神奈川県

神奈川(横浜)の新型出生前診断(NIPT)おすすめクリニック24選!認可?無認可?費用を比較!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
こんにちは!編集長のもみじです!

もみじ l 妊娠出産メディア編集長 l 切迫早産で3ヶ月自宅安静、3歳児の母 l マタニティケアラー資格取得 l SNSフォロワー1,000人超え

横浜、武蔵小杉を中心に神奈川県で受検できる新型出生前診断(NIPT)についてご紹介します。当サイト編集部が行った独自調査によると妊娠した方の約3割が検討しているNIPT。

妊婦さんであれば何かと耳にする機会も多いのではないでしょうか。妊婦検診で先生からお話のあった方もいらっしゃるかもしれませんね。今回は以下の医療施設についてご紹介しています。

今回ご紹介する施設
  1. 平石クリニック横浜提携院
  2. ミネルバクリニック
  3. HAAB BEAUTY CLINIC 横浜院(青山ラジュボークリニック)
  4. AGAスキンクリニック横浜レディース院(DNA先端医療株式会社)
  5. NIPTナビ(提携院3院)
  6. NIPT Japan(提携院5院)
  7. 横浜市⽴⼤学附属病院
  8. 東海⼤学医学部付属病院
  9. 北⾥⼤学病院
  10. 昭和⼤学横浜市北部病院
  11. 聖マリアンナ医科⼤学病院
  12. 横浜市⽴⼤学附属市⺠総合医療センター
  13. ⽇本医科⼤学武蔵⼩杉病院
  14. 独⽴⾏政法⼈地域医療機能推進機構相模野病院
  15. 医療法⼈徳洲会湘南藤沢徳洲会病院
  16. 新百合ヶ丘総合病院
  17. 西船橋こうのとりクリニック
  18. ヒロクリニック

多くの医療施設がありますがその特徴は様々です。しっかり比較検討してみてくださいね。

新型出生前診断は安心の平石クリニック!
  • 日本で一番早い妊娠6週から検査が可能。1回の料金で2回受けられるのでお得に検査でき、検査結果に納得できる!
  • 検査実績が豊富であり5年連続 顧客満足度95%以上の人気クリニック!
  • 認定遺伝カウンセラーの在籍、確定診断時の検査全額負担と安心して受けられる体制。

5年連続!顧客満足度95%以上

NIPTは高齢妊婦さんだけのものではありませんよ!

平石クリニック横浜提携院

早期NIPTで検査結果に信頼性を

平石クリニックは、顧客満足度が5年連続で95%以上を獲得しており、実際に受けた先輩ママからの高い評価を得ています。

平石クリニックの強みは認可外施設ならではの柔軟な体制を活かし、全染色体検査・微小欠失検査にも対応していることです。また1回の検査費用で妊娠9週以前と通常の10週以降の2回の検査ができる「早期NIPT検査」が特徴です。た妊娠10週以前の検査結果は参考値となりますが、2回検査結果を受け取れば感じ方は変わるのではないでしょうか。

精度の高い検査

平石クリニックでは遺伝研究をサポートする企業イルミナ株式会社の「次世代シーケンサーNextSeq550Dx」を使用し、NIPT検査で採血した検体を国内で検査しています。使用されている「NextSeq550Dx」はNIPT検査に対応した次世代シーケンサーで唯一でクラスⅠ医療機器登録されています。

少し専門的な話ですが、これは数多くある医療機器の中でも、機器に不具合が生じた場合に人体へのリスクが極めて低いと考えられるものに分類されるということになります。

また平石クリニックで行われているNIPT検査では従来の検査方法に比べて格段に検査精度が上がっているため偽陽性が少なくなっています。

これは羊水検査や絨毛検査といった、NIPTと比較して身体へのリスクの高い検査を控えることにつながっています。本来であれば必要ないはずの検査を受けなくてよい。不安の大きい妊婦さんには嬉しいことですね。

住所神奈川県横浜市中区山下町74-1 大和地所ビル202号
最寄駅日本大通り駅 徒歩2分
診療時間10:00〜13:00
14:30〜18:00
休診日土・日・祝

5年連続!顧客満足度95%以上

ミネルバクリニック

日本で唯一、第3世代スーパーNIPT

世界特許の企業である「Medicover genetics」との独占契約により、日本で唯一ミネルバクリニックでのみ第3世代スーパーNIPTを受けることができます。この検査、独占契約が結ばれているため国内ではミネルバクリニックでしか受けることができないのです。

もみじ編集長
もみじ編集長

スーパーNIPTの特徴は?

