滋賀医科大学医学部附属病院

滋賀医科大学医学部附属病院、産婦人科の口コミや評判は?新型出生前診断(NIPT)の状況について解説

こんにちは!編集長のもみじです!

もみじ l 妊娠出産メディア編集長 l 切迫早産で3ヶ月自宅安静、3歳児の母 l マタニティケアラー資格取得 l SNSフォロワー1,000人超え

滋賀医科大学医学部附属病院は、高度な医療を提供する特定機能病院でありNIPTの認定施設です。がん医療や新生児・産科医療などの高度医療に強く、NIPT認定施設の強みである遺伝学に精通した専門のスタッフが常駐していることがポイントです。

滋賀医科大学医学部附属病院は、大学病院かつ認可施設の安心感を重視する方に選ばれています。

滋賀の医療施設を比較したい方は滋賀のNIPTクリニック5選をチェック!

滋賀医科大学医学部附属病院のNIPTについて詳しく見ていきましょう!

滋賀医科大学医学部附属病院ってどんな病院?

NIPT認可施設の安心感がある

滋賀医科大学医学部附属病院は滋賀県内にあるNIPT認可施設です。認可施設のため検査を受けられる条件はありますが、遺伝学に精通したスタッフが常駐していることが強みです。

検査条件がある

滋賀医科大学医学部附属病院はNIPT認可施設なので、検査内容も性別判定はなしなど限られており、検査を受けるにあたり条件があります。

  • 21、18、13トリソミーのお子さんを妊娠、出産したことのある妊婦さん
  • 妊娠中の胎児に上記疾患の可能性を指摘された妊婦さん

上記のの条件一つでも当てはまれば検査は可能ですが、該当条件に当たらずとも検査したい場合もありますよね。

滋賀県草津市にあるそうむらファミリークリニックなら検査条件なし!

検査費用が相場より安い

滋賀医科大学医学部附属病院のNIPTの検査費用は、相場よりやや安い金額の約150,000円です。

ただし、3種の染色体異常を調べる検査のみで、性別の通知などはありません。

陽性時の確定検査は別途費用がかかる

NIPTの検査後、陽性の結果が出ると確定検査である羊水検査が必要ですが、 滋賀医科大学ではその際の費用は別途かかってきます。

検査結果も不安な中、費用の心配もするのは正直精神的にも負担になってしまいますよね。

そうむらファミリークリニックなら羊水費用全額負担!

滋賀医科大学医学部附属病院の総合評価

大学病院であり認定施設の安心感が大きい滋賀医科大学医学部附属病院ですが、検査条件があることや検査後の羊水費用が別途かかることがネックとなりそうです。

ですが、大学病院のため診療部門が幅広いこともメリットのひとつなので、大学病院や認定施設の安心感を求める方におすすめの施設です。

滋賀医科大学医学部附属病院の口コミと評判

滋賀医科大学医学部附属病院の口コミと評判をチェックしてみましょう!

滋賀医科大学医学部附属病院の良い口コミ

調査中。

滋賀医科大学医学部附属病院の悪い口コミ

調査中。

滋賀医科大学医学部附属病院の費用は?

滋賀医科大学医学部附属病院のNIPTの費用は次のとおりです。

検査項目税込金額
基本検査
(13,18,21トリソミー)

約150,000円

滋賀医科大学医学部附属病院の検査費用は、 約150,000円で、滋賀県内の施設を比べても平均的な金額です。

滋賀医科大学医学部附属病院の結果はいつ分かる?

滋賀医科大学医学部附属病院の検査結果の通知は、約2週間後です。

検査結果の開示の際には必ずパートナーとの来院が必要となります。

滋賀医科大学医学部附属病院のアクセス

滋賀医科大学医学部附属病院のアクセスは次のとおりです。

住所アクセス
滋賀県大津市瀬田月輪町 JR東海道本線の「瀬田駅」で下車後「滋賀医大」行きのバスに乗車し「大学病院」で下車。

滋賀医科大学医学部附属病院をおすすめする人

滋賀医科大学医学部附属病院をおすすめする人としない人をチェックしておきましょう!

滋賀医科大学医学部附属病院をおすすめする人

  • 認定施設の安心感を求める方
  • 検査条件をクリアしている方

滋賀医科大学医学部附属病院は、診療部門が幅広い大学病院であり、NIPTの認定施設であることが強みです。

とくに陽性時のフォローも、費用はかかるものの、遺伝学に精通した専門のスタッフがいるため安心して受けることができますよ。

検査条件をクリアした方で、認定施設の安心感を求める方におすすめの病院です。

滋賀医科大学医学部附属病院をおすすめしない人

  • 赤ちゃんの性別を知りたい方
  • 陽性時の確定検査費用が負担になる方

滋賀医科大学医学部附属病院は認定施設のため、検査内容も限られます。

費用面で言うと、NIPT検査費用はほぼ平均的な金額ですが、陽性時の羊水検査費用は別途必要となります。

費用面の負担を感じる方や、赤ちゃんの性別を知っておきたい方にはおすすめしません。

滋賀医科大学医学部附属病院のNIPTについてまとめ

滋賀医科大学医学部附属病院のNIPTについてまとめました。

  • 認定施設の安心感がある
  • 検査条件がある
  • 陽性時の羊水検査費用が別途かかる

滋賀医科大学医学部附属病院は、 診療部門が幅広い大学病院であり、滋賀県内で唯一の認定施設である安心感が強みです。

ただ検査条件があったり、陽性時の金銭的なフォローはいまいちですが、認定施設の安心感を重視する方にはおすすめの病院ですよ。

滋賀医科大学医学部附属病院がお近くの方は、受診を検討してみてくださいね。

いかがでしたか?

今回は滋賀県にある滋賀医科大学医学部附属病院についてご紹介しました。検査項目やサポート体制など何を重視したいのかを考え、検討を進めてくださいね。

\先輩ママおすすめNIPT人気クリニック/