるでしょう。また同院を含め認可外施設の大半では検査条件が比較的易しい傾向にあります。かかりつけ医からの紹介状や夫婦同伴などの条件がないのです。

NIPTを受ける理由は妊婦さんの状況によりけり。多くの方が検査を受けやすい体制は嬉しい!

また、平石クリニックを受診した口コミには「説明が丁寧」や「提携クリニックも多く、受診がしやすい」などの高評価の口コミが多く寄せられています。流れ作業ではなく、患者の気持ちによりそったNIPT検査が受けられることも満足度が高い理由のひとつといえるでしょう。

羊水検査費用負担

仮にNIPTで陽性となった場合に確定検査として実施する羊水検査の費用を全額負担してくれる点も魅力です。

クリニックによっては陽性だった場合に実施する羊水検査が別途費用としてかかることがありますが、羊水検査費用を全額負担してくれるのは患者によって金銭的な保険要素といえますね。

妊娠6週~、早期NIPTで2回検査可能!

3位八重洲セムクリニック・奥野病院

羊水検査~人工妊娠中絶までおこなえる

東京八重洲口にある八重洲セムクリニック、大阪天王寺にある奥野病院もNIPT検査を希望する方におすすめです。これらのクリニックでは陽性を確定させるために実施する羊水検査にかかる費用がはじめからNIPTの検査費用に含まれているため、追加料金がかからないメリットがあります。

また羊水検査や人工妊娠中絶までを同じクリニックで一貫して対応できる点もユニークなポイントで無認可施設としては希少な存在です。

もし陽性判定が出ると大きな不安の中で物事を考えることになります。羊水検査や中絶に対応しているクリニックを探す手間が省けることは、クリニック選びの大きなポイントとなりますね。

検査項目が豊富

認可施設ではダウン症をはじめとする3種類のとトリソミー検査しか調べることができませんが、無認可施設では3項目以外の多種多様な検査も行うことができます。

全染色体、微小欠失検査、性別まで検査してくれますのであらゆる可能性を検査してくれるのは検査を受ける側の人間としては大きな安心材料となりますね。

4位青山ラジュボークリニック

検査費用が日本一安い

青山ラジュボークリニックは破格の安さでNIPTを受けることができる点が一番の魅力です。生まれてくる赤ちゃんの状況を知りたいものの、出産前後は何かとお金がかかるため、金銭面も気になるところですよね。

最安プランであれば、53,900円でNIPT検査が受けられる青山ラジュボークリニックは無理のない範囲でNIPT検査を希望する方におすすめです。加えて、同院では様々な料金プランが設けられています。

検査項目も豊富

ダウン症の有無を判断できる21トリソミー検査のみを取り扱う21番染色体単体検査から、

  • 1〜22番トリソミー検査
  • 微小欠失検査
  • 性染色体検査
  • 性別判定 を全て検査できるフルセットプラン

まで用意されています。フルセットプランでも187,000円と20万でお釣りがくる金額感は、他のクリニックよりも安いといえるでしょう。

土日も検査可能

青山ラジュボークリニックは土日の検査も可能です。公式HPでは「NIPT検査は毎日対応」とされています。つわりで体調が優れないときに何度も通いつめるのは体調面でも精神的にもつらいもの。認可施設などは複数回の来院が必要な場合が多いですが、同院ではあれば一度の来院で採血もしてくれます。

加えて、当日予約して当日検査も可能です。金額も含めてNIPTの検査を気軽に受けてみたいとお考えのご家庭にはぴったりかもしれません。また、来院前でも検査後でも、認定遺伝カウンセラーの無料相談が受けられますのでその点も同院を選ぶ決め手となりそうです。

5位DNA先端医療株式会社

2回目以降検査費用半額

DNA先端医療株式会社は全国に40医院以上の提携を結び、国内でも大手のNIPT検査が受けられるクリニックです。

同院の大きな特徴は2回目以降の検査費用が半額になることです!