第3世代NIPTは高い検査精度を誇り、13トリソミー、18トリソミー、21トリソミーなどの基本的な検査の場合、

  • 偽陰性0%
  • 21、18トリソミーは陽性的中率100%
    ※2024年7月時点

という精度の高い結果を提供しています。このような特徴がミネルバクリニックの第3世代スーパーNIPTは日本国内で多くの妊婦さんから選ばれる理由となっています。

遺伝専門医の仲田院長

さらにミネルバクリニックはNIPT界でも希少な存在である遺伝専門医の女医、仲田医師によって運営されています。NIPT検査は検査としての歴史が浅く、遺伝専門医であっても解釈が難しい場合もある検査。遺伝専門医でありNIPT検査の先陣を切る仲田医師であれば、検査前の不安解消や検査陽性時の相談などが心強いのではないでしょうか。

第3世代スーパーNIPTの高い精度、そして専門知識を持つ遺伝専門医が妊婦さんへの対応とケアを行っているという点でミネルバクリニックは全国の妊婦さんから選ばれています。

もみじ編集長
もみじ編集長

そう、オンラインNIPTで日本全国どこからでも検査ができます!

オンラインNIPTで家にいながら遺伝カウンセリング!

妊娠すると母体には様々な変化が起こり、常に体調は不安定です。つわりがつらく外出が辛い…そんな方のためにオンラインNIPTの体制が整えられています。

オンラインNIPTとはビデオ通話を用いて遺伝カウンセリングをするシステムのことです。オンラインNIPTを用いることで日本全国どこにいても、地域を限定することなくオンラインで診療することが可能なんです。

もみじ編集長
もみじ編集長

体調が悪く長時間の外出が辛い…そんな方にもおすすめ!

診療の流れ

  1. ミネルバクリニックの公式サイトより予約する
  2. オンライン決済で基本料金を支払いする
  3. ビデオ通話を用いたオンライン形式で診察(遺伝カウンセリング)する
    ※基本料金超過分についてはオンライン決済にて支払う
  4. ご自宅や職場付近などご都合のよい医療機関で採血してもらう
    ※キットと紹介状は郵送されてきます
  5. 採血後のキットをミネルバクリニックに返送
  6. マイページから結果を確認

NIPTの検査自体は母体からの採血のみとなります。

遺伝カウンセリング、採血ともにミネルバクリニックに出向く必要はありません。一度も東京のクリニックに行くことなく完結するため、スケジュールが合わない方やアクセスの悪い方にも安心ですね。

検査結果はマイページから確認

検査結果はWeb上の専用マイページから確認ができます。検査過程も含めて確認できるので、落ち着かない気持ちが少し軽減されるかもしれませんね。

もみじ編集長
もみじ編集長

検査結果は直接聞けないの…?

とネガティブに感じた方もいらっしゃるかもしれません。陰性であれば心配する必要はありませんし、もし陽性だった場合は手厚いサポート体制があります。

具体的には院長先生の携帯番号を教えてもらえるため、不安に感じたときや相談したいときに24時間体制で連絡が取れるのです。他院の場合、少し話すだけでも遺伝カウンセリング料として別途料金が発生するため気軽に相談できるこのシステムは嬉しいですね。

住所東京都港区北青山2-7-25 神宮外苑ビル1号館2階
最寄駅外苑前駅から徒歩1分
診療時間10:00~14:00
16:00~20:00
休診日火曜・水曜

相談するなら遺伝専門医!

HAAB BEAUTY CLINIC 横浜院

HAAB BEAUTY CLINIC 横浜院は青山ラジュボークリニックの提携院です。

どこよりも安い検査費用

ラジュボークリニック提携院は他のクリニックに比べて検査料金がリーズナブルというのが一番の特徴です。たとえばダウン症(21トリソミー)の検査であれば、53,900円で検査を受けることができます。認可施設で通常提供されている検査(基本検査)も類を見ないほど安い8万円(税抜)で受けられます。

無料の遺伝カウンセリング

また見かけの検査費用が安いだけではありません。オプション扱いになることの多い遺伝カウンセリングなどは検査費用に含まれているため、後から高額な追加料金が発生することはありません。費用についての透明性があるといえるでしょう。これは他の認可外施設と比べて大きな利点です。また、来院前や検査後にもカウンセリングを受けることができ、柔軟性があります。

