宮崎県

宮崎の新型出生前診断(NIPT)おすすめクリニック3選!

こんにちは、一児のママ、編集長のもみじです!

宮崎県で受検できる新型出生前診断(NIPT)についてご紹介します。

施設によってその特徴は様々です。検査費用や医療施設までの距離、サポート体制など何に重きを置きたいのか考えてみてくださいね。

宮崎県には新型出生前診断(NIPT)が受検できる施設が3つあります。

今回ご紹介する施設
  1. ミネルバクリニック
  2. AGAスキンクリニック 宮崎院
  3. 宮崎⼤学医学部附属病院

についてご紹介しています。

まずはNIPTについて知りたい、という方はこちら!

バランスが取れているクリニックは?

検査費用とサポートの手厚さのバランスがとれているのがミネルバクリニック

第3世代スーパーNIPTを国内で唯一扱っていることに加え、陽性になった方には全員院長の携帯電話番号をお伝えして24時間連絡がとれるようにしているという手厚さ。

国内トップクラスのクリニックにも関わらず、検査費用は17.6万円(税込)~と良心的です。

残りの妊娠期間を安心して過ごしたいなら!まずは相談してみましょう!

ミネルバクリニックに相談しに行く

ミネルバクリニック

引用元:https://minerva-clinic.or.jp/

羊水検査互助会がある

ミネルバクリニックではNIPTを受検した方が羊水検査を受ける場合に15万円を上限として費用を負担してくれる制度があります。

羊水検査受検の施設については一部例外がありますが指定はありません。

また、生まれた子どもに何らかの障害があったにもかかわらず診断がつかない、もしくは既存の遺伝子検査で異常が見つからない場合、ミネルバクリニックで「全エクソーム検査」を受検することができます。

通常この検査は45万円ですが、カトレア会に加入していれば5万円で受検が可能です。NIPT検査で終わるのではなく、その後のこともサポートしてくれる体制は心強いですね。

同院でNIPT検査を受検する場合、羊水検査互助会(カトレア会)に加入する必要があります。費用についてはNIPT1回につき2,000円です。

オンラインNIPT

いくらいい医療施設であっても施設までが遠く足を運ぶのが難しければ検討すらできないですよね。ミネルバクリニックでは様々な理由で来院が難しい方のために、オンラインNIPTの対応ができる体制を整えています。

  1. 遺伝カウンセリング
    ビデオ電話を用いてオンライン上で実施
  2. 血液検査
    ご自宅や職場近くの医療施設で実施(紹介状が発行されます)

今やオンラインでやり取りをすることは珍しくありません。クリニックまでわざわざ足を運ぶ必要がないので多くの方にとって嬉しいシステムなのではないでしょうか。

住所東京都港区北青山2-7-25 神宮外苑ビル1号館2階
最寄駅外苑前駅から徒歩1分
診療時間10:00~14:00
16:00~20:00
休診日火曜・水曜

ミネルバクリニックに相談しに行く

AGAスキンクリニック 宮崎院

引用元:https://dna-am.co.jp/

母体血液による出生前DNA鑑定が可能

AGAスキンクリニック 宮崎院はDNA先端医療の提携院です。

DNA先端医療ではNIPT検査に加えてDNA鑑定が可能です。DNA鑑定とは、DNAの構造が個人によって異なる特性を利用して関係者のDNAデータを元に個人を識別するもののことです。

  1. 裁判所や入国管理局など公的機関に親子関係を証明する法的鑑定
  2. 私的に鑑定する私的鑑定

上記の両方の受検を行うことができます。

日本国内にある自社ラボで出生前DNA鑑定を行っているのはDNA先端医療だけであり、出生前DNA鑑定での父権肯定確率は99.99%以上*を保証しています。

*被験者同士の血縁関係を否定することは現実的に不可能であると示せる結果の値

検査は妊娠7週目から可能で、万が一胎児DNAが抽出できなかった場合には無料再鑑定、一部返金保証利用することができます。

体外受精後にDNA鑑定をするパターンも増えているようです!

住所宮崎県宮崎市広島2-12-7 東海第一ビル10F
最寄駅宮崎駅から徒歩2分
診療時間10:00~14:30
15:30~19:00
休診日休診日なし(土曜・日曜・祝日診療)

AGAスキンクリニックに相談しに行く

※DNA先端医療のページに遷移します

宮崎⼤学医学部附属病院

検査費用は12万円となり、別途外来診療料がかかります。公式HPに受付時間についての記載はありませんでした。

宮崎県のNIPT基幹施設

宮崎⼤学医学部附属病院での新型出生前診断(NIPT)検査は高齢妊娠の方を対象にしていますが、希望があればどなたでも受診可能です。妊娠11週~17週の間に検査出来ますが、完全予約制となっている為かかりつけ医に早めに相談しましょう。

検査可能週数が他の医療施設より若干長めに設定されています。

迷っている間に対象週数ではなくなってしまった、という方にもおすすめ!

安心して検査・受検ができる体制

同院では検査の受検の有無にかかわらず、遺伝カウンセリングを行います。カウンセリング後に考えてから決められるので、ご自身が納得のいく答えを選択することが出来ます。
またハイリスク妊娠に対応している施設です。NICUを備えており、昨年2021年は45例の母体搬送を受け入れており、他の診療科と連携を図り周産期管理を行っています。

宮崎大学医学部附属病院は、女性医師も非常に多いです。女性目線だけではなく母親目線でも診てくれることが期待され、妊娠中の安心感にも繋がると言えるでしょう。

住所宮崎県宮崎市清武町木原5200
最寄駅清武駅から車で約10分
診療時間9:00~17:00
休診日土・日・祝日・年末年始

NIPT検査施設の比較

新型出生前診断(NIPT)が受検できる医療施設には認可施設と認可外施設(無認可施設)があります。

一概に認可だから良い、認可外だから悪い、というわけではありません。

ではどのような点で比較をすればよいでしょうか。以下にあげてみました。

検査施設を選ぶ上で比較したい内容

認可施設であれば認可を受けるために基準が設けられているため、一定の水準であると言えるでしょう。しかし認可外施設では明確な基準がないため、検査ができる項目やサポート体制、専門医の有無に至るまで様々です。

最低限確認すべき内容

情報が多すぎてどんな施設を選んだらいいかわからない…という方には最低限確認してほしい内容があります。

それは遺伝カウンセリングの有無です!

なぜ必要かと言うと、遺伝カウンセリングができる、遺伝カウンセラーがいるということは、迷ったときに気軽に相談ができる存在がいるということと同義であるためです。

もちろん新型出生前診断(NIPT)についての情報提供もしてくれますが、それ以上に自分にとって必要なのか、ということを相談できるということは大事なことではないでしょうか。

もし仮に新型出生前診断(NIPT)受検後に陽性反応が出た場合、遺伝カウンセラーがいないとどうなる?

この先どうしたらいいのかという不安の中に放り出されてしまうのは、考えるだけで恐ろしいですよね。遺伝カウンセリングは心の支えにもなるかと思います。

NIPT検査施設について知りたい方はこちら!

いかがでしたか?

今回は宮崎県で受検可能な新型出生前診断(NIPT)の施設についてご紹介しました。

施設によって特徴は様々です。ご自身にあった施設選びを進めてくださいね。