福岡県

福岡の新型出生前診断(NIPT)おすすめクリニック8選!

こんにちは、一児のママ、編集長のもみじです!

福岡県で受検できる新型出生前診断(NIPT)についてご紹介します。施設によってその特徴は様々です。検査費用や医療施設までの距離、サポート体制など何に重きを置きたいのか考えてみてくださいね。

福岡県には新型出生前診断(NIPT)が受検できる施設が8つあります。

今回ご紹介する施設
  1. ミネルバクリニック
  2. 九州⼤学病院
  3. 福岡⼤学病院
  4. 産業医科⼤学病院
  5. 久留⽶⼤学病院
  6. 独⽴⾏政法⼈国⽴病院機構九州医療センター
  7. 国⽴病院機構⼩倉医療センター
  8. 福岡市⽴こども病院

についてご紹介しています。

バランスが取れているクリニックは?

検査費用とサポートの手厚さのバランスがとれているのがミネルバクリニック

第3世代スーパーNIPTを国内で唯一扱っていることに加え、陽性になった方には全員院長の携帯電話番号をお伝えして24時間連絡がとれるようにしているという手厚さ。

国内トップクラスのクリニックにも関わらず、検査費用は17.6万円(税込)~と良心的です。

妊娠期間を不安なまま過ごしたくなければ一度相談しましょう!

ミネルバクリニックに相談しに行く

ミネルバクリニック

引用元:https://minerva-clinic.or.jp/

ご自宅からカウンセリングできるオンラインNIPT

仕事が忙しく予定を空けられない…そんな方にもおすすめ!

ミネルバクリニックでは日本全国どこに住んでいても最先端のNIPT検査を受けてほしいとの思いから、オンラインNIPTの体制が整っています。

もし検査をするなら少しでも精度の高い検査がよいですよね!

スーパーNIPT

ミネルバクリニックでは国内で唯一、第三世代スーパーNIPTが受検可能です。

その特徴はなんといっても精度の高さ。

  1. 偽陰性はゼロ
  2. 上記に加えて21・18トリソミーは陽性的中率100%

これまでもNIPT検査は精度が高い検査として注目を浴びていましたが、検査開始から数年でここまで精度が高くなるとは驚きますね。

住所東京都港区北青山2-7-25 神宮外苑ビル1号館2階
最寄駅外苑前駅から徒歩1分
診療時間10:00~14:00
16:00~20:00
休診日火曜・水曜

ミネルバクリニックに相談しに行く

九州⼤学病院

検査費用については公式HPに記載がありませんでした。受け付けは遺伝カウンセリング初診の対応時間として平日午後が設定されています。

九州⼤学病院では妊娠健診中の方に限定して新型出生前診断(NIPT)検査が実施されます。NIPT、クアトロ検査、羊水染色体検査を受けることができます。もちろん、出生前検査は受けるか、受けないかを選ぶことができる検査ですので、カウンセリングを経て受検を決めることができます。

九州⼤学病院ではハイリスク妊娠及び分娩、産褥合併症、胎児異常について産科婦人科で取り扱っています。さまざまなトラブル・疾患に対応できる体制が整っています。

福岡⼤学病院

検査費用は約220,000円です。検査問い合わせ対応時間は月曜日、火曜日、木曜日、金曜日の14:00-16:30に設定されています。

福岡⼤学病院では産科医を通して予約が必要です。申し込み時の妊娠週数は8週0日から13週6日の間に限定され、検査時の妊娠週数は10週0日から14週6日までになります。超音波検査で既に形態学的に明らかな異常をしている場合などは新型出生前診断(NIPT)検査の対象になりません。

福岡⼤学病院では産婦人科では福岡市内、県内の多くの中核病院などと協力し産婦人科医療の発展、地域への社会貢献を目指す病院です。かかりつけ医でなくとも受検が可能です。不安を解消する医療を受けることができます。

産業医科⼤学病院

検査費用については公式HPに記載がありませんでした。受付は院内紹介による完全予約制となっています。外部からの予約は受け付けていません。院内紹介による完全予約制になっていますので、産業医科大学病院がかかりつけの場合のみ遺伝カウンセリング等を受けることができます。

