横浜労災病院

横浜労災病院、産婦人科の口コミや評判は?新型出生前診断(NIPT)の状況について解説

こんにちは!編集長のもみじです!

もみじ l 妊娠出産メディア編集長 l 切迫早産で3ヶ月自宅安静、3歳児の母 l マタニティケアラー資格取得 l SNSフォロワー1,000人超え

横浜労災病院は神奈川県横浜市に病院を構える、産科・婦人科の診療に力を入れている総合病院です。NIPTでは提携病院として認定されています。

神奈川の医療施設を比較したい方は神奈川のNIPTクリニック12選をチェック!

横浜労災病院ってどんな病院?

産科・婦人科の診療に力を入れる総合病院

横浜労災病院は産婦人科専門医の資格を持つ医師をはじめ、女性医師が複数在籍しています。産婦人科領域はセンシティブな内容のため、女性に相談をしたいという方も多いのではないでしょうか。

「できる限りどのような分娩もお受けする」を掲げている同院では、総合病院ならではの強みを生かし各診療科と連携しながら妊娠中と分娩の管理をおこなっています。分娩室の隣に新生児集中治療室(NICU)があり、施設体制も万全です。

NIPT連携施設

横浜労災病院はNIPT連携施設として横浜市⽴⼤学附属市⺠総合医療センター(市大センター)と連携してNIPT検査を実施しています。通常の検査時に市大センターに赴く必要はありませんが、NIPT検査が陽性だった場合には市大センターにて遺伝カウンセリングを受ける必要があります。

NIPT費用は約10万円と比較的安価な価格設定と言えるものの、

  • NIPT受検対象者は横浜労災病院で分娩予定の方に限る
  • NIPT検査項目は基本項目(21、18、13トリソミー)に限る
  • NIPT検査陽性時に別途費用が約11万円かかる

以上のことを覚えておきましょう。

4年連続 顧客満足度95%以上の平石クリニックならより柔軟に検査可能!

横浜労災病院の口コミと評判

横浜労災病院の口コミと評判をチェックしてみましょう!

横浜労災病院の良い口コミ

(前略)さぁ、妊娠も後期に。。と、その時。
妊婦健診にて血圧が爆上がり。。そのまま入院となりました。。こんなに元気なのにどうして?と最初は不服でしたが、、
入院たった数日後、驚く程に悪化。。
翌日昼に緊急帝王切開手術を受け、母子ともに生き延びることができました。(後略)

Googleマップ

様々な事でかかりましたが、妊娠出産、子供の高熱で夜間の対応からの入院等
とても良くしてくれました。
こちらが不安にならないように何度も説明してくれたり、夜中看護師さんが
他の方の授乳に付き添っている姿も何度も見ました。
ただ、深夜の巡回の時に扉を閉める音がやたら大きい方がいたのでそれは気をつけてほしかったで す…笑

良い方が多い病院だと思います!

Googleマップ

横浜労災病院の悪い口コミ

出産でお世話になりました。看護師さん、もしくは助産師さんは良く言えばサバサバ。悪く言えば感じ悪い方が多かった気がします。前もっての指示や説明が足りないのでは?と思う事がありました。陣痛中の対応も冷めていて、分娩室へ移動するとなった時も痛すぎて中々起き上がれないでいたら、無理矢理体を起こされ、その時に言われたのが「きりがないから行くよ」と。そんな言い方あります?陣痛が辛いことくらい知ってますよね?びっくりを通り越して呆れました。(後略)

Googleマップ

出産、入院などでこちらの病院にお世話になりました。大きな病院だけに、診療科がとても多い事とレストランやカフェ、コンビニもあり便利なのでそこは良いところです。
ただ、受付の方と看護婦さんでとても対応の冷たい方もおりました。(一部かもしれませんが)
妊婦や患者は不安な気持ちでいっぱいなのに、少し相談をしただけで忙しそうな態度を取られたり、素っ気ないキツい言葉で返される時が何度かありとてもショックでした。質問を最後まで聞いてもらえない事もありました。(後略)

Googleマップ

横浜労災病院の費用は?

横浜労災病院のNIPTの費用は次のとおりです。

検査項目税込金額
基本検査
(13,18,21トリソミー)
約100,000円

同院で羊水検査を受ける場合には、羊水検査の検査費用はNIPT代金に含まれますが、羊水検査のための入院費や手技料などは別途約11万円かかります。

横浜労災病院の結果はいつ分かる?

約2週間程度で検査結果が出ます。

横浜労災病院のアクセス

横浜労災病院のアクセスは次のとおりです。

住所アクセス
 〒222-0036
神奈川県横浜市港北区小机町3211
JR東海道新幹線/JR横浜線
「新横浜駅」から徒歩10分

横浜市営地下鉄の「新横浜駅」徒歩7分でもアクセス可能です。

横浜労災病院をおすすめする人

横浜労災病院をおすすめする人としない人をチェックしておきましょう!

横浜労災病院をおすすめする人

  • 神奈川県に最重しており、同院で出産予定の方
  • 基本検査(21、18、13トリソミー)のみの受検を検討している方
  • NIPT検査陽性時には市大センターへ来院可能な方

横浜労災病院は検査対象者を同院で出産予定の方と定めています。市大センターの連携施設となるため、NIPT検査陽性時には市大センターに訪れる必要があることを覚えておきましょう。

横浜労災病院をおすすめしない人

  • 来院は最小限にとどめたい方
  • 複数回のNIPT検査で検査結果に安心したい方
  • NIPT受検者の多い医療施設で検査を受けたい方

横浜労災病院は検査前の遺伝カウンセリングと同日に採血が可能なものの、検査結果には改めて来院が必要です。また予約変更は産婦人科外来に電話連絡後、受診して予約を取り直す必要があります。やや煩雑な仕組みのため予約変更をする際はお気を付けください。

4年連続 顧客満足度95%以上の平石クリニックならより柔軟に検査可能!

横浜労災病院のNIPTについてまとめ

横浜労災病院はNIPT検査を比較的安価で受けられる病院です。受検対象者は同院で分娩予定の方に限りますので他院で分娩予定の方は他の医療機関もあわせて検討をしましょう。

いかがでしたか?

今回は神奈川県にある横浜労災病院についてご紹介しました。検査項目やサポート体制など何を重視したいのかを考え、検討を進めてくださいね。

\先輩ママおすすめNIPT人気クリニック/