愛媛県

愛媛の新型出生前診断(NIPT)おすすめクリニック4選!

こんにちは、一児のママ、編集長のもみじです!

愛媛県で受検できる新型出生前診断(NIPT)についてご紹介します。施設によってその特徴は様々です。ご自身が何を重視するのかを明確にし、理想に近い医療施設を探してみてくださいね。

愛媛県には新型出生前診断(NIPT)が受検できる施設が4つあります。

今回ご紹介する施設
  1. ミネルバクリニック
  2. ジョウクリニック 松山院
  3. 愛媛⼤学医学部附属病院
  4. 愛媛県⽴中央病院

についてご紹介しています。

バランスが取れているクリニックは?

検査費用とサポートの手厚さのバランスがとれているのがミネルバクリニック

第3世代スーパーNIPTを国内で唯一扱っていることに加え、陽性になった方には全員院長の携帯電話番号をお伝えして24時間連絡がとれるようにしているという手厚さ。

国内トップクラスのクリニックにも関わらず、検査費用は17.6万円(税込)~と良心的です。

専門医に話すことで解決できることがあるかもしれません!

ミネルバクリニックに相談しに行く

ミネルバクリニック

引用元:https://minerva-clinic.or.jp/

スーパーNIPTが受検できる

母親の血液の中で胎児のDNA比率が一番高い長さを選択的に測定し、それまでのNIPT検査に比べより正確な結果を出すことができる「スーパーNIPT(第3世代NIPT)」と呼ばれる検査を受けることができます。

スーパーNIPTを実施しているのは世界で1社のみで世界特許の技術です。ミネルバクリニックは遺伝専門医が責任を持って運営している施設であるとして、日本においてスーパーNIPTの独占契約を結ぶ唯一の施設です。

日本国内でスーパーNIPTが受検できるのはミネルバクリニックだけ!

スーパーNIPTは、高い精度を誇り13トリソミー、18トリソミー、21トリソミー、微細欠失症候群の偽陰性はゼロ。18トリソミー、21トリソミーの陽性的中率は100%とされています。

せっかく受検するなら精度が高い医療施設で受けたいですよね!

オンラインNIPTの実施

魅力的なクリニックでも、物理的に足を運ぶのが難しい施設であれば検討ができないですよね。ミネルバクリニックでは日本全国どこにいても「オンラインNIPT」というサービスを使い、最先端の検査を受けることができます。

これはビデオ通話を用いて遺伝カウンセリングをすることでクリニックまで足を運ぶ必要がない、画期的なシステムです。検査自体も東京のクリニックまで足を運ぶ必要はありません。お近くの医療機関で採血がおこなえるよう、検査キットともに紹介状を郵送してもらえますので手続きに不安があるという方でも安心です。昨今の情勢から

あまり遠出したくない…

という方も多いのではないでしょうか。つわりがあって外出が難しい、スケジュールが合わない、という方にもおすすめですよ。

住所東京都港区北青山2-7-25 神宮外苑ビル1号館2階
最寄駅外苑前駅から徒歩1分
診療時間10:00~14:00
16:00~20:00
休診日火曜・水曜

ミネルバクリニックに相談しに行く

ジョウクリニック 松山院

「早期NIPT検査」の実施

ジョウクリニックは平石クリニックの提携院です。日本で1番早くNIPTを受けられるクリニックとして有名な平石クリニック。妊娠9週から検査可能としており、他の多くのクリニックより1週早く検査が可能です。

「早期NIPT検査」と呼ばれている平石クリニックならではのシステムです。その特徴は一回の費用で二回検査が受けられる、というもの。

1回分の費用で2回受けられる!おトクですね!

提携院であるジョウクリニックも例外ではありません。二回結果を聞くことで妊婦さん自身も納得ができる、というのが人気の理由のようです。選べるプランは

  1. 基本検査
  2. 全染色体検査
  3. 微小欠失検査

の三種類です。認定施設では基本検査のみ検査が可能ですので、いかに検査の幅が広いかが分かるかと思います。妊婦さんに安心してもらいたいという気持ちこそが、平石クリニック、そしてジョウクリニックが選ばれる理由のようです。

住所愛媛県松山市千舟町4-3-7青野ビル3F
最寄駅路面電車松山市駅より徒歩4分
診療時間10:00〜19:00
休診日火曜日

愛媛⼤学医学部附属病院

検査費用は約16万円、受付時間は水曜日15:00-17:00となっています。他院で妊婦健診を受けている方でも受検が可能です。その場合は、担当医から予約をっとってもらう必要がありますのでお気をつけください。

愛媛県のNIPT基幹施設

受検の予約は、妊娠10週から15週未満の妊婦に限られます。検査ができるのが正常妊娠に限られるので、受検までに胎児の心拍確認ができている必要があります。

新型出生前診断(NIPT)検査の支払いにはクレジットカードを使用することが可能です。検査費用については検査当日に支払う必要があります。

妊婦の意見を第一に考える

愛媛⼤学医学部附属病院では正確な情報を提供するために、必ず丁寧なカウンセリングを実施し、本当に必要としている妊婦に対して検査を実施することを宣言している施設です。

住所愛媛県東温市志津川454
最寄駅伊予鉄道松山市駅から車で約30分
診療時間毎週水曜日の15:00~17:00(完全予約制)
休診日水曜以外

愛媛県⽴中央病院

検査費用については公式HPに記載がありませんでした。受け付けは火曜日午後に設定されています。

愛媛県のNIPT基幹施設

愛媛県⽴中央病院は2008年8月にユニセフより「赤ちゃんに優しい病院」Baby Friendly Hospitalに認定された総合周産期母子医療センターがあります。母子共に高度な集中治療への対応が可能です。

「赤ちゃんに優しい病院」として認定されている

また臨床遺伝専門医制度委員会臨床遺伝専門医が在籍していますので専門医に相談できる環境があります。同院の新生児内科では、発達小児科や県立こども療育センターなどと連携して早期診療、早期療育につなげていくことができます。

愛媛県⽴中央病院は妊婦にも、胎児、そして赤ちゃんにも優しい施設となっています。

住所愛媛県松山市春日町83番地
最寄駅伊予鉄道「松山市駅」から徒歩15分
受診受付8時30分から11時 ※予約診療の場合は17時まで
休診日土曜日・日曜日・祝日

いかがでしたか?

今回は愛媛県で新型出生前診断(NIPT)の受検が可能な施設についてご紹介しました。しっかり内容を比較検討して、ご自身に合った施設選びをしてくださいね。