滋賀県

滋賀の新型出生前診断(NIPT)おすすめクリニック7選!認可?無認可?費用を比較!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
こんにちは!編集長のもみじです!

もみじ l 妊娠出産メディア編集長 l 切迫早産で3ヶ月自宅安静、3歳児の母 l マタニティケアラー資格取得 l SNSフォロワー1,000人超え

滋賀県で受検できる新型出生前診断(NIPT)についてご紹介します。当サイト編集部が行った独自調査によると妊娠した方の約3割が検討しているNIPT。

出産までの準備は進んでいますでしょうか?初めての妊娠出産、不安なことも多くあるのではないでしょうか。新型出生前診断(NIPT)を受検することで解決する悩みもあるかもしれません。

滋賀県には新型出生前診断(NIPT)が受検できる施設が7つあります。

今回ご紹介する施設
  1. ミネルバクリニック
  2. NIPT Japan(大西皮フ科形成外科医院 滋賀大津石山院、竹岡診療所)
  3. 滋賀医科⼤学医学部附属病院
  4. 近江⼋幡市⽴総合医療センター
  5. ⻑浜⾚⼗字病院
  6. ヒロクリニック

についてご紹介しています。

バランスが取れているクリニックは?

検査費用とサポートの手厚さのバランスがとれているのがミネルバクリニック

第3世代スーパーNIPTを国内で唯一扱っていることに加え、陽性になった方には全員院長の携帯電話番号をお伝えして24時間連絡がとれるようにしているという手厚さ。

国内トップクラスのクリニックにも関わらず、検査費用は17.6万円(税込)~と良心的です。

相談するなら遺伝専門医!

ミネルバクリニック

ご自宅からカウンセリングできるオンラインNIPT

仕事が忙しく予定を空けられない…そんな方にもおすすめ!

ミネルバクリニックでは日本全国どこに住んでいても最先端のNIPT検査を受けてほしいとの思いから、オンラインNIPTの体制が整っています。

もし検査をするなら少しでも精度の高い検査がよいですよね!

スーパーNIPT

ミネルバクリニックでは国内で唯一、第三世代スーパーNIPTが受検可能です。その特徴はなんといっても精度の高さ。

  1. 偽陰性はゼロ
  2. 上記に加えて21・18トリソミーは陽性的中率100%
    ※ともに2024年2月時点

従来よりNIPT検査は精度が高い検査として注目を浴びていましたが、

遂にここまできたか…

というのが率直な印象です。これだけ精度が高い検査が母体からの血液検査のみでわかるなんて、医学の進歩は目覚ましいですね。

診療の流れ

気になる検査の流れを見てみましょう

  1. ミネルバクリニックの公式サイトより予約する
  2. 基本料金をオンライン決済で支払いする
  3. ビデオ通話を用いたオンライン形式で診察(遺伝カウンセリング)する※基本料金を超えた分についてオンライン決済にて支払う
  4. 近隣の医療機関で採血してもらう
    ※キットは紹介状とともに郵送されてきます
  5. 採血後のキットをミネルバクリニックに返送
  6. マイページから結果を確認

意外と簡単!

先ほどの流れからも分かるように、遺伝カウンセリング、採血ともにミネルバクリニックに来院する必要がありません。ママはそれでなくとも忙しいですから、嬉しいシステムですね!

検査結果はマイページから確認

Webのマイページ上から検査結果が確認ができます。わざわざ結果を聞くために来院する必要がなく、隙間時間でパッと確認できるのも嬉しいところ。

もし陽性だった場合はご安心ください。妊婦に寄り添う姿勢を貫いているミネルバクリニックでは、陽性だった方全員に院長の電話番号をお伝えしています。

不安になったとき、お困りごとがあったとき、直接相談ができるのは心強い!

何かあったときに頼れる専門家がいる。何よりもありがたいお守りかもしれませんね。

住所東京都港区北青山2-7-25 神宮外苑ビル1号館2階
最寄駅外苑前駅から徒歩1分
診療時間10:00~14:00
16:00~20:00
休診日火曜・水曜

相談するなら遺伝専門医!

