東京都

東京の新型出生前診断(NIPT)おすすめクリニック35選!

こんにちは、一児のママ、編集長のもみじです!

昨今、新型出生前診断(NIPT)を実施できる施設が増加しています。今回は東京のおすすめ施設と施設を選ぶ基準について解説いたします!

NIPTについて知りたい方は先にこちらをご確認ください!

バランスが取れているクリニックは?

検査費用とサポートの手厚さのバランスがとれているのがミネルバクリニック

第3世代スーパーNIPTを国内で唯一扱っていることに加え、陽性になった方には全員院長の携帯電話番号をお伝えして24時間連絡がとれるようにしているという手厚さ。

国内トップクラスのクリニックにも関わらず、検査費用は17.6万円(税込)~と良心的です。

ミネルバクリニックに相談しに行く

目次
  1. ミネルバクリニック
  2. 八重洲セムクリニック
  3. DNA先端医療
  4. 青山ラジュボークリニック
  5. ヒロクリニック
  6. 愛育クリニック
  7. デイジークリニック
  8. 東京⼤学医学部附属病院
  9. 東京医科⻭科⼤学病院
  10. 杏林⼤学医学部付属病院
  11. 慶應義塾⼤学病院
  12. 順天堂⼤学医学部附属順天堂医院
  13. 昭和⼤学病院
  14. 昭和⼤学江東豊洲病院
  15. 帝京⼤学医学部附属病院
  16. 東京医科⼤学病院
  17. 東京慈恵会医科⼤学附属病院
  18. 東京⼥⼦医科⼤学病院
  19. 東邦⼤学医療センター⼤森病院
  20. ⽇本⼤学医学部附属板橋病院
  21. ⽇本医科⼤学付属病院
  22. 総合⺟⼦保健センター愛育病院
  23. 医療法⼈社団飯野病院
  24. 国⽴研究開発法⼈国⽴国際医療研究センター
  25. 国⽴成育医療研究センター
  26. 公益財団法⼈⽇本⾎圧研究振興会附属榊原記念病院
  27. 順和会⼭王病院
  28. 学校法⼈聖路加国際⼤学聖路加国際病院遺伝診療センター
  29. 東京都⽴多摩総合医療センター・東京都⽴⼩児総合医療センター
  30. 独⽴⾏政法⼈国⽴病院機構東京医療センター
  31. ⽇本⾚⼗字社医療センター
  32. 公益財団法⼈東京都医療保健協会練⾺総合病院
  33. ⽇野市⽴病院
  34. 東京都⽴墨東病院
  35. 町⽥市⺠病院
  36. 新型出生前診断(NIPT)とは
  37. 新型出生前診断の検査施設の選び方
  38. いかがでしたか?

ミネルバクリニック

引用元:https://minerva-clinic.or.jp/

国内で唯一「スーパーNIPT」を受検できる施設です。これは、母体から採取した血液から胎児のDNAのみを判別して判定する検査で一般的なNIPTよりも正確性が高いと言われます。(主要な検査項目における偽陽性が0。18トリソミー、21トリソミーについては陽性的中率100%)

ミネルバクリニックでは、オンラインNIPTを受けることができます。つまり、近くに検査できる施設がないという方でも受検することができるのです。採血は近隣の医療機関で行い、診療自体は院長とのビデオ通話で行え、結果や検査過程をミネルバクリニック上の「マイページ」より確認できるようになっています。

現在の院長、仲田洋美医師は遺伝専門医です。NIPT検査を行える機関は少なくないものの、検査を受ける前、検査を受けた後に遺伝カウンセリングを自施設で行える機関は、特に無認可施設では多くありませんが、ミネルバクリニックでは可能です。

国内唯一のスーパーNIPTが受検できるミネルバクリニックは、全ての妊婦に配慮されたオンライン診療体制が整った施設です。遺伝専門医が院長を務め「遺伝診療の世界でモデルケース」であり続ける施設で、日本有数の遺伝の専門家たちにバックアップされた環境で検査を受けることができます。

住所東京都港区北青山2-7-25 神宮外苑ビル1号館2階
最寄駅外苑前駅から徒歩1分
診療時間10:00~14:00
16:00~20:00
休診日火曜・水曜

ミネルバクリニックに相談しに行く

八重洲セムクリニック

2020年に「NIPT先輩ママがおすすめしたい医院」「NIPT安心して任せたい医院」「NIPT妊娠時におすすめの医院」それぞれで一位を獲得した施設が、八重洲セムクリニックです。

アフターフォロー体制がしっかりと整えられた施設です。陽性判定が出た場合、国際出生前診断学会所属、奥野幸彦医師による個別カウンセリングを受けることができます。また、陽性判定が出たとしても新たな病院を探すことなく、その後の対応が可能です。

八重洲セムクリニックでは、費用体系がわかりやすく設定されています。たとえ陽性判定が出て、確定診断が必要になったとしても、その料金が追加で取られることはありません。あらかじめ提示された金額のみの用意でいいのは安心ですね。

出生前診断歴40年を超える産婦人科専門医が在籍し、直接10,000件以上の検査実績がある八重洲セムクリニックは、先輩ママからも多数の支持を集める人気の施設です。たとえ陽性判定が出ても、妊婦自身の不安や心配を取り除くべく、万全のフォロー体制が整えられています。

