山口県

山口の新型出生前診断(NIPT)おすすめクリニック5選!

こんにちは!編集長のもみじです!

もみじ l 妊娠出産メディア編集長 l 切迫早産で3ヶ月自宅安静、3歳児の母 l マタニティケアラー資格取得 l SNSフォロワー1,000人超え

山口県で受検できる新型出生前診断(NIPT)についてご紹介します。当サイト編集部が行った独自調査によると妊娠した方の約3割が検討しているNIPT。

妊娠して喜びの気持ちがある一方、無事に出産できるのだろうかと不安な気持ちになっている方もいるかもしれません。しっかりと情報収集を進めてご自身にとってベストな選択ができるようにしてくださいね。

山口県では以下の医療施設で新型出生前診断(NIPT)が受検できます。

今回ご紹介する施設
  1. 平石クリニック(下関提携院・すきクリニック)
  2. ミネルバクリニック
  3. 東京美容外科 山口下関院
  4. NIPTクリニック 山口院(DNA提携院)
  5. 地域医療機能推進機構徳⼭中央病院
  6. 地⽅独⽴⾏政法⼈⼭⼝県⽴病院機構⼭⼝県⽴総合医療センター

についてご紹介しています。

新型出生前診断は安心の平石クリニックで!
  • 日本で一番早い妊娠6週から検査が可能。1回の料金で2回受けられるのでお得に検査でき、検査結果に納得できる!
  • 検査実績が豊富であり四年連続 顧客満足度95%以上の人気クリニック!
  • 認定遺伝カウンセラーの在籍、確定診断時の検査全額負担と安心して受けられる体制。

\1回分の検査費用で2回検査できる安心感/

残りの妊娠期間を安心して過ごしたいなら!まずは相談してみましょう!

ミネルバクリニックに相談しに行く >

平石クリニック(下関提携院・すさクリニック)

一度の来院で検査可能

NIPT検査は、遺伝カウンセリング→血液検査→結果報告と三段階に分けることができます。認可施設の多くはこれらを全て来院必須、別日と設定している場合もあります。平石クリニックと提携している下関提携院・すきクリニック各院では血液検査時の一度の来院のみで済むため、通院回数を減らすことができます。

また同院はパートナーの同伴は必須ではありません。同意を得るのが難しい方やお仕事の都合がつけにくい方などにも嬉しいですね。

早期NIPTで検査結果に納得

平石クリニック下関提携院・すきクリニックでは「早期NIPT」として1回の検査費用で2回検査を受けることができます。

  • 妊娠6週~
  • 妊娠10週~

と2回検査を受けることで、偽陽性や偽陰性だったら…と疑心暗鬼になってしまう妊婦さんも検査結果に納得できるのではないでしょうか。NIPT検査を受けることで、後の準備をしっかり整えることができます。出産までの約10ヶ月間を不安なまま過ごすよりも、検査をして安心して出産に臨みたいですね。

平石クリニック 下関提携院・すきクリニックはどちらで検査を受けても検査精度や料金、検査の流れは変わりません。アクセスのよい方を選んでくださいね。

平石クリニック 下関提携院

住所山口県下関市秋根西町1-3-9 小林ビル3F
最寄駅路面電車大橋通駅より徒歩1分
診療時間10:00-19:00
休診日不定休

\1回分の検査費用で2回検査できる安心感/

すさクリニック

住所山口県萩市須佐1384-1
最寄駅最寄駅 須佐駅
診療時間9:00~12:00 / 14:00~17:00
休診日不定休

\1回分の検査費用で2回検査できる安心感/

※提携先の平石クリニックのサイトに遷移します

ミネルバクリニック

引用元:https://minerva-clinic.or.jp/

オンラインNIPTの実施

ミネルバクリニックではオンラインNIPTというシステムがあります。これはオンライン診療(ビデオ通話)を用いて遺伝カウンセリングを行い、採血はお近くの医療機関で実施することで来院することなく受検ができるシステムのことです。

山口のご自宅にいながら東京で受けるサービスと同等の内容が受けられるのは嬉しいポイントですね。

万全なサポートとアフターフォロー

ミネルバクリニックではNIPT検査の結果が万が一陽性の場合、羊水検査費用の15万円まで負担し、実施施設を紹介してくれます。陽性になったことで不安や心配に感じる妊婦さんへの対応として、24時間連絡可能としています。

診察以外でもこういったフォローがあると安心できますよね。認定施設では確定のための羊水検査など、別途費用がかかってしまう場合もあります。また確定検査をどこの施設で受けるかなど、今後の選択肢に色々と迷うかもしれません。不安や心配がある時こそ、専門医のサポートが力になるでしょう。

そして受検の段階でも「双子なのでなかなか受検できる施設がない」「週数が過ぎて産婦人科で検査を受けられなく困っている」といった患者さんへの相談にも対応しています。

住所東京都港区北青山2-7-25 神宮外苑ビル1号館2階
最寄駅外苑前駅から徒歩1分
診療時間10:00~14:00
16:00~20:00
休診日火曜・水曜

\ミネルバクリニックで安心を手に入れよう/

東京美容外科 山口下関院

引用元:https://dna-am.co.jp/

認定遺伝カウンセラーに無料電話相談ができる

東京美容外科 山口下関院はDNA先端医療の提携院です。DNA先端医療でNIPTを受検する方は、在籍する認定遺伝カウンセラーに無料で電話相談することができ、提携している東京美容外科 山口下関院にも同じサービスが適用されます。