NIPT Japan(大西皮フ科形成外科医院 滋賀大津石山院、竹岡診療所)

大西皮フ科形成外科医院 滋賀大津石山院と竹岡診療所はNIPT Japanの提携院です。

妊娠10週から検査可能

NIPT JapaにおけるNIPT検査は妊娠10週0日から受検が可能です。例えばミネルバクリニックなどの一部の認可外の医療施設では妊娠6週から検査ができる場合もありますが、NIPT Japan提携院では一貫して妊娠10週からの受検を推奨しているようです。

遺伝子や染色体の変化に基づく疾患は誰にでも発生する可能性がある一般的な問題であり、特別なケースではありません。また妊娠全体において一定の割合(3~5%)で何らかの健康上の問題を持つ赤ちゃんが生まれることもあるのが現実です。

NIPTや羊水検査などの検査を受けることで、胎児の全ての疾患が必ずしも特定できるわけではないことを覚えておきましょう。ただこれらの検査は妊婦さんが出産と育児の生活を計画する際に役立つ情報を提供できるため、多くの方々が受検を選択している実情です。

結果通知は英文

NIPT JapanにおけるNIPT検査の結果通知は英文で提供されています。

ただしNIPT検査の結果をお知らせする際には、部分的な日本語訳の「検査結果説明参考資料(PDF)」を添付しているようです。あくまでも一部分にはなるようですが参考資料であれば日本語で確認が可能です。

英語が苦手や方や詳細な情報までしっかり確認したい方は注意が必要でしょう。

滋賀医科⼤学医学部附属病院

公式HPによると受検費用は約150,000円です。 受付時間は平日の8:30-19:00、土曜日の9:00-12:30です。

滋賀医科大学医学部付属病院のNIPTについては別記事で詳しく解説しています!

滋賀県のNIPT基幹施設

滋賀医科大学医学部付属病院は、日本医学会から認定された新型出生前診断(NIPT)を受検できる基幹施設です。 他の医療機関に通院中の方は、病院間での予約システムがありますので、主治医に検査希望を伝えることで予約取得が可能です。

遺伝カウンセリングは遺伝カウンセラーや臨床遺伝専門医がおこないます。

遺伝カウンセリングは妊娠13週6日までを目安としています。スケジュールに余裕を持って受けてくださいね。滋賀医科大学医学部付属病院は新生児・産科医療の高度医療に強く、遺伝学に精通している専門スタッフが在籍している医療施設です。

近江⼋幡市⽴総合医療センター

滋賀県のNIPT基幹施設

近江⼋幡市⽴総合医療センターは令和4年6月に新型出生前診断(NIPT)の基幹施設となっていますが病院の公式HPに情報の記載はありませんでした。

同院の2021年度の分娩数は375件でした。また2005年に滋賀県地域周産期母子医療センターとして認定されています。地域医療を支える病院としての役割も担っていますので今後の動向に注目したいですね。

⻑浜⾚⼗字病院

滋賀県のNIPT基幹施設

⻑浜⾚⼗字病院は令和4年6月に新型出生前診断(NIPT)の基幹施設として認定されています。NIPT検査前にはパートナーと揃って遺伝カウンセリングを受けることが必須とされており、1時間~1時間半かけてじっくりカウンセリングを受けます。

NIPT検査期間は妊娠9週から13週6日の間の妊婦さんが対象で費用は163,500円とされています。その他に別途遺伝カウンセリング費用(16,500円)が必要です。

ヒロクリニック

認証施設との違い

日本医学会の認証施設とヒロクリニックを含む非認証施設の主な違いは、NIPT検査を受けられる妊婦さんの年齢に制限があるかどうかです。日本医学会の認証施設では、特定の条件以外では妊婦さんの年齢を35歳以上(分娩予定日)としており、それ未満の妊婦さんは通常は受検が制限されます。2024年2月時点では35歳未満でも検査が可能ですが、受検の許可は得にくい場合もあります。

一方、非認証施設では、35歳未満の妊婦さんでも条件に応じてNIPT検査を受けることが可能です。パートナーの同伴や紹介状が不要など制約が少ないにも関わらず、幅広い検査項目から選べるため柔軟に検査をしたい方におすすめです。

遺伝カウンセリングって何?