DNA先端医療

一度DNA先端医療でNIPTを受検すると、2回目以降の受検が半額でできるようになります。また、確定診断が必要になった際の羊水検査の費用は何度目の検査でも、施設側が負担してくれるシステムが整えられています。

検査自体に予約は必要ですが、当日の予約も可能なことに加えて、土日祝日も検査を行うことができます。予約さえ取ることができれば、全国各地の提携医院にて採血。受検が可能なので、忙しい妊婦さんでも受検しやすいですね。

DNA先端医療は顧客満足度が高く、3年連続95%を誇っています。顧客満足度が高い理由は、希望者が認定遺伝カウンセラーによ遺伝カウンセリングを受けることができること。検査の的中率が99.99%と言われる点にあるようです。

第二子出産予定があるなど、複数回にわたってNIPTを受けたい妊婦にとって、費用面で受検しやすい環境が整えられた施設です。いつでも、どこでも検査が可能であることを掲げながらも、顧客満足度の高さを誇る、忙しい妊婦も受検しやすい施設となっています。

青山ラジュボークリニック

検査のプランが数種類用意されており、中でも認証施設で受検可能な13、18、21トリソミーのみの検査は国内最安の8万円(税別)で受検できます。費用面で受検を思いとどまらずに済みますね。

検査日時は土日も対応してくれる上に、1回の来院のみで採血が可能です。また、検査に予約は必要ですが、当日予約、当日検査が可能となっています。検査可能な期間は妊娠10週からですが、妊娠がわかった時点で予約を取ることも可能です。

来院前、検査後どちらでも認定遺伝カウンセラーによる無料相談が受けられます。カウンセリングは電話でも受けることができるので、検査に加えて何度も来院しにくい方でも安心ですよ。

何より検査費用が安いのが最大の特徴です。複数用意されている検査プランの中から予算に合ったプランを選ぶことができます。また、いつでも予約することができるので、忙しい方も利用しやすいのではないでしょうか。遺伝カウンセリングを検査前、検査後共に無料で受けることができるような体制があるので、不安をしっかり解消することができます。

ヒロクリニック

ヒロクリニックのNIPTでは、全常染色体全領域の部分欠失、重複疾患を調べることができるADD検査を受けることができます。ADDはヒロクリニックでしかできない検査になっていますので、詳細な遺伝情報を知ることができます。

ヒロクリニックでは、採取された血液を国内で検査するため検査結果が出るのが早いです。通常は2~5日で結果が届けられますが、特急便オプションを利用することで、2~3日以内に結果を受け取ることが可能です。

検査結果に付随して、陽性スコアレポートを受け取ることができます。陽性スコアレポートとはヒロクリニックで実施したNIPTのデータから、陽性スコアと陽性的中率を組み合わせて出されるもので、自身の結果がどれくらい的中しているかを判断する目安になります。これは仮に検査結果が陽性であった場合、確定診断を受けるかどうかの判断基準として使えます。

国内唯一、ADD検査が実施できる施設であり、検査結果を迅速にもらうことができる施設です。検査を受けた後、比較的すぐに結果を受け取れるので、検査の詳細さと、迅速さを求める方には利用しやすい施設です。また土日の診療も可能なので、忙しい方も受診しやすいのではないでしょうか。

愛育クリニック

愛育クリニックは日本医学会が認定した認定施設です。受検に際しての年齢制限も特にありませんので、染色体疾患に不安を感じる方、染色体疾患の可能性をすでに指摘されている方など、受検を希望すれば検査を受けることができます。

NIPTと同時に、オプションで胎児ドック(同日精密超音波)、心拍チェックを受けることができます。染色体の不安だけでなく、今胎児がどんな状態なのか詳細に知りたい方には嬉しいですね。

愛育クリニックは、総合周産期母子医療センターである愛育病院と連携しています。ハイリスク妊娠にも対応でき、高水準の新生児医療を提供する愛育病院との提携していることで、妊娠中に気になる症状が出た場合も安心できるのではないでしょうか。

日本医学会の認定施設である愛育クリニックは、総合周産期母子医療センターである愛育病院と連携しています。妊娠に際して何かあった時、また出産後に問題があった時にも対応してもらいやすい環境にあるのは安心ですね。また、NIPTと同時に胎児ドックや心拍チェックを受けることができるので、染色体異常以外の不安解消もできる施設となっています。

デイジークリニック

渋谷NIPTセンターの提携医院であるデイジークリニックは20代、30代の妊婦さんに人気の施設です。比較的リーズナブルな料金体系でありながら、13、18、21トリソミーのみの検査から全染色体と微小欠失検査までニーズに合った検査を受けることが可能です。

デイジークリニックではスムーズでスピーディーな検査体制が整えられています。検査にかかる時間は20分と、NIPT提供施設の中でも最短の施設の一つです。また、16時以降の「スピーディスタイル(体力に自信がない、手短に済ませたい方におすすめのスタイル)」の予約に関しては通常料金から割引になるので、金銭的な事情で受診をためらう妊婦さんも受検しやすいです。

デイジークリニックは元々アートメイクなどを施術する美容皮膚科です。そのため美容皮膚科を受診する方、NIPTを受検する方それぞれが通うわけですが、どちらの方も他人の目を気にすることなく通うことができるプライバシーに配慮した環境が整えられています。

スピーディ、そしてリーズナブルな検査が可能な施設です。また、どうしても気になってしまうプライバシーについても、元々美容皮膚科であるためしっかり守られていて安心な施設です。

