茨城県

茨城の新型出生前診断(NIPT)おすすめクリニック5選!

こんにちは、一児のママ、編集長のもみじです!

ご妊娠おめでとうございます。特に初めての妊娠だと分からないことだらけですよね。

生まれてくる子のリスクについて、新型出生前診断(NIPT)受検で解決できることもあるかもしれません。

今回は茨城県で受検できる施設についてご紹介します。

今回ご紹介する施設
  1. ミネルバクリニック
  2. 筑波⼤学附属病院
  3. 茨城県⽴中央病院
  4. ⼟浦協同病院
  5. ⽔⼾済⽣会総合病院

についてご紹介しています。

バランスが取れているクリニックは?

検査費用とサポートの手厚さのバランスがとれているのがミネルバクリニック

第3世代スーパーNIPTを国内で唯一扱っていることに加え、陽性になった方には全員院長の携帯電話番号をお伝えして24時間連絡がとれるようにしているという手厚さ。

国内トップクラスのクリニックにも関わらず、検査費用は17.6万円(税込)~と良心的です。

残りの妊娠期間を安心して過ごしたいなら!まずは相談してみましょう!

ミネルバクリニックに相談しに行く

ミネルバクリニック

引用元:https://minerva-clinic.or.jp/

おうちで遺伝カウンセリング!オンラインNIPT

妊娠とは関係なく仕事が毎日忙しい…

そんな方にも嬉しい、ビデオ通話を用いて遺伝カウンセリングをするオンラインNIPTの体制が整っています。

わざわざ検査のために外出をする必要がなく、さらに最先端のNIPT検査ができる。

メリットしかありませんね!

予約から結果確認までの流れ

  1. ミネルバクリニックの公式サイトより予約する
  2. 基本料金をオンライン決済で支払いする
  3. ビデオ通話を用いたオンライン形式で診察(遺伝カウンセリング)する
    ※基本料金を超えた分についてオンライン決済にて支払う
  4. 近隣の医療機関で採血してもらう
    ※キットは紹介状とともに郵送されてきます
  5. 採血後のキットをミネルバクリニックに返送
  6. マイページから結果を確認

難しいことは何もありません!

NIPTの検査自体は母体からの採血のみとなります。母体への穿刺を伴わないためリスクはなく、また安静にしていなければいけないなどの制約もありません。

NIPTと比較される出生前診断の中には、検査後一週間は絶対安静という検査も…

検査結果はマイページから確認

検査結果はWeb上のマイページから確認ができます。検査結果を聞くためだけに来院する必要もないのが嬉しいですね。

医療施設によっては検査結果を聞くために別途費用が発生する場合も…

時間もお金も節約できるオンラインNIPTの仕組みはどんな方にとっても嬉しいですね。

住所東京都港区北青山2-7-25 神宮外苑ビル1号館2階
最寄駅外苑前駅から徒歩1分
診療時間10:00~14:00
16:00~20:00
休診日火曜・水曜

ミネルバクリニックに相談しに行く

筑波⼤学附属病院

茨城県の基幹施設

検査費用は公式HPに記載がありません。受付は木曜午後となっており、予約センターは8:30-17:00の間で稼働しています。予約は筑波大学附属病院にすでにかかっている場合を除いて、紹介状が必要となります。

筑波⼤学附属病院では年平均100例の出生前診断が行われています。胎児治療の症例も多く施行されていますので、詳細な検査から、場合によってはその後の治療まで筑波⼤学附属病院だけで一貫して対応できます。

より専門的な遺伝カウンセリング

同院では遺伝カウンセリングが積極的に行われています。遺伝カウンセリング担当者の中には、臨床遺伝専門医制度によりに呈された指導医も含まれるのでより詳しく建設的なカウンセリングができることが期待されます。つくば市と連携し、妊娠、出産、育児に主体的に取り組むことを助産師がサポートする院内助産システムによる分娩出産が行われています。

大学附属病院であるため、母体に何らかの合併症を持つ患者さんが多くかかっています。大学附属病院でしかできない他科との連携をとった診療が提供されていることに加え、胎児の詳細な診断、必要に応じて治療が可能な施設です。

茨城県⽴中央病院

検査費用は114,620円、受付時間は月曜日の15:15-16:15です。産科初診外来の予約が必要となり、茨城県立中央病院で出産する妊婦が対象となっています。

2017年から新型出生前診断(NIPT)スタート

茨城県⽴中央病院では2017年10月から臨床研究として新型出生前診断(NIPT)が実施されています。2022年7月からは新型出生前診断(NIPT)を実施する医療機関である「基幹施設」の認証を受けています。

遺伝子診療部があり、遺伝カウンセリングを受ける体制が整えられています。2020年4月時点で臨床遺伝専門医2名(小児科・産婦人科兼任)、認定遺伝カウンセラー2名が在籍しています。遺伝カウンセリングは有料となりますのでご注意ください。

部門横断で連携

産婦人科、小児科、そして他の課との連携が取れるので、妊婦さん自身、また胎児に対するケアの体制がとられています。またリスクの高い妊娠、高度な新生児医療が必要だと判断された場合には適切な医療が提供される病院に紹介してくれます。

分娩受け入れ、新型出生前診断(NIPT)の基幹施設としての実績はまだ多くはないのが現状です。しかし遺伝子診療部が設けられ、適切な検査、またカウンセリングを受けられる体制が整えられた施設ですので今後注目度が高まるのではないでしょうか。

⼟浦協同病院

新型出生前診断(NIPT)に関する情報掲載なし

2022年7月より⼟浦協同病院は新型出生前診断(NIPT)の基幹施設として認められています。しかし2022年8月現在では母体血胎児染色体検査(NIPT)は行っていない、との内容が公式HPに記載があります。

⼟浦協同病院では遺伝カウンセリング外来にて臨床遺伝専門医を中心とするスタッフが遺伝カウンセリングを行っており、遺伝カウンセリングへの体制は整っているようです。産科、周産期領域、小児領域の遺伝カウンセリングだけを取り扱っているわけではありませんが、カウンセリング件数は増加しており、さまざまな方が受診しています。

今後の動向に注目したいですね。

⽔⼾済⽣会総合病院

検査費用は公式HPに記載がありません。受付時間は月曜日・水曜日の14時からです。月曜日から金曜日の15時-16時に「遺伝・NIPT外来(自費診療、5000円/30分)」の予約が必要となります。

「遺伝・NIPT外来」の設定

⽔⼾済⽣会総合病院では産婦人科内に、「遺伝・NIPT外来」があります。これは遺伝性疾患に関するカウンセリング、NIPTなど出生前検査に関する専門外来です。 胎児疾患の専門外来「胎児外来」もあります。複数の医師による診療、正確な診断、カウンセリングを受けることができ、出産前から赤ちゃんの様子を詳しく知ることができます。

出産前はもちろん出産後も安心

また同院は綜合周産期母子医療センターの指定を受けているため、出産後の母子の医療的ケアについて不安なく受診することができます。特に胎児に何らかの異常が認められている場合は、こども病院各診療科と出生前から検討を重ね、出生後は速やかな治療が開始できる体制を整えています。 専門外来を備え、生まれる前から生まれた後まで万全の大勢でサポートしてくれる施設です。

いかがでしたか?

今回は茨城県で新型出生前診断(NIPT)が受検できる施設についてご紹介しました。

昨今の情勢からか、現在は新規患者に受け入れをしているものの、今後の状況によっては受け入れを停止するなどととしているクリニックも見受けられました。

ご自宅からの距離だけでなく、クリニックの特徴などもしっかり比較検討された上で予約をしてくださいね。