愛知県

愛知(名古屋)の新型出生前診断(NIPT)おすすめクリニック11選!

こんにちは、一児のママ、編集長のもみじです!

愛知県で受検できる新型出生前診断(NIPT)についてご紹介します。出産までの十月十日は短いようで長いです。早いうちに不安は取り除いておきたいですね。今回は愛知県で受検できる施設についてご紹介します。

今回ご紹介する施設
  1. ミネルバクリニック
  2. NIPTクリニック 名古屋院(DNA提携院)
  3. 名古屋⼤学医学部附属病院
  4. 名古屋市⽴⼤学病院
  5. 藤⽥医科⼤学病院
  6. 名古屋市⽴⼤学医学部附属⻄部医療センター
  7. あいち⼩児保健医療総合センター
  8. 岡﨑市⺠病院
  9. 豊橋市⺠病院
  10. ⽇本⾚⼗字社愛知医療センター名古屋第⼀病院
  11. ⽇本⾚⼗字社愛知医療センター名古屋第⼆病院

についてご紹介しています。

施設までの距離だけでなく、ご自身の考えと近いクリニックはどこかも考えてみてくださいね!

バランスが取れているクリニックは?

検査費用とサポートの手厚さのバランスがとれているのがミネルバクリニック

第3世代スーパーNIPTを国内で唯一扱っていることに加え、陽性になった方には全員院長の携帯電話番号をお伝えして24時間連絡がとれるようにしているという手厚さ。

国内トップクラスのクリニックにも関わらず、検査費用は17.6万円(税込)~と良心的です。

ミネルバクリニックに相談しに行く

ミネルバクリニック

引用元:https://minerva-clinic.or.jp/

オンライン診療に対応

日本全国、地域を限定することなくオンラインで診療することが可能です。以下が流れとなります。

  • ミネルバクリニックのホームページより予約をとる
  • 基本料金をオンライン決済で支払い(VISA、マスターカードが利用可能)
  • ビデオ通話形式で診察(遺伝カウンセリング)をし、基本料金を超えた分についてオンライン決済で支払う
  • 検査採血のため近隣の医療機関で採血してもらう
    ※ミネルバクリニックより採血のキットと紹介状が送付されてくる
  • 検査結果はミネルバクリニック上の患者専用マイページから確認が可能
    ※検査過程も含めて確認が可能

なお他院で新型出生前診断(NIPT)を受けた方が、その結果や陽性後の対応を相談することも遺伝カウンセリングの一環として可能です。
一度もクリニックに行くことなく完結するシステムは妊婦さんにとって嬉しいポイントですね。

住所東京都港区北青山2-7-25 神宮外苑ビル1号館2階
最寄駅外苑前駅から徒歩1分
診療時間10:00~14:00
16:00~20:00
休診日火曜・水曜

ミネルバクリニックに相談しに行く

NIPTクリニック 名古屋院(DNA提携院)

NIPTクリニック 名古屋院はDNA先端医療と提携しています。

どんなママでも検査を受けやすい体制

DNA先端医療のNIPT検査は年齢制限がなく夫婦同伴でなくても受検可能であることが特徴です。また事前に予約した医療機関で受けることができ、土日の検査にも対応しています。検査結果は最短で6日、メールか郵送で受け取ることが可能です。

忙しいママにも嬉しいスピーディな検査

仕事や子育てをしているママだと、検査のために長時間予定を空けるのが難しい方もいますよね。

NIPTクリニックなら検査日は20~30分で終了します!

スピーディーに検査を受けられることはこの時期の体調が安定しないママにはありがたいことかと思います。検査は妊娠10週目から可能で、当日の予約にも対応しているので、予定を立てづらい方にもおすすめです。

さらに妊娠32週目までの妊婦さんは受検が可能です。多くの医療施設は妊娠15週目までを検査期間として定めているところが多いです。

迷っているうちに対象期間から外れてしまった…という方にも嬉しいですね!

住所愛知県名古屋市西区
最寄駅名古屋駅 8分
診療時間10:00〜19:00
定休日日・祝

NIPTクリニック 名古屋院に相談しに行く

※DNA先端医療のページに遷移します

名古屋⼤学医学部附属病院

検査費用は約230,000円、受付時間は平日の9:00-16:00です。
名古屋⼤学医学部附属病院では現在通院中の医療機関の主治医からFAXでの申し込みがあれば検査が可能です。 同院には総合周産期母子医療センターが設立されています。 小児外科医が新生児の専門的な手術をおこなえる東海地方では数少ない病院のひとつです。また、胎児異常を診断する技術に優れていて早期治療や胎児の状態で治療をおこなうことができます。
名古屋大学医学部付属病院は明治初頭から医療を提供している国立病院で、国際医療施設評価認証機関の認証を得ています。

