京都府

京都の新型出生前診断(NIPT)おすすめクリニック11選!

こんにちは、一児のママ、編集長のもみじです!

京都府で受検できる新型出生前診断(NIPT)についてご紹介します。

妊娠して初めて、母子健康で出産できることがいかに凄いことなのか分かりますよね。同時に妊娠出産という一大イベントは常にリスクと隣り合わせということも身に沁みて実感することと思います。

新型出生前診断(NIPT)診断を受検することが不安の解消につながることもあるかもしれません。

今回は京都府で受検できる施設についてご紹介します。

今回ご紹介する施設
  1. ミネルバクリニック
  2. 平石クリニック京都提携院
  3. 平石クリニック 京都駅前提携院
  4. 京都⼤学医学部附属病院
  5. 京都府⽴医科⼤学附属病院
  6. 医療法⼈財団今井会⾜⽴病院
  7. 医療法⼈徳洲会宇治徳洲会病院
  8. 独⽴⾏政法⼈国⽴病院機構京都医療センター
  9. 京都第⼀⾚⼗字病院
  10. 市⽴福知⼭市⺠病院
  11. 三菱京都病院

についてご紹介しています。

バランスが取れているクリニックは?

検査費用とサポートの手厚さのバランスがとれているのがミネルバクリニック

第3世代スーパーNIPTを国内で唯一扱っていることに加え、陽性になった方には全員院長の携帯電話番号をお伝えして24時間連絡がとれるようにしているという手厚さ。

国内トップクラスのクリニックにも関わらず、検査費用は17.6万円(税込)~と良心的です。

ミネルバクリニックに相談しに行く

ミネルバクリニック

引用元:https://minerva-clinic.or.jp/

オンライン診療に対応

日本全国、地域を限定することなくオンラインで診療することが可能です。以下が流れとなります。

  1. ミネルバクリニックのホームページより予約をとる
  2. 基本料金をオンライン決済で支払い(VISA、マスターカードが利用可能)
  3. ビデオ通話形式で診察(遺伝カウンセリング)をし、基本料金を超えた分についてオンライン決済で支払う
  4. 検査採血のため近隣の医療機関で採血してもらう
    ※ミネルバクリニックより採血のキットと紹介状が送付されてくる
  5. 検査結果はミネルバクリニック上の患者専用マイページから確認が可能
    ※検査過程も含めて確認が可能

なお他院で新型出生前診断(NIPT)を受けた方が、その結果や陽性後の対応を相談することも遺伝カウンセリングの一環として可能です。

一度もクリニックに行くことなく完結するシステムは妊婦さんにとって嬉しいポイントですね。

住所東京都港区北青山2-7-25 神宮外苑ビル1号館2階
最寄駅外苑前駅から徒歩1分
診療時間10:00~14:00
16:00~20:00
休診日火曜・水曜

ミネルバクリニックに相談しに行く

平石クリニック京都提携院

引用元:https://www.nipt-clinic.jp/lp/

検査の種類が選べる

平石クリニックのNIPTは、三種類の検査から選ぶことができます。

他院でもおこなっている三種類(13、18、21トリソミー)を調べる基本検査から、1~22番の全てのトリソミーを調べる全染色体検査、細かい部分まで調べられる微小欠質検査まであります。受ける人によって知りたい内容は様々ですので、検査内容を選択することができるのはありがたいです。

またご自身で検査のメリットデメリットを把握してから選ぶようにしましょう。調べられる期間が決まっているので、検査が終わったあとに、やっぱりこれも受ければ良かったかな…と後悔しないようにしてくださいね。

聞きたいことがある場合は、事前に認定遺伝カウンセラーに質問が出来るようになっているので、検査前までに相談予約をして電話で確認しておくと安心して検査に臨めるでしょう。

平石クリニックに相談しに行く

平石クリニック 京都駅前提携院

引用元:https://www.nipt-clinic.jp/lp/

確定検査の費用を全額負担してくれる

平石クリニックでは、確定検査の費用を全額負担してくれるサービスがあります。

NIPTに関してまずお伝えしておきたいのは、NIPTはリスク評価(診断ではなく、可能性)であるという点です。結果で陽性が出たからと言って悲観的になってしまい産むことを諦めてしまう人も少なくありません。

