神奈川県

神奈川(横浜)の新型出生前診断(NIPT)おすすめクリニック12選!

こんにちは、一児のママ、編集長のもみじです!

神奈川県で受検できる新型出生前診断(NIPT)についてご紹介します。

妊婦さんであれば何かと耳にする機会も多い新型出生前診断(NIPT)。妊婦検診で先生からお話のあった方もいらっしゃるかもしれません。

今回は神奈川県で受検できる施設についてご紹介します。

今回ご紹介する施設
  1. ミネルバクリニック
  2. 平石クリニック横浜提携院
  3. AGAスキンクリニック横浜レディース院
  4. 横浜市⽴⼤学附属病院
  5. 東海⼤学医学部付属病院
  6. 北⾥⼤学病院
  7. 昭和⼤学横浜市北部病院
  8. 聖マリアンナ医科⼤学病院
  9. 横浜市⽴⼤学附属市⺠総合医療センター
  10. ⽇本医科⼤学武蔵⼩杉病院
  11. 独⽴⾏政法⼈地域医療機能推進機構相模野病院
  12. 医療法⼈徳洲会湘南藤沢徳洲会病院

についてご紹介しています。

バランスが取れているクリニックは?

検査費用とサポートの手厚さのバランスがとれているのがミネルバクリニック

第3世代スーパーNIPTを国内で唯一扱っていることに加え、陽性になった方には全員院長の携帯電話番号をお伝えして24時間連絡がとれるようにしているという手厚さ。

国内トップクラスのクリニックにも関わらず、検査費用は17.6万円(税込)~と良心的です。

NIPTは高齢妊婦さんだけのものではありません!気になる方は要チェック!

ミネルバクリニックに相談しに行く

ミネルバクリニック

引用元:https://minerva-clinic.or.jp/

オンラインNIPTで家にいながら遺伝カウンセリング!

体調が悪く長時間の外出が辛い…そんな方にもおすすめ!

妊娠すると母体には様々な変化が起こり、常に体調は不安定です。つわりがつらく外出が辛い…そんな方のためにオンラインNIPTの体制が整えられています。

オンラインNIPTとはビデオ通話を用いて遺伝カウンセリングをするシステムのことです。オンラインNIPTを用いることで日本全国どこにいても、地域を限定することなくオンラインで診療することが可能なんです。

診療の流れ

  1. ミネルバクリニックの公式サイトより予約する
  2. オンライン決済で基本料金を支払いする
  3. ビデオ通話を用いたオンライン形式で診察(遺伝カウンセリング)する
    ※基本料金超過分についてはオンライン決済にて支払う
  4. ご自宅や職場付近などご都合のよい医療機関で採血してもらう
    ※キットと紹介状は郵送されてきます
  5. 採血後のキットをミネルバクリニックに返送
  6. マイページから結果を確認

NIPTの検査自体は母体からの採血のみとなります。

遺伝カウンセリング、採血ともにミネルバクリニックに出向く必要はありません。一度も東京のクリニックに行くことなく完結するため、スケジュールが合わない方やアクセスの悪い方にも安心ですね。

検査結果はマイページから確認

検査結果はWeb上の専用マイページから確認ができます。検査過程も含めて確認できるので、落ち着かない気持ちが少し軽減さけるかもしれませんね。

検査結果は直接聞けないの…?

とネガティブに感じた方もいらっしゃるかもしれません。陰性であれば心配する必要はありませんし、もし陽性だった場合は手厚いサポート体制があります。

具体的には院長先生の携帯番号を教えてもらえるため、不安に感じたときや相談したいときに24時間体制で連絡が取れるのです。他院の場合、少し話すだけでも遺伝カウンセリング料として別途料金が発生しますので、気軽に相談できるこのシステムは嬉しいですね。

