石川県

石川の新型出生前診断(NIPT)おすすめクリニック4選!

こんにちは、一児のママ、編集長のもみじです!

石川県で受検できる新型出生前診断(NIPT)についてご紹介します。

新型出生前診断(NIPT)とは一度の血液検査のみで胎児の特定の疾患について判別できる非常にリスクが低い検査です。

今回は石川県で受検できる施設についてご紹介します。

今回ご紹介する施設
  1. ミネルバクリニック
  2. ⾦沢⼤学附属病院
  3. ⾦沢医科⼤学病院
  4. ⽯川県⽴中央病院

についてご紹介しています。

バランスが取れているクリニックは?

検査費用とサポートの手厚さのバランスがとれているのがミネルバクリニック

第3世代スーパーNIPTを国内で唯一扱っていることに加え、陽性になった方には全員院長の携帯電話番号をお伝えして24時間連絡がとれるようにしているという手厚さ。

国内トップクラスのクリニックにも関わらず、検査費用は17.6万円(税込)~と良心的です。

専門医に質問することで解決することは多いです!

ミネルバクリニックに相談しに行く

ミネルバクリニック

引用元:https://minerva-clinic.or.jp/

検査を諦めなくていい!オンラインNIPT

検査のために東京まで行けない…そんな方にもおすすめ!

ミネルバクリニックでは日本全国どこに住んでいても最先端のNIPT検査を受けてほしいとの思いから、オンラインNIPTの体制が整っています。

立地が理由で諦めないでください!

スーパーNIPT

ミネルバクリニックでは国内で唯一、第三世代スーパーNIPTが受検可能です。

その特徴はなんといっても従来より格段に精度が向上していること。

  1. 偽陰性はゼロ
  2. 上記に加えて21・18トリソミーは陽性的中率100%

それまでもNIPT検査は精度が高い検査として注目を浴びていましたが、

検査精度が格段に上がっている…

というのが率直な印象です。これだけ精度が高い検査が母体からの血液検査のみでわかるなんて、医学の進歩は目覚ましいですね。

診療の流れ

気になる検査の流れを見てみましょう

  1. ミネルバクリニックの公式サイトより予約する
  2. 基本料金をオンライン決済で支払いする
  3. ビデオ通話を用いたオンライン形式で診察(遺伝カウンセリング)する※基本料金を超えた分についてオンライン決済にて支払う
  4. 近隣の医療機関で採血してもらう
    ※キットは紹介状とともに郵送されてきます
  5. 採血後のキットをミネルバクリニックに返送
  6. マイページから結果を確認

これならできそう!

先ほどの流れからも分かるように、遺伝カウンセリング、採血ともにミネルバクリニックに来院する必要がありません。ご自宅近くで完結するシステムは多くの方にとってメリットが大きいのではないでしょうか。

検査結果はマイページから確認

Webのマイページ上から検査結果が確認ができます。わざわざ結果を聞くために来院する必要がなく、隙間時間でパッと確認できます。さらに結果を聞くために追加費用がかかることもありません。

妊婦に寄り添う姿勢を貫いているミネルバクリニック。もし陽性だった場合は全員に院長の電話番号をお伝えしています。

不安になったとき、お困りごとがあったとき、直接相談ができるのは心強い!

何かあったときにすぐに頼れる存在がいる。24時間体制で連絡ができる。不安の大きい妊婦さんにとってこれ以上の心の支えはないのではないでしょうか。

住所東京都港区北青山2-7-25 神宮外苑ビル1号館2階
最寄駅外苑前駅から徒歩1分
診療時間10:00~14:00
16:00~20:00
休診日火曜・水曜

ミネルバクリニックに相談しに行く

⾦沢⼤学附属病院

検査費用しNIPT検査料として200,000円、遺伝カウンセリングは初回が9,000円、2回目以降は7,000円が必要になります。予約にはかかりつけ産科医の紹介状が必要です。予約センターは平日の9:00~16:30となっています。

石川県のNIPT基幹施設

⾦沢⼤学附属病院は石川県内の新型出生前診断(NIPT)認定施設です。遺伝に関わるさまざまな相談に対応してもらえる遺伝カウンセリングが充実しています。 妊娠10週から妊娠14週の妊婦さんが対象で、他の医療機関に通院・分娩予定の方でも受検できます。

