鳥取大学医学部附属病院

鳥取大学医学部附属病院、産婦人科の口コミや評判は?新型出生前診断(NIPT)の状況について解説

こんにちは!編集長のもみじです!

もみじ l 妊娠出産メディア編集長 l 切迫早産で3ヶ月自宅安静、3歳児の母 l マタニティケアラー資格取得 l SNSフォロワー1,000人超え

鳥取県ではNIPTを受けられる施設は3つあり、1つは認可外施設です。鳥取県内にはNIPTを受けられる施設が少ないので、認可施設で安心して受けたいという方は早めの予約がおすすめです。

鳥取大学医学部附属病院は遺伝子に関する専門の診療科もあるというのがポイントですね。

鳥取の医療施設を比較したい方は鳥取のNIPTクリニック3選をチェック!

鳥取大学医学部附属病院について詳しく見ていきましょう!

鳥取大学医学部附属病院ってどんな病院?

遺伝子診療科がある認可施設

NIPTの認可施設では、検査前に遺伝カウンセリングを受けることが必須とされています。

鳥取大学医学部附属病院では、遺伝子診療科で遺伝カウンセリングを実施しています。遺伝子診療部門は全国でも数が少なく、

  • 臨床遺伝専門医
  • 認定遺伝カウンセラー
  • 臨床心理士

がしっかりと対応してくれるので安心ですね。他の診療科とも連携しているので遺伝子診断だけでなく発症前診断や出生前診断も幅広く行うことができるんです。

さらに、女性診療科や脳神経小児科もチームを組んでいますので何かあった時でも迅速な対応が期待できますね。

来院が複数回必要

認可外の施設だと来院回数が一度で済む場合も多いですが、認可施設の場合には基本的に複数回の通院が必要です。

  • 検査の前の遺伝カウンセリング
  • 血液検査
  • 検査結果の説明・検査後のカウンセリング

最低でも3回は夫婦同伴で通院する必要があります。

なかなか病院に行く時間がとれない!という方は事前にスケジュールをしっかり確認してから予約をしなければいけません。

ミネルバクリニックならオンラインNIPTで来院不要!

性別の通知がない

認可施設の場合には、性別の通知をしてもらうことができません。NIPTは染色体の検査をするので性別も確認することはできます。

しかし、公益社団法人日本産婦人科学会の決まりにより、認定施設ではNIPTでの性別の診断は受けられないようになっているんです。

NIPTはあくまでも出生前の先天性異常などを調べる検査であり、性別を検査するものではないためです。検査の目的を理解せず、性別が早く知りたいからという目的だけで検査を受けるいうことを避ける対策なんですね。

検査を受けるための条件が厳しい

鳥取大学医学部附属病院はNIPTの認可施設なので検査を受けるためには条件があります。

  • これまでの妊娠・分娩で、児が 21 トリソミー(ダウン症候群)、18 トリソミー、13トリソミーのいずれかの染色体異常であった
  • 夫婦のいずれかに、上記の染色体疾患の児を得る可能性が高くなる染色体がある(ロバートソン転座保因者)
  • 今回の妊娠で、超音波検査や母体血清マーカー検査により、胎児が上記のいずれかの染色体疾患に罹患している可能性が指摘された

これらの条件に1つ以上あてはまる方が鳥取大学医学部付属病院でNIPTを受ける対象となります。

また、これ以外にもチェックリストがあり全てにあてはまらないと検査を受けることができません。

  • 産婦人科医による予約時に、妊娠週数が 8 週 0 日以上 12 週 6 日以下であること
  • 単胎もしくは双胎であること
  • かかりつけの産婦人科医から当院への紹介が可能であること
  • 夫婦そろって検査前後の遺伝カウンセリングを受けることができること
  • 遺伝カウンセリングおよび出生前診断は自費診療であることを理解していること
  • 初回遺伝カウンセリングの当日には検査できないことを理解していること
  • 出産時および出産後の母児の状況の情報提供に協力できること
  • NIPT で陽性の場合、診断の確定のため、原則、羊水検査が必要であることを了承できること

