弘前⼤学医学部附属病院

弘前⼤学医学部附属病院、産婦人科の口コミや評判は?新型出生前診断(NIPT)の状況について解説

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
こんにちは!編集長のもみじです!

もみじ l 妊娠出産メディア編集長 l 切迫早産で3ヶ月自宅安静、3歳児の母 l マタニティケアラー資格取得 l SNSフォロワー1,000人超え

弘前⼤学医学部附属病院は青森県に病院を構える総合病院です。NIPT検査を提供する基幹施設として認定されています。

青森の医療施設を比較したい方は青森のNIPTクリニック3選をチェック!
新型出生前診断は安心の平石クリニック!
  • 日本で一番早い妊娠6週から検査が可能。1回の料金で2回受けられるのでお得に検査でき、検査結果に納得できる!
  • 検査実績が豊富であり四年連続 顧客満足度95%以上の人気クリニック!
  • 認定遺伝カウンセラーの在籍、確定診断時の検査全額負担と安心して受けられる体制。

4年連続!顧客満足度95%以上

弘前⼤学医学部附属病院ってどんな病院?

高度な周産期医療と充実したネットワーク

弘前⼤学医学部附属病院は妊娠高血圧症候群や糖代謝異常妊娠などの他、母体合併症妊娠などに対応しています。また妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病は将来の生活習慣病のリスクとなることから、全国でも数少ない長期フォローアップ外来を開設しています。

さらに出生前診断では、特に胎児心臓超音波診断に重点をおき、産科医療機関としては東北で唯一専門施設に認定されています。県内唯一の妊娠と薬情報センター拠点病院として、妊娠と薬外来も開設しています。

NIPT認可施設

弘前⼤学医学部附属病院はNIPT検査を提供する認可施設として認定されてます。青森県内では唯一の基幹施設となりますが、同院のHPに詳細情報は掲載されていませんでした。青森県内でNIPT検査を検討されている方は他県まで足を運ぶか、認可外施設を検討する必要があります。

4年連続 顧客満足度95%以上の平石クリニックならより柔軟に検査可能!

弘前⼤学医学部附属病院の口コミと評判

弘前⼤学医学部附属病院の口コミと評判をチェックしてみましょう!

弘前⼤学医学部附属病院の良い口コミ

Googleユーザー

近所の小児科や他の病院でもポコっと出た娘の脱腸が中々戻らず、2日間吐いて救急車で別な病院からきました。来て直ぐに小児外科の高橋先生が腸をゴッドハンドで戻してくれ、点滴で脱水も改善し、病棟の看護師さんは可愛くて優しく、手術も成功して感謝でいっぱいです。ありがとうございました!

出展:Googleマップ

Googleユーザー

子供が入院してますが、担当医の先生や看護師さんはとても優しいです。
みんなよくしてくれます。

出展:Googleマップ

弘前⼤学医学部附属病院の悪い口コミ

Googleユーザー

本当は星一つ、つけたくありません。
産婦人科系の病気で個人病院から紹介状
出されて大学病院に初めて来ましたが
「名ばかりの大学病院」ですね。
女性の私に対し、ふくよかですね、
ならまだわかりますが体格が良いですね
って失礼すぎます
好きで太った訳じゃないので。
先生達は優しいかもしれませんが、
看護師、病棟がほんと駄目でした(後略)

出展:Googleマップ

Googleユーザー

妻の出産で何度か利用しています。まず、ここでは内部での連携が全くとれていません。毎回行くたびに部署間の連携が取れてなく、何かしらのミスがありました。予約してあるのに、予約が取れていなかったり、別の科に行くのに説明が行っておらず、何度も待たされたりしました。妊娠中の妻にも多くの負担をかけてきてありえません。
また、説明も基本的に不足しており、無いことも多くとても不快な思いをしています。出産時もコロナなので立会できなかったが、PCR検査もしていない業者が出入りしたり、複数の学生を立会させてもよいかと言われたり、こちらは産まれた子供にも会えないのに、信じられない感染対策意識でした。(後略)

出展:Googleマップ

弘前⼤学医学部附属病院の費用は?

弘前⼤学医学部附属病院のNIPTの費用は次のとおりです。

検査項目税込金額
基本検査
(13,18,21トリソミー)
不明

検査費用については公式HPに掲載されていませんでした。

弘前⼤学医学部附属病院の結果はいつ分かる?

公式HPには記載がありませんでした。

弘前⼤学医学部附属病院のアクセス

弘前⼤学医学部附属病院のアクセスは次のとおりです。

住所アクセス
〒036-8563
青森県弘前市本町53
JR「弘前分」駅→バス約20分

弘前⼤学医学部附属病院をおすすめする人

弘前⼤学医学部附属病院をおすすめする人としない人をチェックしておきましょう!

弘前⼤学医学部附属病院をおすすめする人

  • 青森県に在住しており同院で出産予定の方
  • 基本検査(21、18、13トリソミー)のみの受検を検討している方
  • NIPT認可施設の安心感を重視したい方

弘前⼤学医学部附属病院はNIPTを提供する基幹施設として認定されています。遺伝カウンセリングの体制が整っているなど一定水準を満たした医療施設のみ認可施設として認められます。検査は安心感を重視したいという方にぴったりでしょう。

弘前⼤学医学部附属病院をおすすめしない人

  • より柔軟にNIPT検査をしてくれる医療施設を探している方
  • より多くの検査項目を検査したい方
  • NIPT受検者の多い医療施設で検査を受けたい方

弘前⼤学医学部附属病院はNIPT認可施設ゆえの制約が多いことが懸念されます。現在は認可施設であっても年齢制限は撤廃されていますが、同院では病院独自のルールとして35歳以上という年齢制限があるようです。より柔軟に検査をしたい方は他院を含めて検討しましょう。

4年連続 顧客満足度95%以上の平石クリニックならより柔軟に検査可能!

弘前⼤学医学部附属病院のNIPTについてまとめ

弘前大学医学部附属病院は、NIPT(非侵襲的出生前遺伝子診断)検査を提供する認可施設として認定されています。青森県内では唯一の基幹施設ですが、詳細情報は同院の公式ウェブサイトには掲載されていませんでした。青森県内でNIPT検査を希望される方は、他県への移動や認可外の施設を検討する必要があります。

いかがでしたか?

今回は青森県にある弘前⼤学医学部附属病院についてご紹介しました。検査項目やサポート体制など何を重視したいのかを考え、検討を進めてくださいね。

\先輩ママおすすめNIPT人気クリニック/