佐賀⼤学医学部附属病院

佐賀⼤学医学部附属病院、産婦人科の口コミや評判は?新型出生前診断(NIPT)の状況について解説

こんにちは!編集長のもみじです!

もみじ l 妊娠出産メディア編集長 l 切迫早産で3ヶ月自宅安静、3歳児の母 l マタニティケアラー資格取得 l SNSフォロワー1,000人超え

佐賀⼤学医学部附属病院は佐賀県唯一のNIPT基幹施設としてン提されています。佐賀県内でNIPT検査を受けたいと考える方はまず最初の候補として挙がる病院ではないでしょうか。

佐賀の医療施設を比較したい方は佐賀のNIPTクリニック4選をチェック!

佐賀⼤学医学部附属病院ってどんな病院?

ハイリスク妊娠にも対応し、周産期医療を支える

佐賀⼤学医学部附属病院は合併症や持病がある方のハイリスク妊娠にも対応しています。総合病院という強みを生かした小児科NICU連携などの取り組みが功を奏し、全国でも非常に低い周産期死亡率を誇っています。

もちろんローリスクの妊婦さんの受け入れも対応しています。マタニティクラスの充実や産後の各種指導、お祝い膳にいたるまで、妊婦さんを支える体制も万全です。

NIPT認可施設

佐賀⼤学医学部附属病院は佐賀県で唯一のNIPT基幹施設として認定されています。同院では妊娠10週~16週頃の妊婦さんを対象としています。予約自体はかかりつけ医より取得する必要があり、妊娠9週~14週頃に手続きを済ませましょう。

同院では臨床遺伝専門医が3名おり、遺伝カウンセリングにあたります。原則として検査前の遺伝カウンセリングと採血は同日におこなうことができませんので改めて来院が必要となります。

4年連続 顧客満足度95%以上の平石クリニックならより柔軟に検査可能!

佐賀⼤学医学部附属病院の口コミと評判

佐賀⼤学医学部附属病院の口コミと評判をチェックしてみましょう!

佐賀⼤学医学部附属病院の良い口コミ

腎盂腎炎からの切迫早産でお世話になりました
医師さんや看護師さんが優しくとても安心して入院生活が送れました! 出産後もお世話になります

最初の時間外で来た時に受付のおじさんの態度が気に食わなかったです。

Googleマップ

最近リフォームで綺麗になってきました。
そして、有田焼や絵が飾られるようになり、院内の雰囲気が良くなりつつあります。
佐賀駅より一時間に2、3本のバスが出ています。
そのバスは比較的空いているのでだいたい座れますし、20分少しの時間なのでオススメです。
タクシーでは15分くらいでしょうか。だいたい1800円くらいの料金です。車の場合は、駐車場も広いので安心です。立体駐車場もあるので雨の日はそこに停めれば濡れなくて便利です。
院内にはセブンイレブンもドトールもATMもありますので、非常に便利です。

Googleマップ

佐賀⼤学医学部附属病院の悪い口コミ

産婦人科の教授が他の施設に子宮ガン検診で来ていた時、そこで看護師を怒鳴ってた。受診者がいるのに感じ悪かった。落ちた道具で検診された人もいた。自分がされたらどうなんだ。

Googleマップ

私は手術する前に入院しました。私の主治医‥担当医の方は本当に良い方でした。手術して自分のベットで病棟に帰ってきて、私はグッタリしていたのにその病棟の看護師が勝手にベットの枕を取って私は‥頭をベットに叩き付けられました病棟の看護師婦長は看護師達に何を教育しているのか入院患者に不愉快させないでくれ

Googleマップ

佐賀⼤学医学部附属病院の費用は?

佐賀⼤学医学部附属病院のNIPTの費用は次のとおりです。

検査項目税込金額
基本検査
(13,18,21トリソミー)
198,000円

検査前の遺伝カウンセリング費用は含まれていませんので、別途11,000円が必要です。

佐賀⼤学医学部附属病院の結果はいつ分かる?

検査から2週間程度で結果が出ます。パートナーと揃っての来院が必要です。

佐賀⼤学医学部附属病院のアクセス

佐賀⼤学医学部附属病院のアクセスは次のとおりです。

住所アクセス
〒849-8501
佐賀市鍋島五丁目1番1号
JR「佐賀駅」→バス25分

駅からタクシーの場合は15分程度で到着します。

佐賀⼤学医学部附属病院をおすすめする人

佐賀⼤学医学部附属病院をおすすめする人としない人をチェックしておきましょう!

佐賀⼤学医学部附属病院をおすすめする人

  • 佐賀県に在住しているハイリスク妊婦の方
  • 基本検査(21、18、13トリソミー)のみの受検を検討している方
  • 妊娠10週~16週頃に検査が受けられる方

佐賀⼤学医学部附属病院は佐賀県の周産期医療を支える病院としての役割を担っています。同院で出産予定の方は人的・設備的に環境が整っているためおすすめと言えるでしょう。

検査可能週数は妊娠10~16週となっていますが、予約自体はかかりつけ医から妊娠14週までに済ませないといけないため、スケジュールに余裕を持って対応しましょう。

佐賀⼤学医学部附属病院をおすすめしない人

  • パートナーと揃ってNIPT検査を受けることが難しい方
  • 妊娠10週以前にNIPT検査を受けて安心したい方
  • NIPT受検者の多い医療施設で検査を受けたい方

佐賀⼤学医学部附属病院はNIPT認可施設のため、原則としてパートナーと揃っての受検を基本としています。来院も複数回にわたるため、スケジュール調整が難しいという方もいらっしゃるかもしれません。検査を妊娠10週以前に受けたいという方も他院を検討する必要があります。

4年連続 顧客満足度95%以上の平石クリニックならより柔軟に検査可能!

佐賀⼤学医学部附属病院のNIPTについてまとめ

佐賀⼤学医学部附属病院は周産期医療を支える佐賀県の総合病院です。NIPT基幹施設として認定されているため、佐賀県でNIPT検査を検討される方がまず最初に候補として挙げられる病院ではないでしょうか。認可施設のメリット・デメリットをよく理解した上で検討する必要があります。

いかがでしたか?

今回は佐賀県にある佐賀⼤学医学部附属病院についてご紹介しました。検査項目やサポート体制など何を重視したいのかを考え、検討を進めてくださいね。

\先輩ママおすすめNIPT人気クリニック/