長野県

長野の新型出生前診断(NIPT)おすすめクリニック3選!

こんにちは、一児のママ、編集長のもみじです!

長野県で受検できる新型出生前診断(NIPT)についてご紹介します。

最近少しずつ耳にする機会が増えたNIPT。認知度の高まりとともに受検者数も右肩上がりで急増しています。

今回は長野県で受検できる施設についてご紹介します。

今回ご紹介する施設
  1. ミネルバクリニック
  2. 平石クリニック 長野提携院
  3. 信州⼤学医学部附属病院

についてご紹介しています。

バランスが取れているクリニックは?

検査費用とサポートの手厚さのバランスがとれているのがミネルバクリニック

第3世代スーパーNIPTを国内で唯一扱っていることに加え、陽性になった方には全員院長の携帯電話番号をお伝えして24時間連絡がとれるようにしているという手厚さ。

国内トップクラスのクリニックにも関わらず、検査費用は17.6万円(税込)~と良心的です。

残りの妊娠期間を安心して過ごしたいなら!まずは相談してみましょう!

ミネルバクリニックに相談しに行く

ミネルバクリニック

引用元:https://minerva-clinic.or.jp/

おうちで受検できるオンラインNIPT

検査を受けたいけど悪阻で外出が難しい…そんな方にもおすすめ!

ミネルバクリニックではビデオ通話を用いて遺伝カウンセリングをする、オンラインNIPTの体制が整っています。

体調が安定しない、予約をとっても当日行けるかわからない…という方にも嬉しいシステムですね。

診療の流れ

  1. ミネルバクリニックの公式サイトより予約する
  2. 基本料金をオンライン決済で支払いする
  3. ビデオ通話を用いたオンライン形式で診察(遺伝カウンセリング)する
    ※基本料金を超えた分についてオンライン決済にて支払う
  4. 近隣の医療機関で採血してもらう
    ※キットは紹介状とともに郵送されてきます
  5. 採血後のキットをミネルバクリニックに返送
  6. マイページから結果を確認

これなら私にもできそう!

NIPTの検査自体は母体からの採血のみとなります。

遺伝カウンセリング、採血ともにミネルバクリニックに出向く必要はありません。働いている方や小さなお子さんがいる方などにも嬉しいですね。

マイページ上で検査経過~検査結果を確認可能

検査結果は専用のマイページから確認が可能です。まだかな…という気持ちに寄り添うべく、検査の過程も確認が可能です。

また他の医療施設でNIPTを受けた方が、遺伝カウンセリングの一環として結果の確認や陽性後の相談することも可能です。

院長先生ご自身もお子さんを持つ先輩ママとのこと。ママの不安な気持ちを汲み取った、「すべての妊婦に寄り添う」姿勢を感じますね!

住所東京都港区北青山2-7-25 神宮外苑ビル1号館2階
最寄駅外苑前駅から徒歩1分
診療時間10:00~14:00
16:00~20:00
休診日火曜・水曜

ミネルバクリニックに相談しに行く

平石クリニック長野提携院

引用元:https://www.nipt-clinic.jp/lp/

確定診断費用の負担

NIPT検査を受検して陽性となった場合、平石クリニックではその後に受ける羊水検査費用について費用負担をしてくれます。

羊水検査は妊娠15週から17週に受検する場合が多いと言われます。その他にも妊娠10週から13週と比較的早期に行われる、胎盤の一部である絨毛を採取して検査する絨毛検査、微小欠失の羊水検査についても費用を負担してくれます。

確定診断を受ける施設が日本国内であればどこで受けても費用負担をしてくれるのも嬉しいポイントですね(医療機関までの交通費等は実費)。

確定診断は施設によって費用は異なりますが、約6万円から20万円と言われていますので、自身が安心して任せられる施設で、自己負担なく検査を受けられるのは不安の解消につながるのではないでしょうか。

住所長野県長野市南千歳町826 シーワンビル5F
最寄駅JR長野駅 徒歩3分
診療時間10:00~19:00
休診日不定休

平石クリニックに相談しに行く

信州⼤学医学部附属病院

公式HPに情報記載なし

信州⼤学医学部附属病院は長野県の新型出生前診断(NIPT)の基幹施設に認定されていますが、2022年9月時点で公式HPに情報の掲載はございませんでした。

今後の動向に注目したいですね。

いかがでしたか?

今回は長野県で受検できる新型出生前診断(NIPT)施設についてご紹介しました。

妊婦やその家族の不安を解消する手段のひとつである新型出生前診断(NIPT)。リスクの低さや受検体制が整っているなどの理由から、受検者は右肩上がりで急増しています。みんなやっているから…など安易な気持ちではなく、しっかりとご自身の考えを持って受検をしてくださいね。

※記事内容は2022年9月現在のものです。受付が可能か、必ず確認の上予約をお願いいたします。