過去に一度でもNIPT検査を受けたことがあるご夫婦であれば、次に授かる赤ちゃんも検査を希望されると思います。同院でそのようなご夫婦に対し、金銭面なメリットが得られますのでおすすめですね。

羊水検査費用全額負担

またNIPT陽性判定となった場合に診断を確定させる羊水検査費用も全額負担してくれます。羊水検査のみならず、絨毛検査や微小欠失についても負担対象となりますので、補償内容が他のクリニックよりも幅広く、おすすめのポイントといえるでしょう。

顧客満足度が高い

顧客満足度が高いことでも有名です。経験豊富な先生による診断や結果通知、陽性だった場合のアフターフォローまで多岐にわたる手厚さが売りです。NHKの『クローズアップ現代+』や学術ディベートプログラムなど対外活動を積極的に参加されている栗原代表をはじめとする先生が参加されています。

外部のリサーチ会社による第三者評価でも

  • 2020年度 新型出生前診断(NIPT)に対する 顧客満足度97%
  • 2021年度 新型出生前診断(NIPT)に対する 顧客満足度95%
  • 2020年度、2021年度(両年度合算) 新型出生前診断(NIPT)に対する 顧客満足度96%

と高い顧客満足度を得ていることが伺えます。満足度が高いということは、それだけお腹の赤ちゃんやご夫婦に対する気遣いがあるということの表れではないでしょうか。ただでさえつわりで体調不良が続く母親にとってはストレス材料がないというだけで安心できますよね。

2回目以降は検査費用半額!

6位ヒロクリニック

検査結果が最短2日で届く

ヒロクリニックは全国に60以上の施設と提携している国内大手のクリニックです。同院は採血してから検査結果が届くまで最短2日と業界最速の検査スピードが売りです。

NIPTの検査には検体を国外に送付し専門機関が検査することが一般ですが、同院は国内の機関が検査するため、このようなスピード感を維持することができています。

国内の検査機関というだけで検査精度に安心感を抱けますし、万が一、海外に送付する過程で検体が破損するなんてリスクもないので嬉しいですよね。検査の予約も公式HPから簡単に済ませることができますので、若い世代のご夫婦には抵抗感なく、ご利用できるかと思います。

陽性スコアレポート

仮に陽性診断が出た場合、ご夫婦は非常に大きな不安にかられるでしょう。

一般的なクリニックではその検査結果を通知する際に「陽性」か、「陰性か」の2択しかありません。極論をいってしまうと、限りなく「陰性」に近かった場合でも「陽性」となることがあります。その場合は「羊水検査」と呼ばれる母親のお腹の中の羊水を採取して追加の検査をする必要があります。

NIPTが血液を採取するだけで済む一方で「羊水検査」はそうはいきませんので検査をするにも一定のリスクが発生します。同院ではこれまで診断してきた30,000人以上の検査データをもとに「陽性度合い」を数値として算出してくれますので「本当に羊水検査は必要なのか」を見極めてくれます。

他のクリニックではこのような数値の提供はそもそもしてくれない事が多いため、ご年齢や親族でのダウン症の方がいらっしゃるかどうかで同院を選ぶべきか、決める方も多いでしょう。

検査結果が最短2日で届く!

7位クララクリニック

問診も採血も自宅で対応

クララクリニックは栃木県にあるNIPT検査ができるクリニックです。

同院は自宅にいながら、ワンストップでNIPTの検査ができる点が一番の魅力です。つわりで体調が優れない場合やコロナ渦でリスクのある外出は極力控えたいとお考えの方におすすめです。

小さなお子さんがいらっしゃる場合にも助かりますよね!

また、問診についてもオンラインツールを使ってWEBで実施できますので問診のためにクリニックに通う必要が不要です。もちろん同院に通うことも可能で、当日予約や土日の対応も可能です。加えて、採血も看護師が自宅に伺い対応してくれますので、最寄りの医療機関を探して採血する必要もありません。当然、遠方の方向けに医療機関も紹介してくれるそうです。

羊水検査費用の全額負担

仮にNIPTの検査で陽性となった場合に診断を確定させる、羊水検査費用も全額負担してくれます。その後の検査も完全指定の医療機関ではなく、変な医者のゴリ押しなどもないためご自身で自由に医療機関を選ぶことができますよ。

問診も採血も自宅で完結!

NIPT検査の概要

認可施設と無認可施設

日本国内でNIPT(新型出生前診断)を受けることができる医療施設は、大きく分けて認可と無認可の施設が存在します。平成25年に日本医学会と日本産科婦人科学会が打ち出した指針による基準を満たす医療施設を認可施設と呼びます。

認可施設

認可施設でNIPTの検査を受けるためにはいくつかの基準がありますが、遺伝カウンセリングを受けてもなお不安な妊婦さんは検査を受けることが可能なため、実質受検制限はないといえるでしょう。しかし検査項目は所定の三項目のみと決まっていたり夫婦そろっての検査が求められるなど柔軟な対応という点には程遠そうです。

無認可施設

一方で無認可施設は国内に数多くのクリニックが存在します。無認可の施設は良し悪しがあるためしっかりと医療施設を選ぶことが大切です。無認可であればNIPTを希望する母親の様々なニーズにこたえることができる個性的な点が数多くありますのでおすすめですよ。

NIPT受検施設の選び方

日本国内でNIPTの検査を受けることができるクリニックは近年、右肩上がりで増えています。特に指針がない無認可クリニックは実にさまざまな特徴をもっています。クリニックのメリット、デメリットを吟味した上で選ぶことが大切です。

フォロー体制

クリニックを選ぶ決め手としてクリニックのフォロー体制という点はしっかり確認をしましょう!