もし検査結果が陽性だった場合、遺伝カウンセラーによる説明が分かりやすく、妊婦さんとそのご家族に安心感をもたらします。ラジュボークリニックはアフターフォローが充実しており、妊婦さんのケアに力を入れています。

ラジュボークリニックはNIPT検査において費用対効果が高く、カウンセリングやアフターケアの品質も高いことから、多くの妊婦さんにとって魅力的なクリニックです。

住所横浜市神奈川区鶴屋町3-35-11 ストーク横浜二番館102
最寄駅「横浜駅」西口より徒歩3分
診療時間平日: 11:00~20:00
土・日・祝: 10:00~19:00
休診日不定休

※提携先、青山ラジュボークリニックのページに遷移します

AGAスキンクリニック横浜レディース院

DNA先端医療株式会社の公式HP

AGAスキンクリニック横浜レディース院はDNA先端医療株式会社の提携院です。

認定遺伝カウンセラーへ無料相談が可能

DNA先端医療株式会社では認定遺伝カウンセラーに無料で相談が出来ます。どのプランにするか、という相談はもちろん、そもそもNIPT検査を受けるべきか、受ける場合リスクはどれくらいあるのかなど不安なことを尋ねることが可能です。

一部の認可外施設では全く遺伝カウンセリングの体制がない場合や、あったとしても遺伝カウンセリングだけで1時間数万円するような医療施設も存在します。妊婦さんのことを考えたからこその無料相談は嬉しいですね。

妊娠6週~、妊娠10週~と2回検査できる

DNA先端医療株式会社のNIPT検査には1回分の検査費用で2回検査ができるという特徴があります。またDNA先端医療株式会社では妊娠6週から1回目の検査が可能です。他の検査方法ではさらに週数を重ねないと検査ができない場合もありますが、DNA先端医療株式会社のNIPT検査であれば早期に検査を行うことができます。

さらに検査を受ける際の対応においてもDNA先端医療株式会社は丁寧で迅速な対応をしています。どこで検査することになってもスタッフは親切に対応してくれるのは嬉しいですね。検査結果はメールで届き、多くは1週間前後で結果が届くようです。最短2日で届くため早く検査結果を知りたい方には嬉しいですね。

もし検査結果を急ぐ場合や個別の相談がある場合には個別相談を受け付けており、妊婦さんのニーズに合わせた対応が可能です。DNA先端医療株式会社は早期検査や丁寧な対応、迅速な結果の配信など、総合的に見て妊婦さんにとってメリットが多いといえるでしょう。

もみじ編集長
もみじ編集長

満足度96%も納得だね!

住所神奈川県横浜市西区北幸1-1-6 相鉄北幸第2ビル 7F
最寄駅横浜駅西口より徒歩2分
診療時間10:00~22:00
休診日不定休

W-NIPTと早期検査で検査結果の信頼性アップ

※提携先、DNA先端医療株式会社のページに遷移します

NIPTナビ

予約取得前の無料相談

一部の医療機関では検査前に相談を行わないこともありますが、NIPTナビではすべての妊婦さんに事前相談サービスを提供しています。この場合でも予約取得後の検査前に相談をおこなうことがほとんど。NIPTナビでは予約を取得する前に相談ができるというのが他の医療機関との大きな違いです。検査を受ける前に、妊婦さんの不安を解消するため、完全無料で利用できることが特徴です。

充実のアフターフォロー体制

各医療機関への紹介体制

もしNIPT検査で陽性の結果が出た場合、妊婦さんの医学的および心理的なサポートを提供します。そのひとつとして、妊婦さんの状況に応じて適切な協力機関をご案内いたします。環境の整ったた大学病院、胎児のケアに特化した医療機関、NPO法人など、さまざまな選択肢をご提供いたします。

羊水検査の予約と費用補助

羊水検査を希望される方々のために、専門的な医療施設での予約手続きを丁寧にサポートいたします。さらにNIPT検査にお支払いいただいた費用を上限として、羊水検査にかかる一部の費用を補助してくれます。NIPTナビは妊婦さんとご家族の健康を最優先に考え、安心して検査を受けていただけるようなサポートが充実しています。

提携院

神奈川県にはNIPTナビの提携院が3つあります。

MYメディカルクリニック横浜みなとみらい院、K・クリニック、かしま内科・循環器内科クリニックはともにNIPTナビの提携院であり検査フローや検査精度は同じです。お近くのクリニックを選んでくださいね。