遺伝カウンセリングとは、遺伝に関する悩みや不安、疑問を持っている人に、科学的根拠に基づく正確な医学的情報を分かりやすく伝え、理解を促すことを指します。

ただ情報を伝えるというだけではありません!

悩みを抱える方々の話を聞きながら、医療情報・医学情報を用いて説明し、本人の意思を尊重しながら問題の解決に向かっていけるよう心理面、社会面を含めた支援を行います。

そのため遺伝カウンセリングは医師ではなく臨床遺伝専門医、もしくは認定遺伝カウンセラーが対応します。

NIPT検査について認知度は少しずつ高まりつつあるものの、一般に知れ渡っている情報はそれほど多くありません。正しい情報を知り、ご自身にあったプラン選びが重要と言えるでしょう。

新型出生前診断(NIPT)で行う遺伝カウンセリングの内容

遺伝カウンセリングの概要

新型出生前診断(NIPT)で行う遺伝カウンセリングの内容には以下の内容が含まれます。

  1. 問診
  2. NIPTの概要説明
  3. 先天性疾患・染色体疾患
  4. NIPTの対象疾患
  5. 検査によってわかること・わからないこと
  6. 検査結果とその意味、検査後の対処法

以上の項目について情報提供、カウンセリングが行われます。

まず最初に問診では、妊娠の状況、家族歴といった医学的情報の取集と、新型出生前診断(NIPT)を受検しようとする理由、不安に思っていることなど、現在の妊婦の状況を確認します。その後に新型出生前診断(NIPT)とはそもそもどういった検査であるのかの説明を受けます。

検査のリスクについてもここで聞くことができますよ!

そして新型出生前診断(NIPT)では胎児に先天性の遺伝子疾患があるかどうかを判断することができるのですが、そもそも先天性疾患や染色体疾患とはどういったもので、NIPTを受検することでわかる疾患とはどういったものがあるのか、検査でわかること、逆にわからないことについて詳細な説明を聞きます。

遺伝カウンセリングで考えておきたい重要な内容

さらに重要なことは、検査結果でどういったことがわかって、その結果を受けてどうしていくのかを決定するということです。もちろん検査受けた結果、陰性であれば安心かと思います。もし陽性であった場合、確定検査として羊水検査を受けることになります。

では確定検査も陽性であった時、妊婦は、そして家族はどういった選択をしていくか。これについて一緒に考え、妊婦が決定する手伝いをするまでが遺伝カウンセリングになります。

知っておいていただきたいこと

NIPTを受けて陽性が分かった方の96%が人工妊娠中絶を選択しているという調査結果があります。

NIPTは高確率で染色体異常等による疾患の有無を判断できますが、非確定検査であるため絶対ではありません。これは新型出生前診断(NIPT)を受検する方のほとんどが「もしも陽性が分かった場合、人工妊娠中絶を選択する」ことを前提として受検している面があるためです。

安易な考えでの受検は勧めない

日本産婦人科学会では、十分な知識を備えることがないまま新型出生前診断(NIPT)を受け、十分な遺伝カウンセリングを受けられないまま妊娠継続、もしくは人工妊娠中絶の選択を妊婦が行うことについて憂慮しています。

まずは受検を希望する前にしっかりとその検査の意味について考えておきましょう。

滋賀のNIPTおすすめクリニックまとめ

今回は滋賀県で受検できる新型出生前診断(NIPT)の施設についてご紹介しました。

昨今の情勢により、受付が制限される場合も想定されます。必ず予約前に確認してみてくださいね。

もみじ編集長
もみじ編集長

他県も確認したい方はこちらからチェックできます!

\先輩ママおすすめNIPT人気クリニック/