住所東京都港区北青山2-7-25 神宮外苑ビル1号館2階
最寄駅外苑前駅から徒歩1分
診療時間10:00~14:00
16:00~20:00
休診日火曜・水曜

ミネルバクリニックに相談しに行く

平石クリニック横浜提携院

引用元:https://www.nipt-clinic.jp/lp/

精度の高い検査

平石クリニックでは、遺伝研究をサポートする企業イルミナ株式会社次世代シーケンサーNextSeq550Dxを使用してNIPT検査で採血した検体を国内で検査しています。使用されているNextSeq550DxはNIPT検査に対応した次世代シーケンサーで唯一でクラスⅠ医療機器登録されています。

少し専門的な話ですが、これは数多くある医療機器の中でも、機器に不具合が生じた場合に人体へのリスクが極めて低いと考えられるものに分類されるということになります。

また平石クリニックで行われているNIPT検査では従来の検査方法に比べて格段に検査精度が上がっているため偽陽性が少なくなっています。

これは羊水検査や絨毛検査といった、NIPTと比較して身体へのリスクの高い検査を控えることにつながっています。本来であれば必要ないはずの検査を受けなくてよい。不安の大きい妊婦さんには嬉しいことですね。

住所神奈川県横浜市中区山下町74-1 大和地所ビル202号
最寄駅日本大通り駅 徒歩2分
診療時間10:00〜13:00
14:30〜18:00
休診日土・日・祝

平石クリニックに相談しに行く

AGAスキンクリニック横浜レディース院

引用元:https://dna-am.co.jp/

AGAスキンクリニック横浜レディース院はDNA先端医療の提携院です。

認定遺伝カウンセラーへ無料相談が可能

DNA先端医療では認定遺伝カウンセラーに無料で相談が出来ます。どのプランにするか、という相談はもちろん、そもそもNIPT検査を受けるべきか、受ける場合リスクはどれくらいあるのかなど不安なことを尋ねることが可能です。

全く遺伝カウンセリングの体制がない医療施設や、あったとしても遺伝カウンセリングだけで1時間数万円するような医療施設も存在します。妊婦さんのことを考えたからこその無料相談は嬉しいですね。

日本国内で唯一!自社の研究施設で出生前DNA親子鑑定ができる

DNA先端医療では、母体から採取した血液から胎児のDNAを検出し、父親と思われる方との親子鑑定をおこなうことが出来ます。これは自社研究所で出生前DNA鑑定を行っている日本で唯一の検査機関のため、非常に注目を集めている会社です。

父子の親子関係に不安を抱いている場合だけではなく、体外受精をした母子間の関係を知る為に使用される方も多いようですよ。

妊娠7週以降から検査可能なので、日々不安に思っている人は早めの予約をおすすめします。また、万が一血縁関係が否定された場合も、必要であれば確認の為の再検査を無料でおこなってくれます。これは、99.99%以上の父権肯定確率を保証している鑑定制度に自信があるからこそ出来る取り組みと言えそうです。

住所神奈川県横浜市西区北幸1-1-6 相鉄北幸第2ビル 7F
最寄駅横浜駅西口より徒歩2分
診療時間10:00~22:00
休診日不定休

DNA先端医療に相談しに行く

※DNA先端医療のサイトに遷移します

横浜市⽴⼤学附属病院

検査費用は8万6,664円(税別)~に設定されています。検査にあたっては遺伝カウンセリング料9,727円が別途受診毎に加算されます。※初回受診の際に紹介状が無い場合はプラス5,000円(税抜)が必要となります。 受付時間は平日10時~17時のみです。

神奈川県のNIPT基幹施設

横浜市⽴⼤学附属病院は神奈川県の認可施設です。検査前に遺伝カウンセリングを夫婦で受け疑問や不安な点などを解消できます。

検査内容は基本とされている3つ(21・18・13トリソミー)の染色体検査が可能です。 特定機能病院として厚生労働大臣から認定された病院のため医療技術が高いことが伺えます。 地域周産期母子医療センターで、24時間体制が整っている点も魅力です。

