山梨県

山梨の新型出生前診断(NIPT)おすすめクリニック4選!

こんにちは、一児のママ、編集長のもみじです!

山梨県で受検できる新型出生前診断(NIPT)についてそれぞれの施設の特徴をご紹介します。

これまでの出生前診断は母体や胎児へのリスクが高く、不安な気持ちに寄り添う検査ではありませんでした。今回ご紹介する新型出生前診断(NIPT)の検査は血液検査のみで結果が分かり、従来の検査方法と比較しても非常にリスクが低い検査です。

NIPTについて知りたい方は先にこちらをお読みください!

今回ご紹介する施設
  1. ミネルバクリニック
  2. ⼭梨⼤学医学部附属病院
  3. 独⽴⾏政法⼈国⽴病院機構甲府病院
  4. ⼭梨県⽴中央病院

についてご紹介しています。

バランスが取れているクリニックは?

検査費用とサポートの手厚さのバランスがとれているのがミネルバクリニック

第3世代スーパーNIPTを国内で唯一扱っていることに加え、陽性になった方には全員院長の携帯電話番号をお伝えして24時間連絡がとれるようにしているという手厚さ。

国内トップクラスのクリニックにも関わらず、検査費用は17.6万円(税込)~と良心的です。

残りの妊娠期間を安心して過ごしたいなら!まずは相談してみましょう!

ミネルバクリニックに相談しに行く

ミネルバクリニック

引用元:https://minerva-clinic.or.jp/

日本で唯一、スーパーNIPTの受検が可能

それまでのNIPT検査に比べより正確な結果を出すことができる「スーパーNIPT(第3世代NIPT)」と呼ばれる検査を受けることができます。

スーパーNIPTを受検できるのに日本ではミネルバクリニック一社のみです。

第3世代NIPTが受検できるクリニックを比較したい!できるだけ安いクリニックで受けたい!

と思っても日本で受検ができるのはミネルバクリニックだけですのでお気をつけください。

スーパーNIPTは、高い精度を特徴としており

  • 13トリソミー
  • 18トリソミー
  • 21トリソミー
  • 微細欠失症候群

における偽陰性はゼロとなっています。また18トリソミー、21トリソミーの陽性的中率は100%とされています。

オンラインNIPTの実施

いざミネルバクリニックで受検したいと思っても、東京のクリニックまでが遠く足を運ぶのが難しければ検討すらできないですよね。

同院では様々な理由で来院が難しい方のために、ビデオツールを用いてオンラインNIPTが実施できる体制を整えています。

  1. 遺伝カウンセリング:ビデオ電話を用いてオンライン上で実施
  2. 血液検査:ご自宅・職場近くの医療施設で実施(紹介状が発行されます)

支払いもカード決済が可能ですので、一度もクリニックに出向く必要がありません。体調が安定しないこの時期の妊婦さんに嬉しいシステムですね。

今やオンラインでやり取りをすることは珍しくありません。

絶対に対面でカウンセリングしたい!

 

という強い思いがない限り、オンラインで完結するこの体制は嬉しいですね。

住所東京都港区北青山2-7-25 神宮外苑ビル1号館2階
最寄駅外苑前駅から徒歩1分
診療時間10:00~14:00
16:00~20:00
休診日火曜・水曜

ミネルバクリニックに相談しに行く

⼭梨⼤学医学部附属病院

検査費用は公式HPには記載がありませんでした。受付時間は午後2時~午後6時となっています。

山梨県のNIPT基幹施設

⼭梨⼤学医学部附属病院には日本胎児心臓病学会で認定された「胎児心エコー認証医」がおり、胎児の疾患をより詳しく診てくれます。エコーのスペシャリストがいるというだけでも安心材料になりますね。

NIPT検査をするには同院で分娩をする必要あり

同院で分娩予定の人のみ、新型出生前診断(NIPT)検査が可能です。非常に混み合っているようなので、山梨大学医学部付属病院での受験を希望する方は早めに予約を行った方がよさそうです。 また胎児の先天性疾患を年間10例以上分娩施行しており、先天性疾患に対応した医療や技術が高いことが伺えます。