MYメディカルクリニック横浜みなとみらい院

住所神奈川県横浜市西区みなとみらい3-6-1 みなとみらいセンタービル11階
最寄駅みなとみらい線「みなとみらい」駅直結
診療時間9:00~12:30
13:30~16:30
18:00~20:00
休診日土曜夜間・日曜・祝祭日

K・クリニック

住所神奈川県横浜市青葉区あざみ野2-7-11プラセールヴィラB1
最寄駅東急田園都市線・横浜市営地下鉄「あざみ野」駅より徒歩2分
診療時間9:00~12:30
15:00~18:30(土曜のみ13:00~17:00)
休診日日曜・祝日

かしま内科・循環器内科クリニック

住所神奈川県横浜市青葉区しらとり台1-10 岡部ビル1階
最寄駅青葉台駅徒歩5分
診療時間9:00~12:30
15:00~18:00(土曜のみ14:00~17:00)
休診日木曜・日曜・祝日

検査予約前に無料相談ができる

NIPT Japan

提携院が多い

NIPT Japanは、全国100以上の提携クリニックでNIPT検査を提供しています。提携数の規模は全国的に見ても多いと言えるでしょう。提携院各クリニックでは迅速かつ快適な採血を心がけ、妊婦さんへの負担を最小限に抑えることを目指しています。

その一環として検査結果の通知や陽性の場合の遺伝カウンセリングはすべてオンラインで行われます。これにより、遠方に住んでいる方や忙しい方でも、NIPTを利用する負担が軽減されます。

遺伝カウンセリングは有償

NIPT検査の当日は採血のみを行います。検査前に臨床遺伝専門医によるオンライン遺伝カウンセリングが利用できますが有料オプションとなります。NIPT Japanにおける遺伝カウンセリングは完全予約制となっており、ご希望の日付の1週間前までに申し込みが必要です。30分につきカウンセリング料として10,000円がかかることを覚えておきましょう。

横浜市⽴⼤学附属病院

横浜市⽴⼤学附属病院の公式HP

検査費用は8万6,664円(税別)~に設定されています。検査にあたっては遺伝カウンセリング料9,727円が別途受診毎に加算されます。※初回受診の際に紹介状が無い場合はプラス5,000円(税抜)が必要となります。 受付時間は平日10時~17時のみです。

横浜市⽴⼤学附属病院のNIPTについては別記事で詳しく解説しています!

神奈川県のNIPT基幹施設

横浜市⽴⼤学附属病院は神奈川県の認可施設です。検査前に遺伝カウンセリングを夫婦で受け疑問や不安な点などを解消できます。

検査内容は基本とされている3つ(21・18・13トリソミー)の染色体検査が可能です。 特定機能病院として厚生労働大臣から認定された病院のため医療技術が高いことが伺えます。 地域周産期母子医療センターで、24時間体制が整っている点も魅力です。

横浜市立大学附属病院は、産科救急にも対応しているため出産希望の方は情報共有を図ることが出来るのでおすすめです。

東海⼤学医学部付属病院

東海⼤学医学部付属病院の公式HP

検査費用は公式HPに記載がありません。またNIPTに関する問い合わせ不可(分娩予定の人は分娩予約の際に相談)となっています。かかりつけの人で、かつ東海大学医学部付属病院で分娩予定の人のみ新型出生前診断(NIPT)が受けられます。

東海⼤学医学部付属病院のNIPTについては別記事で詳しく解説しています!

神奈川県のNIPT基幹施設

東海⼤学医学部付属病院は産科外来のみならず、助産師が妊婦健診を行う助産外来があるので、妊娠中の不安や産後の心配事等を相談できる環境が整っています。 基幹施設に認定されており、遺伝に特化した専門医が在籍しているのは、大きな強みと言えます。

東海⼤学医学部付属病院は神奈川県内に5つしかない総合周産期母子医療センターに指定されています。高齢出産が不安な方や、持病で妊娠が心配なリスクのある方への診療に向いているようです。

北⾥⼤学病院

北⾥⼤学病院の公式HP

検査費用と受付時間は公式HPに記載がありません。

神奈川県のNIPT基幹施設

北⾥⼤学病院での新型出生前診断(NIPT)の受検は北里大学病院で分娩する人に限定されます。分娩希望の方の新型出生前診断(NIPT)希望者の遺伝相談を受け付けており、検査後のアフターフォローも整っています。