横浜市立大学附属病院は、産科救急にも対応しているので出産希望の方は情報共有を図ることが出来るのでおすすめです。

東海⼤学医学部付属病院

検査費用は公式HPに記載がありません。またNIPTに関する問い合わせ不可(分娩予定の人は.分娩予約の際に相談)となっています。かかりつけの人で、かつ東海大学医学部付属病院で分娩予定の人のみ新型出生前診断(NIPT)が受けられます。

神奈川県のNIPT基幹施設

東海⼤学医学部付属病院は産科外来のみならず、助産師が妊婦健診を行う助産外来があるので、妊娠中の不安や産後の心配事等を相談できる環境が整っています。 基幹施設に認定されており、遺伝に特化した専門医が在中しているのは、大きな強みと言えます。

同院は神奈川県内に5つしかない総合周産期母子医療センターに指定されています。高齢出産が不安な方や、持病で妊娠が心配なリスクのある方への診療に向いているようです。

北⾥⼤学病院

検査費用と受付時間は公式HPに記載がありません。

神奈川県のNIPT基幹施設

北⾥⼤学病院での新型出生前診断(NIPT)の受検は北里大学病院で分娩する人に限定されます。分娩希望の方の新型出生前診断(NIPT)希望者の遺伝相談を受け付けており、検査後のアフターフォローも整っています。

2021年度のNIPT検査実績が33件あり、一人一人丁寧に向き合う姿勢が人気です。 産科麻酔を専門とした麻酔科医が在籍しており、1970年代から無痛分娩を取り扱った母体と胎児に寄り添った医療を提供しています。

北里大学病院は、ハイリスク妊婦の方や胎児の病気が見つかった場合に適切な治療が受けられる病院です。妊娠中の不安があれば他院からの紹介も可能なので、まずはかかりつけの医師に相談してから紹介してもらうのがおすすめと言えそうですね。

昭和⼤学横浜市北部病院

検査費用は132,000円、遺伝カウンセリングは別途8,800円です。 また結果開示時に3,300円~かかります。受付時間について公式HPに記載はありませんが、毎週月曜のみNIPT検査を行っています。

神奈川県のNIPT基幹施設

昭和⼤学横浜市北部病院のNIPT検査および遺伝カウンセリングは、原則夫婦揃って行われます。あらかじめ休みを取るか時間調整などで合わせておくと予定が組みやすいでしょう。 同院は、「超音波検査で胎児の心拍が確認されており、かつ分娩予定日が決定している方」がNIPTを受けられるようになっています。

完全予約制のため早めに予約するのがオススメです。結果報告時にはオンライン遺伝カウンセリングのサービスもありますので、ご自宅にいながら結果を確認することも可能です。

先生も、明るく丁寧な説明をしてくださると口コミの評価も高いです。 検査受検当日に妊娠9週目以降であれば検査可能です。他のクリニックより一週間ほど早くから検査可能のため、少しでも早く知りたいという妊婦さんにはありがたいですね。

聖マリアンナ医科⼤学病院

検査費用・受付時間ともに公式HPに記載がありません。

神奈川県のNIPT基幹施設

総合周産期母子医療センターになっており、分娩総数が年七百件と不動の人気を誇っています。 MFICUが6床、NICUは12床あり、母体や新生児の救急医療にも対応できる施設になっています。 公式サイトにはNIPTに関する情報は載っていないものの、「出生前診断に力を入れていく」との診療部長の言葉が記載されており、すでにNIPT検査を希望する方をサポートする環境が整っていることが伺えます。

聖マリアンナ医科大学病院は、新生児医療の中核として様々な女性や胎児に関する病気に力を入れており、出産に対する不安を抱えた妊婦に寄り添える医療を提供していると言えます。

横浜市⽴⼤学附属市⺠総合医療センター

検査費用について公式HPに記載はありません。遺伝カウンセリングについては6,310円~1万1,810円と幅があります。 完全予約制で医療機関、患者本人または家族からの予約が可能です。

