聖路加国際病院

聖路加国際病院、産婦人科の口コミや評判は?新型出生前診断(NIPT)の状況について解説

こんにちは!編集長のもみじです!

もみじ l 妊娠出産メディア編集長 l 切迫早産で3ヶ月自宅安静、3歳児の母 l マタニティケアラー資格取得 l SNSフォロワー1,000人超え

聖路加国際病院は、NIPT認可施設のため一定レベルの質が約束されているといえます。

また、検査の説明やカウンセリングに力を入れており、十分に検査内容を理解した上で後悔のない検査実施が出来るよう配慮しています。

安心して検査を受けたい人や、聖路加国際病院で出産予定の妊婦さんに人気です。

東京の施設を比較したい人は、東京のNIPTおすすめクリニック35選をチェックしてみてくださいね!

聖路加国際病院について詳しく見ていきましょう!

聖路加国際病院ってどんな病院?

認定施設で安心感がある

聖路加国際病院は日本医学会と日本産婦人科学会の認定を受けた施設です。

認可施設の認定条件には以下を含め様々な条件があります。

  • NIPTに関して十分な専門知識を持った医師や認定遺伝カウンセラーの在籍
  • 遺伝に関するカウンセリング体制の充実

無認可施設では上記のような条件がないため、専門知識や経験のない医師が対応することも可能とされています。

その点、認可施設であれば必ずNIPTの専門知識を持った医師が対応し、カウンセリング体制も整っていることが保証されています。

少しでも多くの情報や丁寧な説明、カウンセリングを希望する人には認定施設がおすすめですよ!

遺伝診療センターでの説明が丁寧

聖路加国際病院が運営する遺伝診療センターでは、カウンセリングや説明に十分に時間をとって丁寧に説明を聞くことができます。

NIPTを受けようと考えている人のほとんどは不安を抱えて検査に望みます。そのため、検査をして結果を伝えて終了。という対応では、検査を受けた人は検査について十分な理解をすることができず、不安も未消化になってしまうリスクがあります。

せっかく検査を受けるのならきちんとした説明やカウンセリングがほしい!

関わる先生方の多さ

聖路加国際病院の遺伝診療センターでは以下の12名が関わっています。

  • 遺伝カウセリングに専門医師が8名
  • 認定遺伝カウンセラーが3名
  • 遺伝看護専門看護師が1名

また、遺伝カウンセリングの症例も年間約500件以上をこなしています。症例の中にはNIPTも含まれており、症例数の多さは実績を示しています。説明の仕方や対応、どんな質問が来るのかを予測することができるので、聖路加国際病院の先生方は一定のスキルがあると言えるのではないでしょう。

実績はそのまま遺伝カウンセリングの質の向上にも繋がっています!

またカウンセリングは検査後だけでなく検査前も実施しています。検査前のカウンセリングで来談動機や家族歴、検査で何を望んでいるのかなどを確認し、次にファイル視聴を行います。

工夫された説明方法

ファイル視聴ではNIPTについての説明や希望する検査に応じた内容をパワーポイントを使用し、視覚からも情報を提示してくれます。

口頭の説明だけでは正直、NIPT検査を十分に理解するのは難しいですよね。

パワーポイントを使用した説明なら口頭だけの説明と違い、聞き逃しても視覚から情報得ることもできます。そのため理解度が口頭説明よりも格段に高いといえます。丁寧な説明には認定遺伝カウンセラーの存在だけでなくパワーポイントの利用という説明の工夫もあるのですね。

性別は教えてもらえない

聖路加国際病院のNIPTでは性別は教えてもらえません。しかし施設によっては検査施行時に性別を伝えてくれる施設もあります。もともと妊婦健診でもエコー検査でも性別がどちらかを伝えない施設が多いです。

聖路加国際病院でも性別についてはそこまで重きを置いておらず、NIPTの本来の目的である染色体異常の有無を重要としているのではないかと考えます。

そのため、どうしても性別が知りたいという人は予め専門医師に相談したり、性別も同時に教えてくれる施設を検討することをおすすめします。

NIPT検査で性別も知りたいなら平石クリニックもおすすめ!

聖路加国際病院の総合評価

聖路加国際病院ではNIPT施行時、性別は知らせない対応をとっています。性別は今はそこまで気にしないという人にとってはそこまでデメリットにはなりません。

そもそも本来検査を受ける目的は染色体異常の有無を確認することにあるため、性別は二の次と考える方も多いのではないでしょうか?