2021年度のNIPT検査実績が33件あり、一人一人丁寧に向き合う姿勢が人気です。 産科麻酔を専門とした麻酔科医が在籍しており、1970年代から無痛分娩を取り扱った母体と胎児に寄り添った医療を提供しています。

北里大学病院は、ハイリスク妊婦の方や胎児の病気が見つかった場合に適切な治療が受けられる病院です。妊娠中の不安があれば他院からの紹介も可能なので、まずはかかりつけの医師に相談してから紹介してもらうのがおすすめと言えそうですね。

当サイトでは北⾥⼤学病院でNIPT検査を実施した方の独自インタビューを実施しました。

もみじ編集長
もみじ編集長

口コミはタップしてチェック!

北⾥⼤学病院の口コミを見る

北⾥⼤学病院の独自口コミ

もみじ編集長
もみじ編集長

NIPT検査を受けた医療施設は?

回答者

北⾥⼤学病院です。

もみじ編集長
もみじ編集長

NIPT検査を受けた決め手やきっかけを教えてください!

回答者

高齢出産でしかも初産だったため義実家からの勧めで検査をしました。結果を見ればそれでいいという事だったので受けました

もみじ編集長
もみじ編集長

NIPT検査を受けてよかったと思う点はありますか?

回答者

高齢出産だと周囲から色々とヤジが飛びますが、結果を印籠のように見せつけてこれに何か文句はありますか?と黙らせられたのはよかったと思います。仮に染色体異常があった子でも大事な子供なのは変わりはないのですが。

もみじ編集長
もみじ編集長

NIPT検査を悩んでいる方にアドバイスをお願いします!

回答者

出生前検査というと、命の選定をしていると勘違いする方も多くいますが、NIPTはそういう一面もあるかもしれませんが、主には違うと思います。例えば、仮にダウン症の子がお腹にいるとわかってそれが理由で生まない母が居るでしょうか。心の準備をする期間が増えるために必要な検査だと思います。

昭和⼤学横浜市北部病院

昭和⼤学横浜市北部病院の公式HP

検査費用は132,000円、遺伝カウンセリングは別途8,800円です。 また結果開示時に3,300円~かかります。受付時間について公式HPに記載はありませんが、毎週月曜のみNIPT検査を行っています。

昭和⼤学横浜市北部病院のNIPTについては別記事で詳しく解説しています!

神奈川県のNIPT基幹施設

昭和⼤学横浜市北部病院のNIPT検査および遺伝カウンセリングは、原則夫婦揃って行われます。あらかじめ休みを取るか時間調整などで合わせておくと予定が組みやすいでしょう。 同院は、「超音波検査で胎児の心拍が確認されており、かつ分娩予定日が決定している方」がNIPTを受けられるようになっています。

完全予約制のため早めに予約するのがオススメです。結果報告時にはオンライン遺伝カウンセリングのサービスもありますので、ご自宅にいながら結果を確認することも可能です。

先生は明るく丁寧な説明をしてくださると口コミの評価も高いです。 検査受検当日に妊娠9週目以降であれば検査可能です。他のクリニックより一週間ほど早くから検査可能のため、少しでも早く知りたいという妊婦さんにはありがたいですね。

聖マリアンナ医科⼤学病院

聖マリアンナ医科⼤学病院の公式HP

神奈川県のNIPT基幹施設

検査費用は220,000円、別途3回分の遺伝カウンセリング費用がかかります。出生前遺伝カウンセリングは完全予約制となっており、外来日として設定されている火曜日午前、木曜午前と午後、金曜午前のいずれかで予約取得が必要です。なお初回の遺伝カウンセリングはパートナー同伴が必須です。

聖マリアンナ医科⼤学病院のNIPTについては別記事で詳しく解説しています!

総合周産期母子医療センターとしての役割も担う

聖マリアンナ医科⼤学病院は総合周産期母子医療センターとしての役割も担っており、分娩総数が年700件と不動の人気を誇っています。 MFICUが6床、NICUは12床あり、母体や新生児の救急医療にも対応できる施設になっています。

聖マリアンナ医科大学病院は、新生児医療の中核として様々な女性や胎児に関する病気に力を入れており、出産に対する不安を抱えた妊婦に寄り添える医療を提供していると言えます。

横浜市⽴⼤学附属市⺠総合医療センター

横浜市⽴⼤学附属市⺠総合医療センターの公式HP

検査費用は86,664円(税抜)、遺伝カウンセリングは6,310円~1万1,810円と幅があります。 完全予約制で医療機関、患者本人または家族からの予約が可能です。

横浜市⽴⼤学附属市⺠総合医療センターのNIPTについては別記事で詳しく解説しています!