東京⼤学医学部附属病院

検査費用は19万8,000円~となっています(分娩予定の方)。受付時間は月曜~金曜12時半~17時です。かかりつけ医から紹介状を準備し、本人か紹介医療機関から東大代表電話に連絡、予約してください。
東京⼤学医学部附属病院には周産期遺伝外来があり、希望があれば新型出生前診断(NIPT)を受検できます。NIPTの他に、初期胎児超音波検査にも力を入れており、リスクのない胎児の疾患を調べることが可能です。また出産までの健診を自宅や職場近くの医療機関から選べます。急変や出産の際はすぐ東大病院で対応になりますが、妊婦検診で大学病院まで足を運ぶ手間が省けるのは忙しい人にはありがたいシステムです。同院は周産期母子医療センターになっている為、妊娠から出産までのリスクに対応できる設備が整っています。
東京大学病院は、高齢の分娩実績(2020年)が40歳以上が全体の17%、35歳以上が50%を占めており、リスクを抱えた分娩に研鑽を重ねていると言えそうです。

東京医科⻭科⼤学病院

検査費用や受付時間について公式HPに記載がございませんでした。
東京医科⻭科⼤学病院は2021年に旧医学部附属病院と旧歯学部附属病院が合併し、ますます医療の質を高めたクリニックとなっています。新型出生前診断(NIPT)は、東京医科歯科大学もしくは関連病院で分娩する人に限定されているため、分娩を早期から同院で考えている人におすすめです。分娩室が複数あるので、出産するギリギリになってから部屋を移動せずに済むのはありがたいですね。
東京医科歯科大学で新型出生前診断(NIPT)を受ける場合は、分娩予約から先に取らなければなりません。込み合っているので早めに予約を入れるようにしましょう。

杏林⼤学医学部付属病院

検査費用は21万6,000円~となっています。その他に初診料5,400円や遺伝カウンセリング7,560円(全て税込)がかかります。受け付けは月曜~金曜の15時~16時のみで、問い合わせは電話に限ります。
杏林⼤学医学部付属病院は多磨地域に2施設しかない、スーパー総合周産期母子医療センターに指定されています。母体や胎児に異変があっても、必ず受け入れてもらえるような体制が整っているので安心です。予約受付は公式サイトから簡単に取ることが可能です。予約は他の病院にはあまりない土曜日にも選択枠があり、平日に行くのが難しい人にも取りやすいです。受診当日は夫婦揃っていることが条件です。男性パートナーにも自分の事として受け止めやすくなるので、夫婦そろって受診しましょう。
杏林大学医学部附属病院は、新型出生前診断(NIPT)に関するFAQをしっかり示しており、NIPTを受けたい人の気持ちに積極的に向き合う姿勢が感じられる病院です。予約前に公式サイトを必読した方が良さそうです。

慶應義塾⼤学病院

受検費用は9万6,200円(税別)~となっています。別途、初診料と遺伝カウンセリングで1万5,000円が必要です。受付時間については公式HPに記載がございませんでした。
慶應義塾⼤学病院は外来での感染予防のため、必要な健診以外は遠隔診療を導入しています。もちろん、不安な場合は直接医師に診ていただけます。また胎児外来があり、超音波専門医および周産期専門医が超音波検査で先天性疾患の有無を詳しく調べてくれるので、高齢で不安な方や持病をお持ちのかたは出産も安心できますね。受検予約後であっても、遺伝カウンセリングをしてから受検するかどうか決めていただけます。知識が豊富な医師や認定カウンセラーと話すことで新型出生前診断(NIPT)についてしっかり考え、自分の意思で決めて欲しいといった医師達の強い思いがあります。
慶應義塾大学病院は、新型出生前診断(NIPT)施設認証の基幹施設に認定されており、高い技術と医師達の豊富な知識で不安のある妊婦の方に寄り添った医療を提供してくれます。

順天堂⼤学医学部附属順天堂医院

検査費用をはじめ、新型出生前診断(NIPT)に関する詳細は公式HPに記載がございません。遺伝カウンセリング料については、1万円(税抜)、2回目以降5,000円(税抜)となっています。完全予約制ですので予約診察室へ問い合わせてください。
順天堂⼤学医学部附属順天堂医院は患者さんの満足度調査において、医師・看護師の説明、不安や要望などの傾聴といった対応が非常に高い評価を得ています。また周産期母子医療センターに指定されているので、胎児の先天性異常の知識を有した人がそろっています。積極的に受け入れる体制を整えていることも魅力です。新型出生前診断(NIPT)受検に関する対応は産科・婦人科ではなく、専門の臨床遺伝外来を尋ねましょう。特に詳しく聞きたいという方は臨床遺伝外来に問合せくださいね。
順天堂大学医学部附属順天堂医院では、新型出生前診断(NIPT)に関する詳細は載っていませんでしたが、臨床遺伝外来で患者の気持ちを伺った上で最善の提案や評価を行っています。