一方で性別も大切と考える人もいます。そんな方には検査時に性別も教えてくれる施設があるのでそちらをおすすめします。

聖路加国際病院でNIPTを受ける一番のメリットはやはり丁寧な検査の説明です。NIPTは説明やその後のフォローが重要とされます。その点、聖路加国際病院では専門医や認定遺伝カウンセラーを多く在籍しているので、安心して説明やカウンセリングを受けることができます。

丁寧な検査説明、カウンセリングを希望する人には聖路加国際病院がおすすめですよ。

聖路加国際病院のNIPTの口コミ・評判

聖路加国際病院の良い口コミ

健康診断や出産など何度かお世話になっている病院です。ここは医師も看護師も他の職員様も総じて医療や接遇のレベルが高いと思います。(後略)

Googleマップ

11月にこちらで出産しました。 産科の先生、看護師さん、助産師さん共に丁寧で優しく、退院時にはお別れが寂しくて産後の涙もろさからか、号泣してしまいました(笑) 出産のダメージが少なかったので赤ちゃんを預けてスタバや売店に行ったり、チャペルに行ったり、展示作品を見たりお散歩出来たのが気晴らしにちょうど良かったです。 ご飯も大変美味しく、主人が一緒に受けさせてもらった沐浴指導も分かりやすかったです。 第二子がもし出来たら「またこちらでお世話になりたいね」と夫婦共に考えております。

Googleマップ

聖路加国際病院の悪い口コミ

現在妊娠中で女性総合診療科にかかっていますが、コロナ禍ということもあり少しでも体調不良があると妊婦健診は延期されます。もちろん大きな病院ということもあり厳格な基準で管理されているのはわかりますが、いざ妊婦健診に行けたとしても流作業のように慌ただしく医師の診察は終わり、お腹の張りや悪阻の相談をしても親身に相談に乗ってもらえません。担当医師にもよるのかもしれませんが、ただでさえ妊婦のコロナ感染による重症化率は2倍等ニュースも流れ、不安を抱くこのご時世、病院都合で健診を伸ばしたりするのだからもう少し患者に寄り添った診察を心がけて欲しいです。

Googleマップ

頭が高い病院。産婦人科は最悪。

Googleマップ

4年連続 顧客満足度95%以上の平石クリニックもおすすめです!

聖路加国際病院の費用は?

聖路加国際病院のNIPTの費用は次のとおりです。

検査項目税込金額
基本検査
(13,18,21トリソミー)
130,000円
+カウンセリング料

聖路加国際病院の検査費用は、130,000円で別途カウンセリング料が必要です。

聖路加国際病院のアクセス

聖路加国際病院のアクセスは次のとおりです。

住所アクセス
 東京都中央区明石町9-1東京メトロ日比谷線築地駅下車 徒歩7分

バスの場合、東15番-東京駅八重州口「深川車庫行」に乗り、「聖路加病院前」で下車します。

聖路加国際病院をおすすめする人

聖路加国際病院をおすすめする人としない人をチェックしておきましょう!

聖路加国際病院をおすすめする人

  • 丁寧な検査の説明やカウンセリングを希望する人
  • 認可施設にこだわりがある人
  • 聖路加国際病院でそのまま出産を希望する人

認可施設であることや丁寧な説明、カウンセリングが受けられるため詳しく検査を知りたい人や無認可施設に不安感のある人にはおすすめですよ。

注意してほしいのが折角聖路加国際病院で検査を希望したいと思っても検査内容によっては16週を過ぎると対応が難しくなります。

せっかく色んな施設を比較して聖路加国際病院で検査をしようと決めたのに、検査ができないなんて事態は避けたいですよね。そのため、聖路加国際病院での検査を希望する場合は早めに相談するように注意しまょう。

妊娠16週を過ぎての受検はミネルバクリニックをおすすめします!

聖路加国際病院をおすすめしない人

  • 検査時に性別も知りたい人
  • 検査を手早く済ませたい人

聖路加国際病院では時間をかけてNIPTについて説明してくれます。一方どうしても丁寧な説明では時間がかかってしまいます。

そのため忙しくてなかなか時間のとれない人や検査を手早く済ませたいと考えている人には不向きといえます。

聖路加国際病院のNIPTについてまとめ

聖路加国際病院のNIPTについてまとめました。

  • 認可施設という安心感がある
  • 検査説明やカウンセリングが丁寧
  • 検査で性別は教えてもらえない

聖路加国際病院は、 認可施設という日本医学会と日本産婦人科学会の条件を満たした施設です。そのため医療の質に幅のある無認可施設と違い、一定レベルの医療の質が約束されているといえます。

また、検査の説明やカウンセリングに力を入れており、十分に検査内容を理解した上で後悔のない検査実施が出来るよう配慮しています。

この説明とカウンセリングの力の入れようから、聖路加国際病院は検査に寄り添ってほしいと思っている人にとって、安心感と信頼感を提供することができる病院と言えますよね。

ただ注意が必要なのが聖路加国際病院は検査によっては受けられる週数が決められています。NIPTを確実に聖路加国際病院で受けたいと考えるのであれば16週より前に施設と相談することをおすすめします。

いかがでしたか?

今回は東京都にある聖路加国際病院についてご紹介しました。検査項目やサポート体制など何を重視したいのかを考え、検討を進めてくださいね。

\先輩ママおすすめNIPT人気クリニック/