山梨大学医学部附属病院は、生殖医療センターが併設されており、妊娠を望む人への悩みに配慮された医療提供がされていると言えそうです。

独⽴⾏政法⼈国⽴病院機構甲府病院

検査費用は約21万円~、別途遺伝カウンセリング料として約1万円が必要です。受付時間は月曜日~金曜日の14時~16時です。

山梨県のNIPT基幹施設

独⽴⾏政法⼈国⽴病院機構甲府病院では、分娩をどこで行うかによって予約方法が異なります。

  1. 同院で分娩希望の人
    11週までに産婦人科外来を受診し、NIPT希望と伝え遺伝カウンセリング予約を行います。
  2. 他院で分娩希望の人
    11週までに遺伝カウンセリング外来に電話予約し、医師の紹介状や情報提供書および確認書を準備しておく必要があります。

地域周産期母子医療センターで受け持ちのスタッフが固定されている点が、患者にとっては話しやすい環境作りに一役かっているようです。 また助産外来があり、妊娠中から心身の状態を支援してくれます。個別指導が妊娠週数に応じて細かく振り分けられているので、あまり不安に思わずに気軽に相談してみると良いかもしれません。

同院は地域医療連携室になっており、医療機関と密に関わりながら最適な場所で最高の医療を提供できるよう務めている、助け合い精神を強く持ったクリニックです。 通常分娩だけでなく、ハイリスク妊婦にも対応した分娩を行っており、NICUも完備しているため赤ちゃんの疾患や生まれつきの病気にも高度な医療が提供できる施設です。

⼭梨県⽴中央病院

検査費用、受付時間ともに公式HPに記載がありませんでした。産科外来に直接連絡して確認をしましょう。

山梨県のNIPT基幹施設

⼭梨県⽴中央病院は山梨県で唯一の周産期センターとあって、年間700件以上の分娩をこなしています。 遺伝専門医と認定遺伝カウンセラーのどちらかとカウンセリングを受けたのちに夫婦の希望を確認しています。受検に踏み切れず迷っている方には嬉しい、親身になった対応が期待できます。

NIPT検査以外も可能

日本医学会が認定している施設で、新型出生前診断(NIPT)だけでなく妊娠初期超音波検査の資格を持った医師が対応しています。高い技術を持った医師がいることは新型出生前診断(NIPT)希望者の励みになるとも言えそうですね。

曜日で担当医が決まっている施設のため、毎回同じ先生とはいかないものの、技術に優れた先生の意見にたくさん触れることで、ご自身の考えや受検にも納得しやすくなることが想定されます。

新型出生前診断(NIPT)受験を検討する際に考えたいこと

なぜ検査を受けたいのか

新型出生前診断(NIPT)の受験を検討するにあたり、どんなことを考える必要があるのでしょうか。まずは第一に「なぜ検査を受けたいのか」という点です。受検の条件としては以下が挙げられます。

  • 胎児超音波検査で染色体数的異常を有する可能性がある。
  • 母体結成マーカー検査で染色体数的異常を有する可能性がある。
  • 今までに染色体数的異常を有する胎児を妊娠したことがある。
  • 両親いずれかが均衡的ロバートソン転座を有しており、胎児にも異常が生じる可能性がある。

従来は上記の条件に加え、高齢妊娠(35歳以上)という条件がありましたが、2022年8月現在は撤廃されてます。妊婦さんの中にはいずれかの条件に当てはまり不安に駆られている、そういった状況を解消するために検査を検討されているという方もいるかもしれません。また

ローリスクで血液検査だけならちょっと受けてみたい…

と軽い気持ちで受検を検討されている方もいるのではないでしょうか。結果を見てその後どうするのか、ということを考えてから受検に臨みましょう。

検査結果が陽性だった場合

検査も受けていないのに陽性だったときのことを考えるの…?

と思われた方もいるかもしれませんが、もしもの場合に備えるのはとても大切なことです。選択肢としては以下が考えられます。

  1. 確定検査となる羊水検査・絨毛検査を受けるか
  2. 妊娠を継続するが何もしない
  3. 妊娠を中断する

多くの場合1を選択される場合が多いようです。

それでは、確定検査でも陽性だった場合、どうしますか?パートナーはどう考えていますか?

正解がない問題ゆえ、答えを出されるのに苦労されると思います。もしNIPT検査が陽性だった場合、時間がない中で答えを出すことを求められますので、必ずご自身、そしてパートナーの意思を確認しておきましょう。

山梨県でNIPT検査が受検できる医療施設は以下をチェック!

いかがでしたか?

今回は山梨県で新型出生前診断(NIPT)が受検できる施設についてご紹介しました。

今現在は新規患者の受け入れをしているが状況によっては受け入れを停止するなどととしている場合もあります。予約前に必ず確認を忘れずにしてくださいね。