岐阜県

岐阜の新型出生前診断(NIPT)おすすめクリニック2選!

こんにちは、一児のママ、編集長のもみじです!

岐阜県で受検できる新型出生前診断(NIPT)についてご紹介します。

施設によってその特徴は様々です。検査費用や医療施設までの距離、サポート体制など何に重きを置きたいのか考えてみてくださいね。

岐阜県には新型出生前診断(NIPT)が受検できる施設が2つあります。

今回ご紹介する施設
  1. ミネルバクリニック
  2. 岐⾩⼤学医学部附属病院

についてご紹介しています。

バランスが取れているクリニックは?

検査費用とサポートの手厚さのバランスがとれているのがミネルバクリニック

第3世代スーパーNIPTを国内で唯一扱っていることに加え、陽性になった方には全員院長の携帯電話番号をお伝えして24時間連絡がとれるようにしているという手厚さ。

国内トップクラスのクリニックにも関わらず、検査費用は17.6万円(税込)~と良心的です。

残りの妊娠期間を安心して過ごしたいなら!まずは相談してみましょう!

ミネルバクリニックに相談しに行く

ミネルバクリニック

引用元:https://minerva-clinic.or.jp/

精度が高い第三世代NIPTを提供

ミネルバクリニックでは、世界に1社しかない検査機関と独占契約を結び国内で唯一「第三世代NIPT」を提供しています。

第三世代NIPTが従来の検査より支持される理由

  1. 従来のNIPT検査に比べて大幅に精度が向上、偽陰性と判定保留の報告がゼロ
  2. 21トリソミー(ダウン症候群)、18トリソミー(エドワード症候群)の陽性的中率が100%

1万人程度の基本検査と性染色体検査の論文報告を出していることからも検査精度の高さに信憑性がありますね。産婦人科、遺伝専門ではない医療施設が多い中、遺伝に特化したクリニックの強みが活かせていると感じます。基本検査だけではなく微細欠失検査や100の遺伝子変異の特定など、様々な検査を網羅しているのもミネルバクリニックの特徴と言えるでしょう。

もちろん必ずしも第三世代NIPTを選ばなければいけないわけではありません!

検査内容はご自身で選択することが可能です。どのプランであっても院長と直接相談できる遺伝カウンセリングがついていますので安心してくださいね。

オンラインNIPTの実施

魅力的な医療施設であっても施設までが遠く足を運ぶのが難しければ諦めざるを得ないですよね。一人でも多くの妊婦さんに精度の高いNIPT検査を届けたい…院長のそんな思いからミネルバクリニックではオンラインNIPTの対応ができる体制を整えています。

クリックまで足を運ばずとも完結する仕組み

  1. 遺伝カウンセリング:ビデオ電話を用いてオンライン上で実施
  2. 血液検査:ご自宅・職場近くの医療施設で実施(紹介状が発行されます)

なぜ今までなかったのだろう!

と思うくらい画期的なシステムですよね。全国でもオンラインNIPTの体制を整えている医療施設はほとんどありません。クリニックまでわざわざ足を運ぶ必要がないので多くの方にとって嬉しいシステムなのではないでしょうか。

住所東京都港区北青山2-7-25 神宮外苑ビル1号館2階
最寄駅外苑前駅から徒歩1分
診療時間10:00~14:00
16:00~20:00
休診日火曜・水曜

ミネルバクリニックに相談しに行く

岐⾩⼤学医学部附属病院

検査費用は約210,000円となっています。今後改定の可能性があるようですので受検前に必ずご確認ください。受付時間は平日の8:30-11:00となっています。 

岐阜県のNIPT基幹施設

岐阜大学医学部付属病院は、岐阜県で唯一の日本医学会より新型出生前診断(NIPT)の認定を受けた基幹施設です。通院している主治医からの予約があれば、他の医療機関からでも検査は可能です。医療機関を通じた予約の方のみ対応しているようなので注意が必要です。

妊婦さんご本人やご家族からのお電話での予約や受診の問い合わせには対応していないようです。

同院でNIPT検査を受検される方は、最低3回の受診が必要となります。

  • 第1回目:なるべく妊娠12週まで
    検査の条件に当てはまるかどうか胎児の状態を確認し次回の予約取得
  • 第2回目:妊娠10週~13週頃
    遺伝カウンセリング後に採血を行う
  • 第3回目:検査から約2週間後
    検査結果のご報告

特に第2回目は夫婦揃っての来院が必要です。予め夫婦で予定を合わせるなどスケジュールの調整が必要となるでしょう。3回来院が必要という医療施設はあまり多くありません。裏を返せば臨床遺伝専門医、遺伝カウンセラーによるカウンセリングが充実している、といえるでしょう。

岐⾩⼤学医学部附属病院は日本周産期・新生児医学会認定専門医研修施設になっています。新生児を専門とする医師の育成をしています。

NIPT検査施設の比較

新型出生前診断(NIPT)が受検できる医療施設には認可施設と認可外施設(無認可施設)があります。

一概に認可だから良い、認可外だから悪い、というわけではないんですよ!

認可施設

認可施設は認可を受けるために一定の水準があり、検査やサポートについては担保されていると考えてよいでしょう。しかし特定の項目しか検査ができないというデメリットもあります。

認可外施設(無認可施設)

検査内容やサポートについて決められているものがなく、しっかり比較が必要です。安価だがサポートが一切ない医療施設がある一方、検査費用が手頃なのにサポート体制は非常に充実している医療施設も存在します。

情報が多すぎてどんな施設を選んだらいいかわからない…

という方には最低限確認してほしい内容があります。

最低限確認すべき内容

遺伝カウンセリング

必ず確認すきべきは遺伝カウンセリングの有無です。

なぜ必要かと言うと、遺伝カウンセリングができる、遺伝カウンセラーがいるということは、迷ったときに気軽に相談ができる存在がいるということと同義であるためです。

新型出生前診断(NIPT)についての情報提供にはじまり、その検査を受ける意義やご自身に合った検査内容か、ということを相談できるということは非常に大きなポイントですよね。必ずしも受けなければいけない検査ではありませんので、一人一人に合った検査項目を選びたいですね。

遺伝カウンセリングがないとどうなる?

またもし仮に新型出生前診断(NIPT)受検後に陽性反応が出た場合、遺伝カウンセラーがいないとどうなるでしょうか。陽性後の対応(多くの方は確定検査を受検)や、いつまでに何をするのかなど全てご自身で調べていく必要があります。

妊娠というだけで負担が大きく、不安が付き物ですよね。少しでも不安を減らすためにも必ず遺伝カウンセリングが受検できるかは確認しましょう。

いかがでしたか?

今回は岐阜県で受検可能な新型出生前診断(NIPT)の施設についてご紹介しました。

しっかり内容を確認してご自身にあった施設選びを進めてくださいね。