神奈川県のNIPT基幹施設

横浜市⽴⼤学附属市⺠総合医療センターは令和2年に設立された遺伝子診療科があり、患者が希望した選択に合わせた丁寧な診察が魅力です。 全国の大学附属病院で初めて「赤ちゃんにやさしい病院」として、ユニセフ・WHOから認定を受けており、分娩希望の方は母体のみならず産んだ赤ちゃんまで配慮がなされています。

総合病院のため比較的混雑した日が多いようですが、ハイリスク出産の方にもしっかり対応しています。女医の先生が多く、NIPTの悩みなどは女性の方が質問しやすいかもしれません。

横浜市立大学附属市民総合医療センターはNIPT検査以外にもコンバインド検査、クアトロテスト、羊水検査などの出生前診断を取り扱っています。NIPT検査を受けようか決めかねているという方にもおすすめです。

⽇本医科⼤学武蔵⼩杉病院

⽇本医科⼤学武蔵⼩杉病院の公式HP

検査費用・受付時間ともに公式HPに記載がありません。

⽇本医科⼤学武蔵⼩杉病院のNIPTについては別記事で詳しく解説しています!

神奈川県のNIPT基幹施設

⽇本医科⼤学武蔵⼩杉病院は年間の平均分娩数が1,100件と多く、地域周産期医療センターでNICUも完備されていることが妊娠や出産に不安がある人にとって産院をを選ぶ決め手になっています。 病院が新しくなったことで、施設が明るく活気があり印象が良くなったとの口コミが目立ちます。

予約をしていても待ち時間が長いので、用事などをあらかじめ済ませてから行くのが良いでしょう。 女性診療科があり、女性に関するあらゆる疾患に対応できるスペシャリストがいるので気軽に相談できそうです。

日本医科大学武蔵小杉病院は、地域周産期母子医療センターになっており、救急医療やリスクのある出産にも対応しているので気になっている人は候補の一つに入れておくと良さそうです。

独⽴⾏政法⼈地域医療機能推進機構 相模野病院

独⽴⾏政法⼈地域医療機能推進機構 相模野病院の公式HP

検査費用・受付時間ともに公式HPに記載がありません。

神奈川県のNIPT基幹施設

地域周産期センター指定病院で、産婦人科と小児科の医師が常駐しており、妊娠中に起こる救急の状態にも的確に対応してくれます。 センター長が「日本人類遺伝学会臨床遺伝」の専門医で、遺伝に関する悩みに丁寧に耳を傾けてくれると考えられます。

JR矢部駅から徒歩1分という利便性の良さで、普段から徒歩や電車を利用している方は交通機関を気軽に利用出来る立地にある施設はポイントが高いですね。 女性医師が多く、不妊治療や妊娠した後の不安や悩みなども親身になってくれると評価の高い口コミも多く、総合して女性専門外来と言えそうです。

医療法⼈徳洲会 湘南藤沢徳洲会病院

医療法⼈徳洲会 湘南藤沢徳洲会病院の公式HP

検査費用は20万(税込)~、受付時間は祝日を除く月~金の13時~15時です。

神奈川県のNIPT基幹施設

新型出生前診断(NIPT)を希望するのは自由であるからこそ、ご自身がNIPTについてよく知ってほしいと医師達の妊婦に対する思いが非常に感じられます。 多くの医療施設の遺伝カウンセリングは一定額としている医療施設が多いですが、同院では初回のみやや高額に感じられるものの、二回目以降は半額で受けられます。

イギリスのMFT認定資格を持った医師が妊娠初期胎児超音波検査を行うだけでなく、遺伝専門医からカウンセリングも行ってもらえ、不安が多い妊婦の方は不安を解消できる要素が多いクリニックです。

湘南藤沢徳洲会病院は「外国人患者受け入れ拠点病院」に認定され、母国語が日本語でない人も通いやすい点除く力です。また、スタッフの育成に力を注いでいる事も、医療に対する積極性が非常に見える病院だと感じます。

