和歌山県

和歌山の新型出生前診断(NIPT)おすすめクリニック3選!

こんにちは、一児のママ、編集長のもみじです!

和歌山県で受検できる新型出生前診断(NIPT)についてご紹介します。

妊娠して初めて、母子健康で出産できることがいかに凄いことなのか分かりますよね。同時に妊娠出産という一大イベントは常にリスクと隣り合わせということも身に沁みて実感することと思います。新型出生前診断(NIPT)診断を受検することが不安の解消につながることもあるかもしれません。

和歌山県には新型出生前診断(NIPT)が受検できる施設が3つあります。

今回ご紹介する施設
  1. ミネルバクリニック
  2. 和歌⼭県⽴医科⼤学附属病院
  3. ⽇本⾚⼗字社和歌⼭医療センター

についてご紹介しています。

バランスが取れているクリニックは?

検査費用とサポートの手厚さのバランスがとれているのがミネルバクリニック

第3世代スーパーNIPTを国内で唯一扱っていることに加え、陽性になった方には全員院長の携帯電話番号をお伝えして24時間連絡がとれるようにしているという手厚さ。

国内トップクラスのクリニックにも関わらず、検査費用は17.6万円(税込)~と良心的です。

残りの妊娠期間を安心して過ごしたいなら!まずは相談してみましょう!

ミネルバクリニックに相談しに行く

ミネルバクリニック

引用元:https://minerva-clinic.or.jp/

ご自宅からカウンセリングできるオンラインNIPT

仕事が忙しく予定を空けられない…そんな方にもおすすめ!

ミネルバクリニックでは日本全国どこに住んでいても最先端のNIPT検査を受けてほしいとの思いから、オンラインNIPTの体制が整っています。

もし検査をするなら少しでも精度の高い検査がよいですよね!

スーパーNIPT

ミネルバクリニックでは国内で唯一、第三世代スーパーNIPTが受検可能です。

その特徴はなんといっても精度の高さ。

  1. 偽陰性はゼロ
  2. 上記に加えて21・18トリソミーは陽性的中率100%

従来よりNIPT検査は精度が高い検査として注目を浴びていましたが、

遂にここまできたか…

というのが率直な印象です。これだけ精度が高い検査が母体からの血液検査のみでわかるなんて、医学の進歩は目覚ましいですね。

診療の流れ

気になる検査の流れを見てみましょう

  1. ミネルバクリニックの公式サイトより予約する
  2. 基本料金をオンライン決済で支払いする
  3. ビデオ通話を用いたオンライン形式で診察(遺伝カウンセリング)する※基本料金を超えた分についてオンライン決済にて支払う
  4. 近隣の医療機関で採血してもらう
    ※キットは紹介状とともに郵送されてきます
  5. 採血後のキットをミネルバクリニックに返送
  6. マイページから結果を確認

意外と簡単!

先ほどの流れからも分かるように、遺伝カウンセリング、採血ともにミネルバクリニックに来院する必要がありません。ママはそれでなくとも忙しいですから、嬉しいシステムですね!

検査結果はマイページから確認

Webのマイページ上から検査結果が確認ができます。わざわざ結果を聞くために来院する必要がなく、隙間時間でパッと確認できるのも嬉しいところ。

もし陽性だった場合はご安心ください。妊婦に寄り添う姿勢を貫いているミネルバクリニックでは、陽性だった方全員に院長の電話番号をお伝えしています。

不安になったとき、お困りごとがあったとき、直接相談ができるのは心強い!

24時間体制で連絡ができる。きっとこれ以上の対応はないのではないのでしょうか。

住所東京都港区北青山2-7-25 神宮外苑ビル1号館2階
最寄駅外苑前駅から徒歩1分
診療時間10:00~14:00
16:00~20:00
休診日火曜・水曜

ミネルバクリニックに相談しに行く

和歌⼭県⽴医科⼤学附属病

新型出生前診断(NIPT)の検査費用については公式HPに記載がありませんでした。初回遺伝カウンセリング料として7,820円、2回目以降5,730円(税抜)かかります。かかりつけ産科医の紹介が必要となり、予約取得が必須です。NIPT外来の受け付け時間は水曜の9:00~12:00となっています。

和歌山県のNIPT基幹施設

和歌⼭県⽴医科⼤学附属病院は和歌山県の新型出生前診断(NIPT)認定施設です。また県内で唯一の総合周産期母子医療センターに認定されています。 11週から13週6日の妊婦さんが対象で、他医療機関で通院・分娩予定の妊婦さんも受検できます。