名古屋市⽴⼤学病院

検査費用は約88,000円~、受付時間は火曜日・水曜日・金曜日の15:30-16:30までとなっています。他の医療機関に通院中の方は紹介状が必要ですのでお気を付けください。
名古屋市⽴⼤学病院では総合周産期母子医療センターを開設しており、胎児期から出生後に必要とされる医療の提供をしています。 スタッフ全員が日本産科婦人科学会専門医で先端医療に取り組んでいます。
名古屋市立大学病院は特定機能病院として専門性の高い医療を提供しています。また、各科とも連携がスムーズで迅速に治療を進めることができる特徴があります。

藤⽥医科⼤学病院

公式HPに検査費用の記載はないようです。受付時間は月曜日~金曜日の8:45-19:00、土曜日は8:45-12:00となっています。
藤田医科大学病院は日本医学会が認定した新型出生前診断(NIPT)を安心して受けられる施設の一つです。 同院には臨床遺伝科があり、遺伝カウンセラーが在籍しています。 他の医療機関に通院中の方も検査をすることができますが主治医からの予約が必要ですのでお気を付けください。
藤田医科大学病院は病床数1,400以上の大規模医療機関です。総合周産期母子医療センターもあり、40科目以上の専門的診療科があります。

名古屋市⽴⼤学医学部附属⻄部医療センター

公式HPに検査費用の記載はありません。 受付にあたり産婦人科初診外来あてにFAXでの申し込みが必要となります。
名古屋市⽴⼤学医学部附属⻄部医療センターは2014年2月12日付で日本医学会より新型出生前診断(NIPT)の認可を受けています。 NIPT外来があり、産婦人科、小児科と連携をとり検査を実施しています。 他の医療機関で分娩予定の方も検査可能ですが主治医からの紹介状が必要ですのでお気を付けください。
名古屋市⽴⼤学医学部附属⻄部医療センターには「臨床遺伝専門医」が在籍しています。地域周産期母子医療センターもあり、新生児集中治療室や母体胎児集中治療室の設備があります。緊急時に対応できる病院です。

あいち⼩児保健医療総合センター

検査費用は161,270円、受付時間は火曜~土曜の9:00-17:00です。他の医療機関に通院中の方は主治医を通じて予約を取れば検査は可能です。
あいち小児保健医療総合センターは、日本医学会の新型出生前診断(NIPT)認定施設です。 子どものための保健医療機関のため成人を診療する科の設定がありませんが、近隣の総合病院と連携を図って治療をおこなっています。
同院は愛知県で唯一「医療部門」がある小児医療専門施設です。治療が難しいとされた場合も先進的な医療と専門医によるチーム医療で治療をします。

岡﨑市⺠病院

NIPTの記載が病院のHPに掲載されていないようです。
岡﨑市⺠病院は愛知県の新型出生前診断(NIPT)の基幹施設として認定されていますので、今後の動向に注目していきましょう。

豊橋市⺠病院

検査費用は148,770円~、受付時間は8:30~11:30となっています。検査対象者は東三河に現住所があり、検査後に病院へ通院できるまたは分娩予定の方となっています。他の医療機関からの場合は主治医を通しての予約が必要です。
豊橋市民病院は、総合周産期母子医療センター、総合生殖医療センターも設置されています。 豊富な診察経験を有する産婦人科専門医、小児科専門医、臨床遺伝専門医が常時勤務しています。
豊橋市民病院は救命救急センターのある3次救急をおこなう基幹病院です。東三河エリアの周産期医療の役割として機能しています。

⽇本⾚⼗字社愛知医療センター名古屋第⼀病院

検査費用は公式HPに記載がありませんでした。 受付時間は平日の13:00-17:00です。
日本赤十字愛知医療センター名古屋第一病院は日本医学会が認定する新型出生前診断(NIPT)検査施設です。 臨床遺伝専門医・認定遺伝カウンセラーによって検査情報の提供をおこなっています。 妊娠中から産後までケアをしてくれる「バースセンター」という施設があり、出産に向けての教室や助産師さんのサポートを受けることができます。
日本赤十字社愛知医療センター名古屋第一病院は、診療科目も充実していて高い技術と専門医が多くいます。産婦人科は、周産期・不妊症治療など安全に医療を提供していて、小児科との連携もとれてるので安心です。

⽇本⾚⼗字社愛知医療センター名古屋第⼆病院

検査費用は233,280円、受付時間は平日の13:00-16:30です。通院中の医療機関より紹介状があれば検査は可能です。
日本赤十字愛知医療センター名古屋第二病院は、臨床遺伝診療科が併設されており、出産に不安のある方にはおすすめです。 臨床遺伝専門医がカウンセリングをおこなっています。 総合周産期母子医療センターの指定を受けています。県内各地の病院から母体搬送を積極的に受け付けている病院です。また、近郊の産科施設とも連携をしています。

いかがでしたか?

今回は愛知県で受検できる新型出生前診断(NIPT)施設についてご紹介しました。
記事内容は2022年8月現在のものです。受付が可能か、必ず確認の上予約をお願いいたします。しっかり内容を比較検討してベストな選択をしてくださいね。