新百合ヶ丘総合病院

検査費用と受付時間については公式HPに記載がありませんでした。

神奈川県のNIPT基幹施設

新百合ヶ丘総合病院は2023年4月にNIPT検査を提供する基幹施設として認定されました。当院ではパートナーと共に周産期遺伝相談外来を受診する際、ゆっくりと説明する時間が設けられるようです。診察を希望される場合は外来の主治医に相談してみましょう。

また「当院で妊婦健診を受ける妊婦の方々に提供できる」と記載があることから、妊婦検診を他院で実施している方の検査は受け入れていないことと考えられます。

西船橋こうのとりクリニック

西船橋こうのとりクリニックはNIPT検査を提供する認可外施設です。

NIPT認可外施設

出生前診断を各種実施していますが、NIPT検査受検のための流れは以下の通りです。まず来院後、超音波で胎児の状態を確認し、その際に超音波の実施と同時に説明を行います。その後、超音波検査の結果を受けて、追加の検査を希望するかどうかを相談いします。妊婦さんがNIPT検査を受けることを選択した場合、採血が行われます。

支払いは現金か振込が選択でき、NIPTの結果はPDFで送付されます。もし染色体異常の可能性がある場合には電話で詳細な説明を行い、再受診の必要性を説明されるようです。

検査費用

初期超音波検査で安心され、それ以上の検査を希望されない方には15,000円の料金が適用されます。初期超音波検査にNIPT(13.18.21トリソミー+性別判定)を追加で希望される方には、追加料金として10万円が請求されます。

ヒロクリニック

安全でスピーディなNIPT検査

ヒロクリニックNIPTは、妊婦と胎児の健康を確認するための検査を提供しています。当院での検査は東京衛生検査所と協力して行われ、結果をスピーディにそして正確に提供できることが特徴です。通常、ほとんどの方が検査から8日以内に結果を受け取ります。特急サービスも利用でき、その場合は最短で2日で結果を得ることができます。

また東京衛生検査所で使われている検査システムは、欧米で広く使われており、日本ではヒロクリニックで初めて導入されました。これまでに4万件以上の検査が行われ、その結果を分析して検査の品質向上に貢献しています。

ヒロクリニックNIPTは、妊婦と胎児の健康情報を提供する重要なサービスを提供しており、専門的な知識と経験を活かして高品質な検査を提供しています。

新型出生前診断(NIPT)のメリットとデメリット

新型出生前診断(NIPT)って何?

NIPT検査のメリット

新型出生前診断(NIPT)の一番のメリットは、非侵襲的のため母体や胎児にリスクが少なく、安全に検査を受けることができる点です。また高い検査精度で、偽陰性率と偽陽性率が低く、正確に染色体異常を検出できる点も優れていると言えるでしょう。

さらに一般的には妊娠10週目以降に行うことができるため早期に異常を発見し、より早い段階で治療や介入ができることを忘れてはなりません。NIPT検査ではダウン症候群、エドワーズ症候群、パトウ症候群の他に広範な異常を検出することができるため多くの妊婦さんの不安を解消する手立てとなるでしょう。

これらのメリットから、NIPTは出生前検査の主要な選択肢の一つとなっています。

もみじ編集長
もみじ編集長

ただし認可施設では3項目のみの検査です!

NIPT検査のデメリット

一方、NIPTのデメリットには以下のような点が挙げられます。まずNIPTは保険適用外であるため一般的に高価な検査となり、他の出生前検査に比べて費用がかかる場合があります。またNIPTの結果が陽性の場合、確定診断のために他の出生前検査の追加検査を検討する必要があります。確定検査の際は低い確率ながら感染症罹患や流産のリスクがある検査を受けることとなります。

また認可施設で提供されているNIPTは特定の染色体異常の検出に特化しており、他の出生前検査と比較して検出できる項目の範囲が狭いことがデメリットとして挙げられます。より幅広い検査項目を調べたい場合は認可外施設が医療施設選びの選択肢となるでしょう。

これらのデメリットはNIPTを受ける際に注意する必要があります。

神奈川(横浜)のNIPTおすすめクリニックまとめ

神奈川(横浜)のNIPTおすすめクリニックまとめ

今回は神奈川県(横浜)で新型出生前診断(NIPT)が受検できる施設についてご紹介しました。施設によって考え方も様々ですので必ず比較してご自身にあった施設を選んでくださいね。

もみじ編集長
もみじ編集長

他県も確認したい方はこちらからチェックできます!

\先輩ママおすすめNIPT人気クリニック/