産業医科⼤学病院では遺伝全般に関するカウンセリングをはじめ、出生前診断検査の実施前説明、結果説明を臨床遺伝専門医、認定遺伝カウンセラーから受けることができます。また危険を伴う妊婦、胎児・新生児を受け入れる総合周産期医療センターを有しています。

産業医科⼤学病院は北九州市西部、中間、遠賀、筑豊などのエリアもカバーする母体・胎児集中治療室、新生児集中治療室、新生児治療回復室を持つ施設です。

久留⽶⼤学病院

検査費用は遺伝カウンセリングとして初回8,800円、2回目は5,500円かかります。検査費用自体は160,320円です。受付は月曜日から金曜日の間で受け付けています、

久留⽶⼤学病院での検査予約の対象は妊娠9週0日から14週0日です。同院かかりつけの方以外からでも受検は可能ですが、予約枠に限度があるため対応しきれない場合があります。同院での新型出生前診断(NIPT)は臨床研究のため、検査1年後のアンケートに回答する必要があります。また検査結果が出るまで2週間かかります。

久留⽶⼤学病院では6名の臨床遺伝専門医、1名の認定遺伝カウンセラーよりなる遺伝外来にてさまざまな不安を解消してくれます。産科では福岡県南部、佐賀県東部、大分県西部、熊本県北部などをカバーしています。

独⽴⾏政法⼈国⽴病院機構九州医療センター

検査費用については公式HPに記載がありませんでした。受付時間は月曜日から金曜日となっています。新型出生前診断(NIPT)受検にはかかりつけ医の紹介状が必要です。申込みは妊娠9週0日から14週6日です。

独⽴⾏政法⼈国⽴病院機構九州医療センターでは新型出生前診断(NIPT)、羊水染色体検査、クアトロ検査、その他の出生前遺伝学的検査に対応しています。女性を生涯にわたってサポートすることを目指した産婦人科を持つ施設です。妊娠中の出生前診断から、思春期、老年期にわたるまでサポートする体制があります。

独⽴⾏政法⼈国⽴病院機構九州医療センターは「病む人に寄り添い、安全かつ最適な医療を提供」することを目指す病院です。痛みを共有し、患者自身に寄り添う体制を整えています。

国⽴病院機構⼩倉医療センター

検査費用は130,000円(税込)となっています。受付時間は月曜日、水曜日、木曜日の午後に設定されています。

国⽴病院機構⼩倉医療センターでは妊娠9週から15週は新型出生前診断(NIPT)、妊娠16週以降は羊水検査を実施してもらうことができます。同院に通院している場合は外来担当医を通して、他院に通院中の場合は通院中の医療機関から医療連携室を通して予約を取得することができます。NT検査(後頸部浮腫測定)、絨毛検査などについては当施設では受検することができません。

国⽴病院機構⼩倉医療センターでは胎児にまつわる心配事について、親としてどう向き合うか、どのような選択が最良かについて遺伝カウンセリング外来で一緒に考えてくれる施設です。

福岡市⽴こども病院

検査費用は160,000円となっています。受付時間は火曜日午前のみに設定されています。

福岡市⽴こども病院は予約可能な妊娠週数は妊娠9週0日からです。他院に通院中の方はかかりつけの医療機関からの予約が必要です。胎児診断としては妊娠初期スクリーニング、血清マーカーテスト、羊水検査、絨毛検査、新型出生前診断(NIPT)が可能です。同院は子宮内の胎児に対する治療が可能な施設です。胎児形態異常の超音波診断も専門としているので、詳細な検査や診断を受けることができる施設です。

福岡市⽴こども病院は地域周産期母子医療センターとしてハイリスク妊娠を対象に妊娠中から出産、さらには新生児医療までを一貫として取り扱う施設です。特に色々とわかりにくい赤ちゃんの疾患について将来の展望まで含めわかりやすく説明してくれます。

いかがでしたか?

今回は福岡県で新型出生前診断(NIPT)が受検可能な施設についてご紹介しました。ぜひご自宅からの距離だけではなく、病院の新型出生前診断(NIPT)に対する考え方も比較してみてくださいね。