ひとつでも当てはまらない項目があると検査がうけられないので事前の確認が重要です。

鳥取大学医学部附属病院の総合評価

遺伝子診療科などが設置されていて、他の診療科ともしっかり連携が取れているので、万が一のことがあっても安心だというのがかなり大きいポイントでしょう。

条件が厳しく設定されていますが、条件をクリアできればNIPTを受けるのに不安を抱いている妊婦さんでも安心して検査を受けられます。

鳥取大学医学部附属病院の口コミと評判

鳥取大学医学部附属病院の口コミと評判をチェックしてみましょう!

鳥取大学医学部附属病院の良い口コミ

調査中。

鳥取大学医学部附属病院の悪い口コミ

調査中。

鳥取大学医学部附属病院の費用は?

鳥取大学医学部附属病院のNIPTの費用は次のとおりです。

検査項目税込金額
基本検査
(13,18,21トリソミー)
165,330円
(結果説明時の遺伝カウンセリング料を含む)

鳥取大学医学部附属病院の検査費用は、基本検査と結果説明時の遺伝カウンセリング料込(30分~60分)で165,330円なので比較的安いです。

それにプラスして初回遺伝カウンセリング(約60分)は8,250円かかるので、最低限必要な費用は173,580円ということですね!これ以外にもさらに遺伝カウンセリングを希望する場合には5,500円で受けられます。

鳥取大学医学部附属病院の結果はいつ分かる?

鳥取大学医学部附属病院の検査結果は、採血してから約2週間後に予約をとって検査結果を聞くという流れです。

陽性の場合にはこの際に羊水検査の説明や女性診療科の受診などについて説明があります。

鳥取大学医学部附属病院のアクセス

鳥取大学医学部附属病院のアクセスは次のとおりです。

住所アクセス
 〒683-8504 鳥取県米子市西町36番地1・米子駅から徒歩で15分
・米子駅から米子市循環バスで 8分
・日ノ丸バスで大学前から米子駅 4分
・米子空港からバスで25分

有料駐車場もあるので車で通院する際も安心です。有料駐車場は、30分まで無料で30分を超えて1時間まで200円かかります。それ以後は1時間ごとに100円追加されます。

鳥取大学医学部附属病院をおすすめする人

鳥取大学医学部附属病院をおすすめする人としない人をチェックしておきましょう!

鳥取大学医学部附属病院をおすすめする人

  • 遺伝子診療科でしっかりとカウンセリングを受けたい人
  • 認可施設でNIPTを受けたい人
  • サポート体制が整った環境でNIPTを受けたい人

鳥取大学医学部付属病院は鳥取県で唯一のNIPTが受けられる認可施設です。

ただ受けるだけでなく、遺伝子のプロである遺伝子診療科があり、その他の診療科ともしっかり連携しているので安心して検査を受けることができます。

NIPTを受けるのに少しでも不安のある方におすすめの病院です。

鳥取大学医学部附属病院をおすすめしない人

  • 条件にあてはまらない人
  • 性別が知りたい人
  • 早く結果が知りたい人
  • 何度も通院できない人

NIPTを認可施設で受けるためには条件があります。

それに、性別の検査はできません。

夫婦で複数回の通院ができないという方は鳥取大学医学部付属病院でNIPTを受けることができないので注意しましょう。

鳥取大学医学部附属病院のNIPTについてまとめ

鳥取大学医学部附属病院のNIPTについてまとめました。

  • 鳥取県で唯一のNIPTの認可施設
  • 遺伝子診療科がありサポート体制バッチリ
  • 条件が厳しい
  • 性別の判定ができない

鳥取大学医学部附属病院は、 NIPTを受ける妊婦さんのサポートをしてくれる体制がしっかり整った病院です。

いかがでしたか?

今回は鳥取県にある鳥取大学医学部附属病院についてご紹介しました。検査項目やサポート体制など何を重視したいのかを考え、検討を進めてくださいね。

\先輩ママおすすめNIPT人気クリニック/