昭和⼤学病院

検査費用や受付時間について公式HPに記載がございませんでした。
臨床遺伝医療センターがあり、遺伝専門医や認定遺伝カウンセラーが新型出生前診断(NIPT)を受けたいと思っている人の気持ちを丁寧に汲み取ったり、逆に悩みを聞いて他の提案をする等、積極的に患者に向き合っている事が感じられます。新型出生前診断(NIPT)の2021年の実績は655件と非常に多く、遺伝カウンセリングを含め、新型出生前診断(NIPT)をこの病院で受検したいと思っている妊婦の方が多い事がよく分かります。同院では、出産時に産声を録音してプレゼントしてくれるというサービスがあります。写真を撮ってプレゼントしてくれることはよくありすが、産声のプレゼントというのは粋な計らいですね。
昭和大学病院は、周産期専門医を中心に、助産師から看護師、臨床心理士などで構成されたチームでハイリスク妊婦を受け入れ診療にあたっており、安心して出産も任せることが出来ます。

昭和⼤学江東豊洲病院

検査費用は約16万~、遺伝カウンセリング料は対応した時間により変動します。予約についてはNIPT遺伝外来予約サイトからNIPT外来の予約を行います。
昭和⼤学江東豊洲病院は産婦人科専門医が9名常勤しており、技術だけではなく知識や経験も豊富なエキスパートがそろっていることが魅力です。妊娠9週からの受検が可能で、他の病院よりも1週早く受けられるのはメリットと言えるでしょう。外来の予約サイトで確認すると、直近の予約がほぼ埋まっているのであらかじめこの病院で受検希望の人はチェックしておくと良いでしょう。
昭和大学江東豊洲病院は、開院して間もない大学病院ですが、江東区に一つの新生児集中治療室(NICU)があり他の診療科と共に周産期医療を支えています。

帝京⼤学医学部附属病院

検査費用は約20万~、遺伝カウンセリングは初回が8,000円、2回目以降は5,500円(税込)です。受付時間は初診が月~金の13時~16時半となっています。
帝京⼤学医学部附属病院では新型出生前診断(NIPT)受検希望の方に、医学的な内容を分かりやすく伝えながら、認定遺伝カウンセラーが受検する事のメリットデメリットを伝えてくれます。他の病院よりも新型出生前診断(NIPT)に関する情報や考え方を堂々と分かりやすく載せていて、NIPTを検討している人が選びやすい病院です。また超音波外来があり、胎児に関する先天性の病気により詳しい専門医がいる環境です。周産期外来と連携がはかれるのは安心ですね。
帝京大学医学部附属病院は、新型出生前診断(NIPT)に関して「否定、推奨することなく、気持ちに寄り添いながら意思決定に向けて支援致します。」と記載しており、この言葉があってこそ患者が本当に求める相談というものが出来る病院だと言えます。

東京医科⼤学病院

検査費用や受付時間をはじめ新型出生前診断(NIPT)についての情報が公式HPに記載がございませんでした。遺伝カウンセリング料については初診が13,200円(税込)、再診は30分毎に5,500円(税込)となっています。
東京医科⼤学病院では産科病棟の案内や、赤ちゃん用品の準備など、出産前からの情報をYouTubeで分かりやすく載せています。情報を見たいと思わせるのが上手ですね。また地域周産期母子医療センターに指定されています。ハイリスク妊婦の方も安心して任せられる医療体制が魅力です。そしい遺伝子診療センターに臨床遺伝専門医が13名おり、様々な経験やエビデンスに基づいた知識で、患者に情報を提供してくれます。
東京医科大学病院は、NIPTに関する詳細は載っていませんでしたが、遺伝子診療センターで新型出生前診断(NIPT)を受け付けているようです。気になっている人は問い合わせてみると良いでしょう。

東京慈恵会医科⼤学附属病院

検査費用は約18万~、受付時間については公式HPに記載がございませんでした。
東京慈恵会医科⼤学附属病院は新病院が2020年に開設し、総合周産期母子医療センターとして24時間緊急の搬送に備えて医療体制を整えています。検査には条件があり、該当する場合のみ新型出生前診断(NIPT)を受検できるようです。受検にあたっては胎児を長年診ている周産期専門医、遺伝専門医、超音波専門医が連携をはかりながら診療してくれるので安心感があります。新型出生前診断(NIPT)を受ける場合は、遺伝カウンセリングをおこなった後に実施しているので、悩んでいる場合はまずカウンセリングを受けてみましょう。
東京慈恵会医科大学病院は出生数が年間で約800名前後となっています。大学病院ならではのチームプレーで産科・周産期医療を支えています。出生後の胎児疾患への対応にも力を入れている事がよく分かる病院です。

東京⼥⼦医科⼤学病院

検査費用は17万6,000円~、遺伝カウンセリングは(1時間)2万2,000円となっています。月~金の9時~17時で受け付けていますのでゲノム診療科予約専用電話へ連絡してくださいね。
東京⼥⼦医科⼤学病院は新型出生前診断(NIPT)検査の内容を十分に理解してから判断してほしいという医師達の熱い気持ちが感じられます。臨床遺伝専門医がおり、検査後の結果に関してもしっかりとサポートしてもらえる環境が整っています。新型出生前診断(NIPT)を実施できる基幹施設に指定されており、他院で分娩予定の方も新型出生前診断(NIPT)を受検することが可能です。
東京女子医科大学病院は、遺伝子医療センターを開設し、遺伝の臨床研究に力を入れています。診断と治療を統一し、患者にも優しい医療体制が魅力的です。