しかし、それを確定するために羊水検査や絨毛検査が存在しています。あくまでもNIPTはスクリーニング検査ですので、断定的にとらえないようにしましょう。

陽性だった場合に、さらに確定検査の費用がかかると妊婦さんには心にも金銭的にも負担が多いところですが、平石クリニックでは確定診断の費用は全て負担してくれるので安心ですよ。ご希望の医療機関で羊水検査が受けられますので、慎重に判断してくださいね。

平石クリニックに相談しに行く

京都⼤学医学部附属病院

検査費用について公式HPには記載がありませんでした。遺伝カウンセリングは初診が1時間まで9,900円かかります。対応する遺伝子診療部の予約受付時間は平日の13:00 -16:30です。受付時間内に電話をするか、Web予約フォームから予約が必要です。

遺伝カウンセリングを担う遺伝子診療部では、Web会議システムを利用したオンライン遺伝カウンセリングが実施されています。 総合周産期母子医療センターとして、京都府の最終拠点病院としてハイリスク妊娠にも対応しています。もちろんローリスク妊娠の分娩も対応可能です。 胎児疾患に対する治療も行われています。

小児外科、小児循環器、心臓外科、泌尿器科等と連携のもと、胎児先天性疾患を伴う妊娠、分娩の管理を行っています。また、胎児超音波外来では、胎児の心疾患など胎児異常が疑われる症例について軽密な検査を受けることができます。

京都⼤学医学部附属病院ではさまざまな診療科が複合的に関わりながら、母体、胎児について診療と治療をおこなってくれる医療機関です。

京都府⽴医科⼤学附属病院

検査費用について公式HPには記載がありませんでした。遺伝相談は1回につき2,650円かかります。遺伝子診療部の遺伝相談日は火曜日から金曜日の14:00からとなっています。遺伝相談をするためには予約をする必要があり、予約受付は平日の10:00-16:30です。

認定遺伝カウンセラー、臨床遺伝専門医、日本遺伝子診療学会認定ジェネティックエキスパートらが所属する遺伝子診療部にて遺伝相談をすることができます。水曜日、木曜日には産婦人科に「産婦人科遺伝疾患」外来が設けられています。受診にはかかりつけ医の紹介状が原則必要です。 高性能な超音波断層装置(エコー)を用いて、胎児の状態を出生前検査として詳細に調べる検査を自費診療(14,432円)として実施しています。この胎児ドック自体も受診予約が必要です。

京都府⽴医科⼤学附属病院ではいろいろな角度から検査、カウンセリングを行うことが可能な施設です。助産外来、妊娠と薬外来など産婦人科内に複数の外来があるため、より詳しい相談を行いやすい環境が整っています。

医療法⼈財団今井会⾜⽴病院

検査費用や受付時間について公式HPには記載がありませんでした。

臨床研究として新型出生前診断(NIPT)を実施しています。対象となるのは分娩予約がある方か、かかりつけ医であるかのどちらかに限られます。また同院では出生前診断、不妊症、不育症など生殖医療に関する遺伝の問題を扱っています。検査を受けて、最終的にどうするのか、どうしたいのかまで相談できる準備があります。 同施設で取り扱う分娩数は年間およそ1,600件です。これは京都市で生まれる新生児の7人に1人がこの施設で生まれている計算になります。京都市地域の方が利用しやすい施設だといえるでしょう。

100年以上の歴史を持つ医療法⼈財団今井会⾜⽴病院は地域に根ざした病院であると同時に、生まれる前から生まれた後までサポートしてくれる施設となっています。

医療法⼈徳洲会宇治徳洲会病院

検査費用は140,000円(税別)です。新型出生前診断(NIPT)の受検結果が陽性の場合には羊水検査費用が含まれます。遺伝カウンセリング費用は1回につき8,000円(税別)必要です。受付時間は火曜日・金曜日の10:30、12:30、14:30となっています。

医療法⼈徳洲会宇治徳洲会病院は新型出生前診断(NIPT)に関する実施施設、基幹施設に認定されています。また周産期医療を担う地域周産期母子センターでもあり、産前から産後に至るさまざまなケアを受けることができます。 新型出生前診断(NIPT)、羊水検査、胎児超音波検査に対応しています。遺伝カウンセリングには、臨床遺伝専門医および、認定遺伝カウンセラーが担当してくれます。 同施設で妊婦健診、分娩予定の方だけでなく、他院で妊婦健診や分娩予定の方でも、地域医療連携室を通して予約を取得することができます。

