高知県

高知の新型出生前診断(NIPT)おすすめクリニック4選!

こんにちは、一児のママ、編集長のもみじです!

高知県で新型出生前診断(NIPT)が受検できる施設についてご紹介します。まずは何が不安なのかを明確にし、貴方にあったクリニック選びを進めてくださいね。

高知県では以下施設で受検が可能です。

今回ご紹介する施設
  1. ミネルバクリニック
  2. ジョウクリニック 高知院
  3. NIPTクリニック 高知院(DNA提携院)
  4. ⾼知⼤学医学部附属病院

についてご紹介しています。

バランスが取れているクリニックは?

検査費用とサポートの手厚さのバランスがとれているのがミネルバクリニック

第3世代スーパーNIPTを国内で唯一扱っていることに加え、陽性になった方には全員院長の携帯電話番号をお伝えして24時間連絡がとれるようにしているという手厚さ。

国内トップクラスのクリニックにも関わらず、検査費用は17.6万円(税込)~と良心的です。

一か月もきっと同じ悩みを抱えていてるはず。まずは相談してみましょう!

ミネルバクリニックに相談しに行く

ミネルバクリニック

引用元:https://minerva-clinic.or.jp/

臨床遺伝専門の女性医師が一貫して対応

ミネルバクリックでは、臨床遺伝専門の女性医師が一貫して対応してくれます。

例えばダウン症、口蓋裂、心臓疾患などを妊娠中に確認することが可能です。

NIPT認定施設では遺伝専門医や遺伝カウンセラーによる遺伝カウンセリングが義務付けられています。ミネルバクリニックは認可外施設の中では珍しく臨床遺伝専門医が常駐しています。カウンセリングやオンライン診察を担当するので、必要に応じた遺伝カウンセリングを受けることができます。

認定遺伝カウンセラーの場合、遺伝の専門知識を用いカウンセリングを担当しますが、医師ではないため診察などは行いません。

オンライン対応のNIPT

どんなにいいクリニックでも、通うことが現実的に難しいと検討対象とならないですよね。

ミネルバクリニックは施設が東京にありますが、東近郊以外の方でも新型出生前診断(NIPT)が受検できるよう、オンラインNIPTというシステムがあります。

これはビデオ通話を用いて遺伝カウンセリングを行い、検査となる採血はご自宅近くの医療機関を行うものです。遺伝カウンセリングはオンラインとなっても院長と話せることは変わりません。遠出が難しい方やスケジュールの調整がきかない方などには嬉しいサービスですね。

住所東京都港区北青山2-7-25 神宮外苑ビル1号館2階
最寄駅外苑前駅から徒歩1分
診療時間10:00~14:00
16:00~20:00
休診日火曜・水曜

ミネルバクリニックに相談しに行く

ジョウクリニック 高知院

引用元:https://www.nipt-clinic.jp/lp/

料金そのままで検査が二回できる

ジョウクリニック高知院は平石クリニックの提携院です。平石クリニックの特徴といえば料金はそのままで新型出生前診断(NIPT)の検査を二回受検できることが可能なのが最大の特徴。

1回目は妊娠6週0日以降〜、2回目は妊娠10週以降〜に検査をします。二回検査をするので妊婦さんご自身も検査の結果に納得ができるのではないでしょうか。妊娠中は何かと不安がつきものです。不安を軽減してくれるシステムは嬉しいですね。

受検の制限が少なく検査が受けやすいシステム

平石クリニックではNIPT受検の条件に年齢制限がなく、夫婦同伴などの条件もありません。また土日に検査を受けられます。大学病院などの認定施設では、年齢制限や検査実施が平日のみというところも多いです。

仕事や他の都合のため平日の限られた時間に予約をとって来院するのが難しい方もいるのではないでしょうか?

また妊娠中で体調に波があるママは遺伝カウンセリングや検査のために何度も通院することが大変な方もいるかと思います。検査が受けられる妊娠10週あたりだと、つわりの症状で移動が大変という方も少なくありません。

1度の来院で採血もできるので、忙しく時間の都合がつけづらい方やスムーズに検査を受けたい方におすすめです。

平石クリニックに相談しに行く

NIPTクリニック 高知院(DNA提携院)

引用元:https://dna-am.co.jp/

全国に提携院が40以上ある

NIPTクリニック 高知院はDNA先端医療の提携院です。

NIPT検査は採血のみで検査を実施することが可能です。DNA先端医療には提供医療機関が全国40医院以上あるため、自宅近くの医療機関で採血を行い、検査を受けることができます。

検査予約はホームページ上から採血を希望する施設を選択して簡単に予約を取ることができるので、予約取得のハードルも低くなっています。 受検を検討されている方の中には、妊娠に伴う体調不良などで長距離の移動が難しい方もいらっしゃるかと思いますが、そんな方でも行きやすい施設で受検できるのは嬉しいですね。

来院は1回のみでOK

また、DNA先端医療でのNIPT検査は、施設に通うのは1回、30分ほどだけです。結果についてはメールもしくは郵送にて連絡してくれるので、忙しい方でも受けやすいかと思います。

DNA先端医療に相談しに行く

⾼知⼤学医学部附属病院

検査費用は175,000円、遺伝カウンセリング料は初回5,000円必要です。受付時間は月曜日の12:30-14:30、木曜日の13:00-14:00となっています。

高知県のNIPT基幹施設

⾼知⼤学医学部附属病院は高知県のNIPT基幹施設です。医療機関からの予約のみ受付可能となっており、個人の方からの予約取得はできません。かかりつけの医療機関を通して、遺伝カウンセリング外来の予約を取る必要があります。

また検査のための採血実施期間は妊娠10週0日から14週ごろまでになります。検査結果は採血から約3週間ほど見ておくとよいでしょう。

来院回数を減らす妊婦さんへの配慮

検査実施前に遺伝カウンセリングは行いますが、来院回数を減らす等患者の負担を減らすために、検査についての動画視聴が推奨されています。これは検査についての意思決定を手助けしてくれるものになっています。

⾼知⼤学医学部附属病院では検査の結果陰性であれば、紹介元の病院にて妊娠管理継続、妊婦健診・分娩の流れとなります。万が一陽性であれば、引き続き詳細な検査等を受けることができますので安心してくださいね。

いかがでしたか?

今回は高知県で新型出生前診断(NIPT)の受検ができる施設についてご紹介しました。施設によってその特徴は様々です。新型出生前診断(NIPT)の検査に何を求めるのか、もし陽性だった場合にその後はどうするかなど今一度しっかりと考えてから受検をしてくださいね。