遺伝カウンセリングの有無

まずは検査前の遺伝カウンセリングの有無を必ず確認しましょう。

  • 羊水検査で陽性となった場合の社会的・精神的なサポート
  • 産後の生活にどのような影響を及ぼすのか
  • 親戚や周りの方との付き合い方をどうすればよいか

とご自身を取り巻く様々な観点からアドバイスをもらうことができます。検査をして終わり、ではなく検査をひとつのきっかけとして様々なことに向き合う必要があります。

羊水検査費用の負担

例えば、染色体疾患を持つ方が親族にいらっしゃるなど、特に遺伝的な要因での不安が強い場合はNIPTの検査結果が陽性であった場合のフォロー体制を比較検討することをおすすめします。たとえば陽性時に確定検査として実施することが多い羊水検査。

  • 費用は全額負担してくれるのか、一部負担なのか
  • 羊水検査を行う意思料施設は自身で選ぶのか、指定の提携病院があるのか

などを比較してみましょう。

検査費用

出産を控えているご家族はただでさえ様々な出費が重なるものですから、NIPT検査費用はそれなりに痛く大きな出費となります。

単純に費用の安さでクリニックを選ぶことも一つの選び方としてはありますが、果たしてそれで満足いく結果は得られるのかということを考える必要があります。またオプションを追加した結果意外と高くなってしまうケースもありますので、比較検討は総額で考えることをおすすめします。

例えば、

  • 遺伝カウンセリングが検査費用に含まれているか
  • 羊水検査の費用はどちらが負担するのか
  • 検査結果を聞く際に別途費用がかからないか

など細かな点はたくさんあります。各クリニックの公式HPなどを通して十分に吟味するようにしてください。

立地

NIPTの検査を受ける上でクリニックの立地についても考慮するとよいでしょう

一口に検査といっても採血や事前問診、結果通知と複数回に渡り、通う必要がありますので通いやすいアクセス面を考慮する方も多いようです。駅近や都心にあれば、赤ちゃん用品のショッピングとあわせて行うことができ、便利ですよね。

来院は一度でいいクリニックや、採血を提携病院で実施できるクリニックもあるため、立地条件は優先度を落とすという選択肢もありえるかもしれません。

特に、ここ数年でコロナ渦による外出を控えるご家庭も多く、オンラインNIPTと呼ばれるサービスも一部の医療施設で開始されました。問診、カウンセリング、結果通知などをオンラインで対応してくれるため様々なご事情を抱えている方も嬉しいサービスです。

認可・無認可施設

クリニックを選ぶ上で認可・無認可施設のいずれにするべきかは早い段階で決めておく必要があります。

認可施設

認可施設とは一定の条件をクリアしている大学病院をはじめとした医療施設です。利用者としては公的な施設で検査を受けた、という安心感を得ることができますね。しかし紹介状が必要な場合や夫婦同伴など、検査条件が厳しく定められていることが一般です。

また、検査項目は3種のトリソミーに限られますので性別検査や他の染色体疾患も調べてほしい場合に対応できないデメリットがあります。

無認可施設

一方で無認可施設は近年数多く開院しており、クリニックごとのユニークなオプション、料金設定などサービス内容は多岐にわたります。無認可施設の質は様々です。遺伝カウンセリングも無しに検査結果のみ通知されるようなケースもあれば、日本で一番検査項目が多く、陽性時のサポートが万全なクリニックまで多種多様です。

出産は人生で数度とない貴重な経験です。後々、後悔がおきないようにそれぞれのメリット・デメリットを十分に理解した上で検討をすることをおすすめします。

まとめ

今回は30代の妊婦さん向けの無認可おすすめクリニックを紹介しました。出産は人生に数度とない貴重な経験ですからご自身に見合ったクリニックでNIPT検査を受けるよう比較検討してみてくださいね。

\先輩ママおすすめNIPT人気クリニック/