神奈川県のNIPT基幹施設

横浜市⽴⼤学附属市⺠総合医療センターは令和2年に設立された遺伝子診療科があり、患者が希望した選択に合わせた丁寧な診察が魅力です。 全国の大学附属病院で初めて「赤ちゃんにやさしい病院」として、ユニセフ・WHOから認定を受けており、分娩希望の方は母体のみならず産んだ赤ちゃんまで配慮がなされています。

総合病院のため比較的混雑した日が多いようですが、ハイリスク出産の方にもしっかり対応しています。女医の先生が多く、NIPTの悩みなどは女性の方の方が質問しやすいかもしれません。

横浜市立大学附属市民総合医療センターは、公式サイトにNIPTに関する情報は記載されていませんでしたが、総合周産期センターなので各科の医師と連携を図りながら妊娠出産の悩みに対し適切な医療を提供してくれると言えそうですね。

⽇本医科⼤学武蔵⼩杉病院

検査費用・受付時間ともに公式HPに記載がありません。

神奈川県のNIPT基幹施設

⽇本医科⼤学武蔵⼩杉病院は年間の平均分娩数が1,100件と多く、地域周産期医療センターでNICUも完備されていることが妊娠や出産に不安がある人にとって産院をを選ぶ決め手になっています。 病院が新しくなったことで、施設が明るく活気があり印象が良くなったとの口コミが目立ちます。

予約をしていても待ち時間が長いので、用事などをあらかじめ済ませてから行くのが良いでしょう。 女性診療科があり、女性に関するあらゆる疾患に対応できるスペシャリストがいるので気軽に相談できそうです。

日本医科大学武蔵小杉病院は、地域周産期母子医療センターになっており、救急医療やリスクのある出産にも対応しているので気になっている人は候補の一つに入れておくと良さそうです。

独⽴⾏政法⼈地域医療機能推進機構相模野病院

検査費用・受付時間ともに公式HPに記載がありません。

神奈川県のNIPT基幹施設

地域周産期センター指定病院で、産婦人科と小児科の医師が常駐しており、妊娠中に起こる救急の状態にも的確に対応してくれます。 センター長が「日本人類遺伝学会臨床遺伝」の専門医で、遺伝に関する悩みに丁寧に耳を傾けてくれると考えられます。

JR矢部駅から徒歩1分という利便性の良さで、普段から徒歩や電車を利用している方は交通機関を気軽に利用出来る立地にある施設はポイントが高いですね。 女性医師が多く、不妊治療や妊娠した後の不安や悩みなども親身になってくれると評価の高い口コミも多く、総合して女性専門外来と言えそうです。

医療法⼈徳洲会湘南藤沢徳洲会病院

検査費用は20万(税込)~、受付時間は祝日を除く月~金の13時~15時です。

神奈川県のNIPT基幹施設

新型出生前診断(NIPT)を希望するのは自由であるからこそ、ご自身がNIPTについてよく知ってほしいと医師達の妊婦に対する思いが非常に感じられます。 多くの医療施設の遺伝カウンセリングは一定額のところがおおいですが、同院では初回のみやや高額に感じられるものの、二回目以降は半額で受けられます。

イギリスのMFT認定資格を持った医師が妊娠初期胎児超音波検査を行うだけでなく、遺伝専門医からカウンセリングも行ってもらえ、不安が多い妊婦の方は不安を解消できる要素が多いクリニックです。

湘南藤沢徳洲会病院は「外国人患者受け入れ拠点病院」に認定され、母国語が日本語でない人も通いやすい点除く力です。また、スタッフの育成に力を注いでいる事も、医療に対する積極性が非常に見える病院だと感じます。

いかがでしたか?

今回は神奈川県で新型出生前診断(NIPT)が受検できる施設についてご紹介しました。施設によって考え方も様々ですので必ず比較してご自身にあった施設を選んでくださいね。