医療法⼈徳洲会宇治徳洲会病院は京都市以南地域を支える大きな施設です。同院での分娩予定がなくてもカウンセリングを受けることが可能な施設です。

独⽴⾏政法⼈国⽴病院機構京都医療センター

検査費用について公式HPには記載がありませんでした。遺伝カウンセリングは初診6,600円(税込)必要です。受け付けは原則火曜日・木曜日の午後ですが、都合がつかない場合は応相談としています。

独⽴⾏政法⼈国⽴病院機構京都医療センターでは臨床遺伝専門医、認定遺伝カウンセラーによる遺伝カウンセリングが実施されています。また、産婦人科医、小児科医も協力体制にあるので些細な不安にも対応できます。 実際に検査を希望していても、本当にその検査が必要なものなのか自体を相談、検討してくれます。また相談曜日について原則は火曜日、木曜日の午後となっていますが、それ以外の曜日についても対応が可能なようです。 小児科では、胎児期、分娩に始まり、乳児、幼児、小児、思春期へとつながるライフサイクルを考えた小児科診療が行われています。生まれた後のケアについても体制が整っています。

独⽴⾏政法⼈国⽴病院機構京都医療センターは産婦人科医、小児科医、遺伝の専門家が揃っています。遺伝検査の必要性から、胎児の異常への向き合い方についてしっかりと検討してくれる施設です。

京都第⼀⾚⼗字病院

検査費用は180,000円(税別)です。新型出生前診断(NIPT)の受検結果が陽性の場合には羊水検査費用が含まれます。遺伝カウンセリングは初診30分 5,000円(税込)が必要です。受付時間は水曜日15:00-15:30、木曜日14:30/15:00/15:30となっています。

京都第⼀⾚⼗字病院では産婦人科に出生前診断外来が設けられています。また胎児スクリーニング外来もあるので、詳細な検査で胎児の様子を知ることができます。 同院以外で分娩予約をしている方でも受検が可能です。予約枠に限りはありますが、地域連携室を通じて予約を取ることができます。 検査予約は妊娠8週0日より受け付けられています。検査実施は、妊娠9週0日から15週6日になります。

京都第⼀⾚⼗字病院での分娩予約がなくとも検査を予約、遺伝カウンセリングを受けられる施設です。専門外来でしっかりとサポートしてもらえます。

市⽴福知⼭市⺠病院

検査費用と受付時間について公式HPには記載がありませんでした。

市⽴福知⼭市⺠病院は京都府北部の拠点病院として妊娠、分娩に関するあらゆる疾患に対応してくれる施設です。 妊娠中から育児まで切れ目ないサポートを行うことを目指しています。産科医師だけでなく、小児科医市、助産師、保健師、栄養士、薬剤師、そして地域連携など妊婦が孤立することのないサポートで不安を取り除く手伝いをしてくれます。

火曜日、木曜日は夜間診療(17時から19時)も行われています。日中に通うことが難しい方でも通いやすくなっています。

市⽴福知⼭市⺠病院は地域のニーズに応え、さまざまな疾患に対応してくれる施設です。夕方に外来枠があり、日中に受診が難しい方にも対応してくれる施設です。

三菱京都病院

検査費用は198,000円、受付時間は火曜日午後です。必ず予約が必要なのでご注意ください。

三菱京都病院では遺伝診療科にて遺伝カウンセリングや検査を受けることができます。2019年に新設され臨床遺伝の問題を取り扱っているようです。遺伝カウンセリングは妊娠8週0日から13週6日までとなっていますが新型出生前診断(NIPT)自体は妊娠9週0日から14週6日まで受検できます。遺伝カウンセリングと検査のための採血は同日にできないので注意が必要です。 三菱京都病院を受診しているかいないかにかかわらず受検が可能です。別の病院で受診中の場合、主治医を通して予約を取ることが必要ですのでご注意ください。

三菱京都病院では常勤臨床遺伝専門医、非常勤臨床遺伝医が在籍しておりサポートしてくれます。各診療科、他職種にわたる連携を組んで対応してくれる施設です。

いかがでしたか?

京都府で新型出生前診断(NIPT)を受検できる施設についてご紹介しました。しっかり比較検討されてみてくださいね。