東邦⼤学医療センター⼤森病院

検査費用は19万3,600(税込)~となっており、遺伝カウンセリング2回分の費用が含まれています。予約専用HPから予約が必要です。インターネットが使用できない人のみ事前に電話し、直接窓口で予約可能です。
東邦⼤学医療センター⼤森病院は総合周産期母子医療センターに指定されており、ハイリスクの妊婦にも対応出来るようMFICUやNICUを完備しています。また助産師外来があり、妊娠中の様々な不安や悩みに寄り添ってくれます。遺伝カウンセリングとはまた別ですが、妊娠中もサポートしてくれるのはありがたいですね。そして新型出生前診断(NIPT)についての詳細が分かりやすくHPに載せられており、受検を検討している人への配慮を感じる病院です。
東邦大学医療センター大森病院は、令和3年度の分娩件数も675件と多く、たくさんのハイリスク妊婦や胎ついて経験を有した、質の高い医療を提供してくれます。新型出生前診断(NIPT)に関しても、公式サイトから丁寧に向き合ってくれる事が分かる病院と言えます。

⽇本⼤学医学部附属板橋病院

検査費用について公式HPに記載がありませんでした。受け付け時間については産科外来にお問い合わせください。
⽇本⼤学医学部附属板橋病院はハイリスクの妊婦から正常妊娠の方まで制限なく受け入れてくれる病院なので、大学病院での分娩を希望している人には嬉しい体制です。 産科では、遺伝診療に力を入れている事から、新型出生前診断(NIPT)を検討している人の不安にも寄り添い、正しい情報を提供してくれると共に、自己決定に向けて支援してくれるでしょう。 令和4年4月から無痛分娩を開始し、分娩予約が込み合ってきている人気の病院です。
日本大学医学部附属板橋病院は、スーパー母体救命対応周産期母子医療センターに指定されている総合病院です。母体だけではなく、胎児の急変にも十分対応できる専門医や他の診療科と連携して周産期医療を守っています。

⽇本医科⼤学付属病院

検査費用について公式HPに記載がありませんでした。受付時間については女性診療科・産科にお問い合わせください。
日本医科大学付属病院では同院に通院中かつ分娩予定の方のみ新型出生前診断(NIPT)を受検可能ですので、女性診療科や産科を既に受診している人には最適な病院です。 2020年には、遺伝診療を600件行っており、多くの人から遺伝診療科が注目されている事が伺えます。 手術支援ロボットを積極的に導入し手術を無事成功させるなど、低侵襲治療に力を注いでいる向上心のある病院です。
日本医科大学付属病院は、新型出生前診断(NIPT)に関する詳細な情報は掲載がありません。しかし日本医科大学病院で通院・分娩の方のみNIPTの受検が可能と制限を設けている事から、非常に人気が高い病院であることが分かります。

総合⺟⼦保健センター愛育病院

検査費用は13万~となります。胎児ドックを受ける場合は+1万円、胎児心拍チェックは+2,000円となり、Webから予約可能です。現在は電話での予約はおこなっていないようですのでお気をつけください。
総合⺟⼦保健センター愛育病院では超音波外来があります。胎児に異常がないか詳しく調べてくれるので不安が強い妊婦の方も安心して受診していただけます。 新型出生前診断(NIPT)は、原則早産傾向のある人や悪阻で移動困難な人のみ受検でき、その他の方は愛育クリニックで受検を行っています。 出生前コンサルタント小児科医を配置し、不安感が強い方や受検を悩んでいる方の相談を受け付けているようです。直接医師と新型出生前診断(NIPT)について話せるのは考えをまとめる場合には良いかもしれませんね。
総合母子保健センター愛育病院は、総合周産期母子医療センターの指定を受け、年間2,500件の分娩に対応できるチーム医療を行っています。

医療法⼈社団飯野病院

検査費用は飯野病院で分娩の方が9万3,500円(税込)、他院で分娩の方は11万5,500円(税込)となっています。NIPT問診フォームに登録すると、日程調整の電話がかかってくる流れとなります。
医療法⼈社団飯野病院はLDR分娩(陣痛、分娩、回復がまとまっている)を取り入れています。妊婦の体の負担が軽減され、安心してお産に集中することができます。 日本医学会承認の新型出生前診断(NIPT)実施医療機関のため、遺伝カウンセリングが行える体制もしっかり整っています。検査前の不安や検査後のサポートまで一貫していることが強みです。新型出生前診断(NIPT)の基幹施設ですが、他院に比べて検査費用が安く済みます。受検希望の方にとっては非常にありがたい料金体系ではないでしょうか。医療法人社団飯野病院は、新型出生前診断(NIPT)を受けられる妊婦の条件に当てはまれば年齢制限は無く、他院と比べても比較的安価で受検が可能です。

国⽴研究開発法⼈国⽴国際医療研究センター

検査費用について公式HPに記載がありませんでした。受付時間は月~金の10時~17時となっています。新型出生前診断(NIPT)を受検は複数条件に当てはまる人のみ対象となります。分娩予定日時点で35歳以上であることも必要となりますので、諸条件について必ず確認をしておきましょう。
国⽴研究開発法⼈国⽴国際医療研究センターにおける遺伝カウンセリングは、臨床ゲノム科で必ずパートナーと受けることになっています。女性だけでなく、男性側にも新型出生前診断(NIPT)を理解してもらった上で意思確認を行っていることも丁寧な医療に結びついています。 ゲノム医療を受診するにあたっての不安や受検後の話を共有出来る事を目的とした支援サイトを開設しています。
国立研究開発法人国立国際医療研究センターは、遺伝カウンセリングを事前に行ったうえで方向性を決定していくスタイルをとっているので、NIPTを受けようか悩んでいる人にとっては、NIPTのメリットデメリットを改めて把握する場を提供してくれる病院だと言えます。