これはコロナ対策の一貫として始まったサービスだそうです。妊娠中に通院や移動が増えてしまうことで色々心配が増えてしまうママや、つわりなど体調面で波がある方には嬉しいサービスですね。

認定遺伝カウンセラーは専門的知識を用いて、患者さんに適切な遺伝情報や社会的支援体制など伝え、心理的・社会的にもサポートする役割を果たしています。検査前や検査後の結果に関してなど、不安や心配な点があればいつでも相談することができます。来院する必要がないので、自分の都合のいいタイミングで電話で相談することができるのがありがたいですね。

\2回目以降の検査費用が半額/

※提携先、DNA先端医療株式会社のページに遷移します

NIPTクリニック 山口院(DNA提携院)

引用元:https://dna-am.co.jp/

自社で出生前DNA親子鑑定を行っている

NIPTクリニック 山口院はDNA先端医療の提携院です。

DNA先端医療では、日本国内にある自社ラボで出生前DNA親子鑑定を行っています。この出生前DNA鑑定では世界トップレベルの99.99%以上の父権肯定確率を保証しています。妊娠初期である7週から検査可能で、エコーでは判別できない性別も鑑定することができます。スピード鑑定であれば結果も最短で6営業日でわかります。全国の提携医療機関で採血が可能で、検体採取の方法に関しても対応してくれます。

また血縁関係が認められなかった場合はもう一度無料にて検査を行ったり、中絶胎児組織から父子のDNA鑑定を行うことも可能です。このDNA鑑定には私的鑑定と法的鑑定があり、対象の検査人数や妊娠週、性別判定をつけるかなどオプションによって費用が変わるので、必要な方は事前に確認の上で受検しましょう。

\2回目以降の検査費用が半額/

※提携先、DNA先端医療株式会社のページに遷移します

地域医療機能推進機構 徳⼭中央病院

NIPT検査料については記載がありませんでした。遺伝カウンセリング料については5,000円(税別)が必要です。水曜午後と金曜午後に受け付けをしておりますが、予約制となっている為必ず事前にご予約ください。

山口県のNIPT基幹施設

徳⼭中央病院での新型出生前診断(NIPT)の管轄は遺伝子診療科となっていますが、現在は産婦人科外来診察室でNIPT検査を実施しているようです。担当医師は

  • 臨床遺伝専門医
  • 産婦人科専門医・指導医
  • 生殖医療専門医・指導医

と妊娠出産のエキスパートが勢ぞろい。新型出生前診断(NIPT)に関して公式HPに記載されている情報は多くはありませんが、近隣の方や同院で出産予定の方などは是非ご検討ください。2021年より無痛分娩にも対応しているようです。

地⽅独⽴⾏政法⼈⼭⼝県⽴病院機構 ⼭⼝県⽴総合医療センター

NIPT検査料は約210,000円(遺伝カウンセリング料含む)となっています。かかりつけ産科医の紹介の上、予約が必要です。NIPT外来日は水曜に設定されています。

⼭⼝県⽴総合医療センターのNIPTについては別記事で詳しく解説しています!

山口県のNIPT基幹施設

地⽅独⽴⾏政法⼈⼭⼝県⽴病院機構⼭⼝県⽴総合医療センターは山口県の新型出生前診断(NIPT)実施基幹施設です。総合周産期母子医療センターであり、ハイリスク妊娠の患者さんにも対応しています。

NIPT検査受検期間はやや短め

原則妊娠10週から妊娠14週の妊婦さんが対象で、他医療期間に通院・分娩予定の方も受検できます。またカウンセリング後、当日の受検もできます。同院には院内助産院があります。分娩経過中に異常が発生した場合には、周産期センターで対応します。

地⽅独⽴⾏政法⼈⼭⼝県⽴病院機構⼭⼝県⽴総合医療センターでは分娩は他院で行う方も受検が可能です。院内助産院があるほか、先天異常などの小児外科疾患に対応した新生児科もあるので、出産後に万が一治療を必要とする場合も適切な対応を受けられます。

病院・施設はなぜ選ぶ?

新型出生前診断(NIPT)検査を受検するにあたり、なぜ病院・施設を選ぶ必要があるのでしょうか?

サポート体制に差があるから

それは、病院・施設ごとに特徴がありサポート体制にも差があるためです。一番分かりやすい違いは費用面ではないでしょうか。現在、日本では新型出生前診断(NIPT)の受検は保険適用外の検査となっているため、受検する病院・施設によって金額が異なります。安易に金額が安いところを選んでしまい、妊婦自身が求めるサービスが受けられなければ意味がありません。

NIPT検査陽性後の対応

また新型出生前診断(NIPT)自体は非確定検査です。万が一陽性となった場合、確定検査である羊水検査を検討される方もいらっしゃると思います。病院や施設によっては確定検査が必須、という施設もあります。

羊水検査を受けられる期間は妊娠18週(または19週)までとしている病院やクリニックが多いため、新型出生前診断(NIPT)の結果が届く期間を加味すると遅くとも妊娠16週までに受検をされることをおすすめします。

こうして見るとそれぞれの検査が受検できる期間は意外と短いことがわかりますね!

いかがでしたか?

今回は山口県で新型出生前診断(NIPT)が受検できる施設についてご紹介しました。施設によってその特徴は様々です。是非ご自身が何に重きを置きたいのかをしっかり考え、検討されてくださいね。

もみじ編集長
もみじ編集長

他県も確認したい方はこちらからチェックできます!

\先輩ママおすすめNIPT人気クリニック/