新型出生前診断(NIPT)を行う遺伝外来は産婦人科、小児科の医師が担当します。妊娠中から出産後も連携して手厚いサポートが受けられます。また硬膜外無痛分娩を希望することもできます。

産院選びの選択肢のひとつとして検討することもよいかもしれませんね。

和歌⼭県⽴医科⼤学附属病院では同院で分娩しない方も新型出生前診断(NIPT)の受検が可能です。県内で唯一の総合周産期母子医療センターがあるので、整った設備で妊娠から出産後までサポートを受けたい方におすすめです。

⽇本⾚⼗字社和歌⼭医療センター

検査費用は新型出生前診断(NIPT)検査料として187,240円、遺伝カウンセリング料は初回が5,500円、2回目以降は3,300円かかります。予約にはかかりつけ産科医の紹介が必要です。NIPT外来の受け付けは水曜・金曜の14:00~です。

和歌山県のNIPT基幹施設

⽇本⾚⼗字社和歌⼭医療センターは和歌山県の新型出生前診断(NIPT)の認定施設です。他医療機関で通院・分娩予定の方も受検できます。 妊娠10週~妊娠14週6日までの妊婦さんが対象で、検査結果で陽性の判定が出た場合は追加費用なしで羊水検査を受けることができます。またクアトロテストや初期コンバインドテストも実施しています。

赤ちゃんとママに優しい

同院では妊婦さんが主体となって自然なお産を目指す院内助産を行っています。またNICUも併設しており、赤ちゃんとお母さん両方の産後のフォローも対応してくれます。

⽇本⾚⼗字社和歌⼭医療センターでは同院で分娩予定のない方でも受検が可能です。また新型出生前診断(NIPT)以外の出生前診断を検討している方にもおすすめです。院内助産も行っているので、希望のバースプランがある妊婦さんには嬉しいポイントかもしれません。

妊娠中、つわり(悪阻)に悩まされていませんか?

つわりとは

つわりとは、妊娠初期である5週目ごろから始まる症状のことです。多く見られる症状としては

  1. 吐きづわり(何もしなくても吐き気が止まらない)
  2. 食べづわり(常にお腹がすいている)
  3. 眠りづわり(すぐに眠くなってしまう)
  4. よだれづわり(普通にしているのによだれが出てくる) 

などがあります。つわりのピークは8週目~9週目頃となる方が多く、15週目ごろの安定期頃には落ち着いてくる傾向にあるようです。

しかしこれは一般的な平均です!

人によっては出産間際までつわりが続くという方や、妊娠しても体調の変化は全くなかった方もいますので個人差が非常に激しいといえるでしょう。

つわりが早くからあった人・ひどくなる人の特徴

つわりは人それぞれ個人差があります。特に妊娠初期の段階からつわりがあった人やつわりがひどかった人の特徴として、体内環境の変化によく反応する体質であることがひとつの原因といわれています。

妊娠すると体内ではホルモンバランスが急激に変化します。この変化に即座に対応できるか否かでつわりの有無や症状の重さが変わってくるようです。

ストレスも大きく影響

またストレスなどの心理的な要因もあります。妊娠すると分からないことだらけで、急に不安になったり涙もろくなったりする人もいます。先行きの見えない不安が知らないうちにストレスとなり、早くからつわりが起こったり、つわりを重症化させたりするようです。

つわりがつらいときは無理せず周りを頼りましょう

妊娠初期の段階の人は自分にいつつわりがくるのか、今までのような生活が送れるのか、仕事はちゃんとこなせるのか…多くの不安があるのではないでしょうか。つわりは病気ではないという言葉を耳にしますが、間に受けてはいけません。

この時期に無理をしてしまうと切迫流産や切迫早産になってしまうなど後々に大きく影響します。つらい時期が続きますが、つわり中は無理をしないことが第一です。パートナーや両親、会社の方など周囲の方を頼ってしっかり体を休めることを心掛けて下さいね。

いかがでしたか?

新型出生前診断(NIPT)の受検を検討されている時期の妊婦さんは悪阻に悩まされている方もいるかと思います。そのような方は日々を乗り越えるので精いっぱいかもしれません。

しかし新型出生前診断(NIPT)を受検できる期間は決まっており、多くの施設やクリニックで15週までと定められています。ご自身の体調と相談しながら、生まれてくる赤ちゃんのことも考えてあげてくださいね。