国⽴成育医療研究センター

検査費用は約10万~となっています。遺伝カウンセリングとして別途約1万円~が必要です。受け付けは月~金です
国立成育医療研究センターでは出生前診断の種類に関係なく、必ず検査の前に遺伝カウンセリングを行っています。 遺伝カウンセリングに力を入れており、検査を受けることだけではなく、何が一番の選択肢なのかを一緒に考えてくれる周産期遺伝外来があります。 他院では、年齢制限を設けている場合もありますが同院は年齢に関しては個別に相談し、受検するかどうかを決定しているようです。
国立成育医療研究センターは、周産期遺伝外来があり2週間先であれば予約を受け付けています。費用に関しては、大学病院よりも若干安く設定されているので、金額面でためらっている方にもおすすめです。

公益財団法⼈⽇本⾎圧研究振興会附属榊原記念病院

検査費用や受付時間について公式HPに記載がありませんでした。
同院は臨床遺伝科において小児科医の経験を活かした女性医師が対応しています。遺伝カウンセリングも行っており、女性だからこそ悩む新型出生前診断(NIPT)の相談にも丁寧なアドバイスをしてくれます。 榊原記念病院は循環器病院という強みを活かし、胎児や母体の先天性心疾患などハイリスクな状態でも徹底してサポートしてくれる力強いチーム医療を提供しています。 無痛分娩を取り入れており、妊婦さんの分娩時の要望にも積極的に対応しています。
日本財団法人日本血圧研究振興会附属榊原記念病院は、循環器疾患に強く、産科の医師も循環器系の知識が豊富なようです。先天性の病気があっても母子に最良の医療で分娩を手助けしてくれます。

順和会⼭王病院

検査費用について公式HPに記載がありませんでした。受け付けに関し妊婦さんから直接の予約は受け付けていないようですので、かかりつけ医から紹介をもらうようにしてください。
順和会山王病院は、妊娠11週から16週までの妊婦を対象としており、受検出来る期間が他院より短いので注意が必要です。 産婦人科専門医と1次遺伝カウンセリング、遺伝専門医もしくは遺伝カウンセラーと2次カウンセリングを受けたのち、検査するか検討できます。検査の前後にカウンセリングはよくありますが、検査前に2回カウンセリングを行うのは珍しく、医師達の患者に対する配慮が感じられます。 胎児ドックも受けることが出来ます。NIPTだけでは不安だと思う方に向いており、形態異常などをいち早く見つけることが出来るので、他院でも希望者が多い検査です。
「お産の山王病院」として勇名を馳せており、産科医療を長年盛り上げてきた病院です。妊娠出産に関わる悩みに数多く向きあっているので、こんなことも相談できるかな…と悩んでいる人の助けになるような病院と言えるでしょう。

学校法⼈聖路加国際⼤学聖路加国際病院遺伝診療センター

検査費用について公式HPに記載がありませんでした。受付時間は月~金の9時~16時半となっています。
同院では2020年の遺伝カウンセリング症例数が559件あり、高齢出産の方や新型出生前診断(NIPT)を検討している人の問い合わせが多いそうです。 小児神経外来があり、出産後に見つかる病気や症状に関する医療にも力を注いでいます。出産後に見つかる病気も非常に多いので、フォローアップがある病院はありがたいです。 LDR分娩を行っているので、妊婦の陣痛時や分娩後の移動がなく、負担が少ないのは嬉しいポイントです。
学校法人聖路加国際大学聖路加国際病院遺伝診療センターでは、患者が新型出生前診断(NIPT)検査することをどう受け止めるかを考える場となるように遺伝カウンセリングの在り方を伝えています。あくまでも、意思決定を支えサポートするという考え方を徹底しているので、自身の考えをしっかり整理出来そうです。

東京都⽴多摩総合医療センター・東京都⽴⼩児総合医療センター

2022年8月現在新型出生前診断(NIPT)検査は施行していないようです。また遺伝カウンセリング外来のみの受診も行っておりません。22年10月からWebから予約が可能になります。
同院はスーパー総合周産期母子医療センターであり、切迫早産や胎盤剥離などのあらゆるハイリスク妊娠にも対応できる、胎児や新生児の疾患にも安全な医療を提供する体制を整えているので、安心して日々を過ごすことができます。 新生児専用救急車を出動させる、新生児搬送の経験は全国1位だそうです。新生児の状態を把握するスペシャリストがいるというだけでここなら安心と思わせてくれるような高い技術と経験を積んだ医者スタッフがいるので心強いですね。 分娩方法は、通常分娩のみ行っていますが、22年7月より無痛分娩を取り入れているので、希望者が増えることが見込まれます。
東京都立多磨総合医療センターおよび東京都立小児総合医療センターは、産科のQ&Aによると新型出生前診断(NIPT)は施行していないとありましたが、実際はこちらで分娩予定の方のみ新型出生前診断(NIPT)を受検できるようです。2022年10月以降の情報を期待しましょう。