産院が選べるというのは嬉しいポイントかもしれませんね

羊水検査の対応が可能

また新型出生前診断(NIPT)検査で陽性判定が出た場合、後日羊水検査などの対応が可能です。 地域周産期母子医療センターとして認可されている周産母子センターにはNICUや新生児外科部門があり、胎児期からの治療も行われているので、分娩・出産後も安心してサポートが受けられます。

同院で分娩予定のない妊婦さんも新型出生前診断(NIPT)の受検が可能です。また特定機能病院であり、他の科と連係して診療を行っているので1つの病院で検査を受けたい方や出産後も安心してサポートを受けたい方におすすめです。

⾦沢医科⼤学病院

検査費用は200,000円(税別)です。予約にはかかりつけ産科医の紹介状が必要となっています。NIPT外来日は毎週水曜日の14:00~16:00、1日2名までの受け付けとなっています。

石川県のNIPT基幹施設

⾦沢医科⼤学病院石川県内の新型出生前診断(NIPT)認定施設であり、NIPT外来は産科婦人科専門医と臨床遺伝専門医が担当します。 妊娠10週〜15週の妊婦さんが対象で、他の医療機関に通院・分娩予定の方でも受検できます。

また陽性の判定が出た場合、確定検査として羊水検査をすることで陽性確定とされます。

NIPT検査は非確定検査のため、別途確定検査が必要となります

地域周産期母子医療センターとして認定されており、小児集中治療センターにはNICU(新生児集中治療室)、GCU(新生児治療回復室)があります。万が一治療が必要になった場合でも高度な医療サポートを受けられます。

金沢医科大学病院で分娩予定のない妊婦さんも新型出生前診断(NIPT)の受検が可能です。また新生児集中治療センターや小児高度外科医療センターがあるので、万が一出産後に治療が必要な場合も適切な小児医療を受けることができます。整った設備で出産後も安心してサポートを受けたい方におすすめです。

⽯川県⽴中央病院

2022年8月現在、⽯川県⽴中央病院の公式HPに新型出生前診断(NIPT)についての記載はないようです。

石川県のNIPT基幹施設

遺伝診療科では遺伝カウンセリングを行っており、遺伝性腫瘍(リンチ症候群,遺伝性乳癌卵巣癌症候群など)や出生前診断についての相談に乗っているようです。

新型出生前診断(NIPT)と出生前診断は異なります。

⽯川県⽴中央病院での新型出生前診断(NIPT)受検を検討されている方は現在受診している医師を通して当院患者総合支援センターまで相談してみてくださいね。

NIPT(新型出生前診断)とは?

母子ともにリスクの少ない検査

NIPTはNoninvasive prenatal genetic testingの略で、日本語に訳すと

非侵襲的(noninvasive、生体を傷つけないような)出生前( prenatal)遺伝的(genetic)検査(testing)

となります。検査自体は血液検査のみですので、検査をすることで母子に影響はありません。一般的に新型出生前診断と呼ばれ、これは従来の出生前診断と区別するためにつけられています。

そもそも医師が行う胎児の発育や異常の有無を調べる診断のこと全般を出生前診断と呼び、全ての妊婦が受ける超音波検査や胎児心拍数モニタリングもこの中に含まれます。

従来の出生前診断との違い

特に新型出生前診断(NIPT)と比較される出生前検査は、染色体異常を調べるための検査、絨毛検査や羊水検査と呼ばれるものにあたります。絨毛検査は妊娠10週から13週ごろ、羊水検査は妊娠15週以降に行うことができる検査です。

妊婦のお腹に針を刺して絨毛検査であれば胎盤を形成する前の胎児に由来する細胞(絨毛のこと)を採取、羊水検査であれば羊水を採取し検査することで染色体異常や遺伝子疾患を診断しています。

母体へのリスクが低い、検査後に安静しなくてもよい、というのがNIPTのメリットです!

いかがでしたか?

今回は石川県で新型出生前診断(NIPT)が受検できる施設についてご紹介しました。

検査ができる期間は意外と短く、迷っていると検査対象期間を過ぎてしまったということも想定されます。ただでさえ分からないことが多く不安の多いマタニティライフ。

新型出生前診断(NIPT)を受検すれば長い妊婦生活の不安な気持ちを取り除けるかもしれませんよ。