独⽴⾏政法⼈国⽴病院機構東京医療センター

検査費用について詳細は予約時に聞けるようです。公式HPに記載のあった情報としては遺伝カウンセリング料(初診1h)1万1,000円ごあります。予約受付については記載がありません。
同院では遺伝子診療科があり、遺伝専門医や認定遺伝カウンセラーが遺伝検査に関する支援を行っています。新型出生前診断(NIPT)についての詳細の記載はありませんが、遺伝カウンセリングでは患者の意思を尊重してくれる病院であることが伝わってきます。 産科では、「手ぶらでお産プロジェクト」を立ち上げ、お産グッズを揃えて配布し妊婦の手間や負担軽減に注目している産院です。意外に自分で準備するのは大変ですが、揃っているとありがたいですよね。また産科病棟には同科が運営しているインスタグラムがあります。最新の情報や、出産した人の口コミ等が載っており、こちらで分娩を検討している人はフォローしておくと有益な情報が得られそうですね。
独立行政法人国立病院機構東京医療センターは、地域の医療機関と医療機器を共同利用したり、電子カルテを登録医も参照できるシステムを導入するなど、地域医療を盛り上げています。常に最新の情報や技術を目指しているところが素晴らしいです。

⽇本⾚⼗字社医療センター

検査費用や受付時間については公式HPに記載がありませんでした。
⽇本⾚⼗字社医療センターではセミオープンシステムを導入しているので、出産前まで自宅や職場近くの産婦人科で妊婦健診を行うことが可能です。行くまでの時間や、待ち時間の短縮で母体の負担が減るだけでなく、緊急性の高い人にも手がまわり、Win-Winな関係が成立します。また同院はスーパー周産期母子医療センターに指定されています。様々な診療科のスペシャリストと母体の救命に全力で取り組んでくれます。100%の受け入れ体制なので、自身が急変した時も、すぐに対応してもらえます。 助産師外来があるので、ちょっとした不安や質問など、医師には聞きづらいと思うようなことも、助産師に聞くことが可能です。
日本赤十字社医療センターは、新型出生前診断(NIPT)についての詳しい詳細はありませんが、遺伝部では先天性の疾患を検査してくれると記載されていたので、こちらで出生前診断が可能か一度担当医に相談することをおすすめします。

公益財団法⼈東京都医療保健協会練⾺総合病院

検査費用は13万2,000(税込)、カウンセリング外来は初診が5,500円(税込)、再診が1,100円(税込)となっています。電話をはじめ、外来受診日にも予約が可能です。
公益財団法⼈東京都医療保健協会練⾺総合病院では2022年7月より新型出生前診断(NIPT)受付を開始しています。しかし以前より出生前検査カウンセリング外来を設け、出産に不安のある方のサポートを行っている、新型出生前診断(NIPT)に注力している基幹施設と言えそうです。検査はNatera社に提出しているそうなので、検査機関にこだわりがある人は確認しておきましょう。 出生前診断を受けないことも選択肢の一つとしており、新型出生前診断(NIPT)について悩んでいる人は一度相談してみると中立の立場から意見が聞けそうです。
公益財団法人東京都医療保健協会練馬総合病院は、医療の質向上活動(MQI)に取り組みながら、日々最新の情報を取り入れた医療を目指しており、志を高く持っていることが非常に伝わってくる病院です。

⽇野市⽴病院

検査費用は15万4,550円(税別)、別途カウンセリング料初診4,320円(税別)がかかります。受け付けは平日のみ13時~17時の間となっています。
⽇野市⽴病院は超音波・遺伝相談外来で、新型出生前診断(NIPT)に限らず様々な方法で不安解消の検査を行っています。早期発見することで、出産後の処置や準備がスムーズに行えるのが一番のメリットですよね。 また同院では精密超音波検査も行っています。発育具合や、新型出生前診断(NIPT)では分からない病気なども発見できるので、合わせて検査するのがおすすめです。 小児科と産婦人科で連携しながら、出産前から出産後もワンチームとなりサポートしてくれる心強い体制が魅力です。
日野市立病院は、数多くの妊婦からの支持を得ており、リアルな口コミを公式サイトに載せていることも、より魅力を際立たせていますね。

東京都⽴墨東病院

検査費用や受付時間について公式HPに記載がありませんでした。24時間体制で救命救急センターを稼働しています。万が一の時も受け入れ体制が出来ているのはありがたいですね。
都立病院で初の周産期母子医療センターで母体搬送受け入れが最多です。MFICUやNICUを完備しており、ハイリスクの可能性が高い人には、もしもの不安を軽減出来るおすすめの病院です。 手術支援ロボットを導入し、最新の技術で患者の負担をへらした手術を積極的に行っています。婦人や泌尿器科などではすでに実施がされているようです。
東京都立墨東病院は、新型出生前診断(NIPT)に関する詳細は載っていませんでしたが、周産期母子医療センターとしてハイリスクな母体や胎児の先天性疾患に柔軟に対応できる総合力の高い病院といえます。

町⽥市⺠病院

検査費用は15万1,800円、カウンセリング料は4,320円となっています。受け付けし平日9時~17時となっていますができる限り早めにご相談くださいね。
町⽥市⺠病院では産科、新生児内科で周産期医療を提供しています。ハイリスクから通常の分娩も対応可能な新型出生前診断(NIPT)の基幹施設です。資格を持った医師または遺伝カウンセラーがカウンセリングを行っています。ご自身の考えと向き合い、意思決定をサポートしてくれます。新型出生前診断(NIPT)希望者は遺伝相談外来で遺伝カウンセリングを受診することが必須です。新型出生前診断(NIPT)を受ける前に専門医に必ず検査の内容を確認して、メリットデメリットを把握しておきましょう。
町田市民病院は、出産前から出産後のサポートまでを一貫して行ってくれる、周産期母子医療センターです。24時間体制で緊急の受け入れを整え、通常分娩からハイリスク妊娠まで幅広く対応してくれます。

東京で受検できる新型出生前診断(NIPT)の施設についてご紹介しました。

新型出生前診断(NIPT)とは

新型出生前診断(NIPT)とは妊婦の血液を採取して、その血液から胎児に染色体異常が見られないかなどを検査するものです。母体に直接穿刺をする絨毛検査、羊水検査とは異なり確定診断はできないものの、母体を傷つけることなく、胎児の染色体異常の有無がわかるようになっています。

受検しやすい体制が整っている

NIPTを受検できる施設は、認定施設と無認可施設があります。これは日本医学連合会による認定があるか、ないかの違いです。認定施設には受検条件がいくつかあるのですが、最近この条件が見直されました。

今まで受検者は35歳以上とする、とした年齢制限があったのですが、この条件が撤廃されました!

また、日本医学連合会による認定要件が拡大されたことでより安心して受検できる認定施設が増加してきています。不安があればどんな方でも検査を受けやすい体制が整ってきているのです。

受検者は年々増加

日本でNIPTは2013年から臨床研究として開始しています。2013年から2020年3月までの調査によると、2013年度のNIPT受検数は7,775件であったのに対し、2019年度は14,288件と受検数は年々増加傾向があります。

特に近年の傾向として、受検者数が増え、検査ができる施設が増加している事実はあります。

しかし覚えておいていただきたいのは、全員が受検しなければならない必須の検査ではありません。現時点では任意の検査であることは念頭に置いておく必要があるかと思います。

新型出生前診断の検査施設の選び方

東京だけでも30を超える医療施設でNIPT検査が可能です。選択肢が多いと判断に困ってしまいますね。ここでは、どのような観点で施設選びをするかについて解説します。

検査項目

認定施設で受検できる検査項目は以下の3項目のみです。

  • 21トリソミー(ダウン症候群)
  • 18トリソミー(エドワーズ症候群)
  • 13トリソミー(パトウ症候群)

一方で、認可外施設では希望に応じて多岐にわたる検査(全染色体・微小欠失検査など)を受検できます。

認可外施設における検査項目は施設によって異なります。もし具体的な不安があって受検を希望される場合には、事前に検査項目について確認しておきましょう。

遺伝カウンセリングの有無

遺伝カウンセリングとは、染色体や遺伝子が関与している生まれつきの病気や体質について相談できるところです。単なる情報提供に留まらず、妊婦さん自身がベストな選択ができるようサポートすることが役目となります。

認定施設では、カウンセリングを受けられる体制を整えることが求められているため、必ず遺伝カウンセリングを受けることができます。認可外施設については施設によって遺伝カウンセリングが受けられる、受けられても有料、そもそも受けられない等ありますので、事前に確認が必須です。

アフターフォローの手厚さ

NIPTは受検して終わりではありません。もちろん検査項目に対し全て陰性であれば染色体や遺伝子に関して特に心配なく妊娠生活を送れるかと思います。

もし陽性であった場合、遺伝カウンセリングを適切に受けられるのか。確定診断である羊水検査などを同施設で受検できるのか、できないならば費用面などで何かサポートはあるのか。確定診断でも陽性が出た場合、その後の判断、処置、医療サポートはどうなっているのか。

これらは施設によって全く違ってくるので、自身の希望と照らし合わせて安心な場所を選ぶことが必要ですね。

費用

NIPTは自由診療です。ですから、受検する施設によって金額が変わってきます。手軽ではありますが、決して安い検査ではないので自分が納得できるところを探す必要があります。

口コミ

あなどれないのは口コミです。特に検査結果が出るまでの日数は施設からのアナウンスも参考にはなりますが、やはり実体験を伴った口コミの方がよりリアルかと思います。深追いしない程度で、受検したい施設の様子を見知っておくとイメージがつきやすくなるかと思います。

認可・認可外施設

検査施設の選び方はいろいろありますが、何よりも重視すべきなのは認可施設にするのか、無認可施設にするのか。これは考えておきたいポイントですね。どちらにもメリットはあり、デメリットもあります。無認可施設であったからといっても、一概に質の悪い検査が提供されるわけではありません。検査項目、遺伝カウンセリングの有無、アフタフォロー、費用などいろいろと加味して選択していくことが大事です。

最後はご自身が納得ができる内容か

とはいえ、無認可施設における検査でトラブルが増加していることも事実です。遺伝カウンセリングが不十分であることによる混乱、検査管理体制の不備など妊婦が不利益を被る事態が施設によってはないと言い切れない状況です。ですから受検にあたっては自分が納得できて、安心して受けられるところを選ぶこと。これが何より必要であると言えるのではないでしょうか。

東京のNIPT検査施設について知りたい方はこちら!

いかがでしたか?

NIPTが受検できる施設を選ぶ基準、実際のおすすめ施設について説明しました。施設を選ぶのは妊婦であるご自身です。手軽ではありますが、命に関わる検査ですので、自分がしっかり納得できて、安心できる施設を選ぶことができるといいですね。